新選組の番組


 BSで放送されていた新選組の特集を見た。

 久々に見るなあ、新選組関係の番組。
 内容は今までに世に出ている事ばかりで新しい情報はなく、作家さん2人をゲストに新選組の・・・とくに近藤さんや土方さん中心での新選組の歴史の紹介に終始した。
 知っている事とはいえやはり興味深く、だが中座しなければならなかったのでその後は録画して今日見たのだが・・・。

 あああ、まただ。
 歴史的事実はいいが、のちに小説で書かれたフィクションも〝史実〝として紹介されている。

 その中には「新選組と言えばコレ!」というものもあるが、実際は違うというものも多々ある。この作家さん2人がその認識がないとは思えないのだが。
 もしかして、かなり前の番組を再放送しているのかなと思ったが・・・製作2015年・・・え、今年? (-_-;)

 ぴょんの新選組歴は1992年放送のテレビドラマ「新選組 池田屋の血闘」を観てからなのでまだ浅く、その頃は史実も小説に書かれた内容も一緒くたになっていた。
 だがのちに研究が進み、史実と小説が分けられたはずなのに。(もちろんまだまだ完全ではない。著者が亡くなっていてわからない事もある)
 小説から入ったぴょんはその区別にちょっと苦労したが、今では史実は史実、小説は小説と割り切って楽しんでいる。

 そういえば先月のラジオでも、パーソナリティが新選組の話の中でやはり小説を史実として紹介していたっけ。
 それも京都ラジオでだ。

 怒るよりガッカリした。
 やはり明らかに新しい史実がまた見つかるまで、このての番組は見ない方がいいかな。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する