淡路花博2015 1 

2015, 04. 30 (Thu) 21:13


 GWだが息子達はカレンダー通りなので相方と2人で淡路花博2015に行った。

 前の花博に子どもを連れて行ったのはもう10年ほど前か。
 出がけに相方が、

「財布がない!」

 いや、あわてるな。
 昨日財布の中の鍵を使って自分でドアを開けたのだから、絶対に家のどこかにあるはず。
 案の定ウエストポーチの中に。結果出発が10分遅れただけで・・・でも気をつけなくちゃね、持ち物に。

 高速に乗ってしまえば1時間ちょっとで淡路島まで行かれる。
 名神 → 中国道 → 山陽道 → 神戸淡路鳴門自動車道 
 しかしいつもながら海に向かっているのに通るのは山の中ばかり。

 


     花博2015-1

    トンネルを抜けるといきなりの明石海峡大橋。

 「うわお!」と声を上げる相方。
 何回も通っているのにそんなに珍しい? と思ったら・・・海の上を走るからだった。 ← 高所苦手

 「よく左側(海に近い車線)を走れるよな」

 右も左も大して変わらんと思うけど。

 まずは淡路会場の国営明石海峡公園および淡路夢舞台へ。

 平日だからか駐車場は空いている。



     花博2015-2

     明石海峡公園エリアのビジターセンター前の藤棚。
     ここも蜂が飛びまわっている。


     花博2015-3

     移ろいの庭 タカラヅカの世界観などをモチーフにした造形花壇 空組 


     花博2015-4

     風の丘 

 天気は良くない予報だったが暑い。
 上空をとんびが飛び、うぐいすの鳴き声も。だが姿は見えない。



     花博2015-5

     空のテラス 花の波



     花博2015-6

     花火鳥 

 ただ花を見て歩くだけなので相方が退屈するかと思ったが、結構楽しんであちこち写真を撮っている。なので安心して心行くまで花を楽しもう。
 だけど・・・思っていたより少なめだな、花。
 2000年のジャパンフローラの時は世界各国の庭園が大集合した「国際庭園」や「テラスガーデン」、地元の「淡路・虹の花壇」、「ひょうごの庭」などが所せましと設置されていて花に溢れていたけど。
 ここまでのメインはネモフィラやデージー。チューリップが終わってしまったのが残念。



     花博2015-7

     大地の虹より百段苑を望む 



     花博2015-8

     タコトピアリー 


 ここから淡路夢舞台エリア。
 2002年日韓サッカーワールドカップの時にイングランドチームが泊まったホテルがある。ベッカムのサイン入りユニフォームが飾ってあるとか。



     花博2015-9

 エレベータで百段苑へ。
 またもや悲鳴を上げる相方。そう、この空中通路を通らないと花苑に行かれない。
 そそくさと通過する相方を尻目にのんびりゆっくり景色を楽しみぴょん。



     花博2015-10

     通路より百段苑を 

 山の斜面に階段状に100段の花壇が並び、その間を散策できる。
 アップダウンがちときついお年頃だが、1番上まで行った。



     花博2015-11

     大阪湾を一望 



     花博2015-12

     百段苑を下から見ると  


                        2 に続く

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント