タケノコを茹でた日


 昨日、相方が同僚さんからタケノコ(自宅のお庭に生えるらしい。去年は柿を貰った。どーいう家やねん)を2本貰って来たので朝から茹でる。
 ちょっと大きいので2、3枚皮を剥いで2つに切った。そうしないとうちの鍋には入らない。

 忘れていて9時過ぎから始めたので買物に出るのがちょっと遅くなった。
 今日は午後からチャットがあるので、時間の余裕を持って行動しようと思っていたがさっそくコケた。
 それでも1時間ほど茹で、あとは夕方まで放置。
 時間と手間が掛かるがこの時期でないと食べられないので、メンドーくさがりのぴょんだがここは頑張る。

 夕方、タケノコを鍋から出して水の張った容器に移して・・・少しスライスしてかつおぶしたっぷりと醤油をちょっと落として・・・さあ、これでOK。

 ところがびっくり。夕食に照り焼きにしようと買って来たぶりがない!(タケノコと関係ないやん σ(^_^; )

 冷蔵庫のチルドにもカートの中にも置き忘れていない。とすれば・・・店?
 どうしよう・・・おかずはナントカなるが、忘れ物として届けられていれば店側は絶対保管していると思う。そのままにするのも迷惑かな。
 で、電話したらやはり店にあった。ちょうどキッチンに居合わせた息子Yに取りに行ってもらった。

 ちゃんと冷蔵庫に入っていたので大丈夫。こーいう所は日本はしっかりしているからいいね。
 ぴょんも忘れ物を見つけたらちゃんとカウンターに届ける。お互い様が役に立った? やれやれ。

「タケノコ茹でた?」

 帰ってくるなり相方が言う。
 普段こんな事は気にしない人なのに・・なんで?

 なんでも、貰った会社の人達は皮を剥いて茹でたらしい。

「剥いちゃダメなんだってー」

 知ってます。

「そーなの? さすが。それは失礼しました」

 ・・・絶対剥いたと思ってたな・・こやつ。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する