女子 サッカーW杯 2015 決勝


 FIFA女子ワールドカップ カナダ2015 決勝 日本vsアメリカ 

 ぴょんがテレビを点けた時は始まって6分経過していたが・・・え、2点? 2点取られてる?
 早くも0-2でびっくり。

 FIFAランキング2位のアメリカ相手に苦戦するだろうと思っていたが・・・だからこそ先制点は重要で、それを取れなかったなでしこの慌てぶりがディフェンスの混乱を招く。

 3点4点と点を重ねるアメリカ。

 前半33分でDF 岩清水とMF 沢と交代。
 ここで替えられる岩清水の悔しさは察して余りある。
 さらに6分後にはMF 川澄とFW 菅沢を交代。
 これにはちょっと驚いた。が、なでしこはまだ諦めてはいない。点を取りに行く気だ。

 後半アメリカのオウンゴールを誘ったものの結果は2-5の大敗。

 テレビの解説者は、なでしこはよくやった、と言っていたが2点目を取られた後の立て直しの鈍さが大量失点に繋がったと思う。

 20代の女の子たちがよくやったねーと言うのは容易いが(実際そのとおりだし)でも明日のなでしこに繋げるのは厳しい分析も必要。
 皆わかっているよね、うん。

 できれば最後の表彰式は早々に場をはけないで、オリンピックの時のようにしっかりと喜ぶアメリカの姿を見てほしかったと思うのはぴょんの勝手な見方。


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する