ケンカ


 息子Gとケンカした。
 といっても頭にきたのはぴょんだが。

 相方も息子達もぴょんには気軽に用事を頼む。
「〇〇しておいて」「明日7時に起こして」

 ぴょんの仕事なのでもちろん協力するが、その反対となると─。
 すぐに出来る事・・いま目の前にあり、時間の掛からない事なら3人共すぐにやってくれる。
 だが時間の掛かる事、調べなければならない事はあとに回され・・・それも考慮して時間に余裕を持って頼んでいるが・・・挙句の果てには忘れられる事もしばしばだ。

 それでもねー、家族だから・・3人は外に出ているし大変だと思ってあまり不平を言わないでいたがさすがに今日はキレた。

 前々からGに頼んでいた事だが、帰宅が早かった今夜に再び頼んだのだ。
 と、「えー」と面倒臭いという表情になり(言葉には出していないが)ノロノロ動く。
 それでも一応協力してくれて・・・だが、どうしてもうまく事が運ばず、何回も繰り返し・・・でもダメだった。
 何度も確認するぴょんに面倒になったのか不機嫌になるG。とうとうぴょんも

「私には何かしてもらうのが当然で、でも自分は(協力するのが)面倒なの!?」

 実はこれはいつも相方に言っている台詞なのだ。

 いい歳とはいえ、子どもは親が何かしてくれるのが当たり前だと思っている。
 これはぴょんも子の立場になれば・・・よくわかる。未だに老親に甘えているからだ。

 Gにしてみれば、この日は早く帰って来たとはいえ仕事が立て込んでいて泊まりも多く、おまけに食事が終わってうたた寝をしている最中にぴょんに起こされたのだから機嫌が悪いのも当然かもしれない。
 しかし彼は忙しくて時間がなかなかとれないのだ。そしてこの頼み事はGでなければ出来ない。

 で、まあ・・・上記以外にも色々ありまして(傍から見れば些細な事なんだけどねー)キレたぴょんだが・・・さすがに悪いと思ったのかさらに調べてくれたGだが結局うまくいかなかった。それ自体は彼の責任ではないが。

 家族っていてもいいが時々メンドーくさいと思ってしまう。
 外でお金を稼ぐのは大事だが、それを支えているのも大事なんだぞ。わかってるのか?

 なので今年も1週間ほど家を空けてやろう。
 少しはわかる・・・か?(男達だけでも結構ナントカしてしまうのが悔しい)


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する