「天鬼越 ~ 蓮丈那智フィールドファイル Ⅴ」


 著者の北森鴻氏は5年前に、前作「邪馬台」を連載中に急逝された。
 大作を未完にするのは忍びなく、公私のパートナーである女性作家が氏の構想ノートを元に書き上げた。

 今回出版された、「天鬼越 ~ 蓮丈那智フィールドファイル Ⅴ」は短編集で、6作のうち2作は北森氏の作品。1作は氏の原案を元に先の女性作家が書き上げ、あとの3作は彼女のオリジナル書き下ろしだ。

 異端の女性民俗学者 蓮丈 那智が探偵役となる。
 民俗学のフィールドワークに出掛けた先で事件が起こり、類い稀な頭脳と洞察力を持つ那智が事件をひも解いて行くシリーズものだ。
 民俗学といっても小難しい事はなく、その説明も読みやすく興味深いものばかりだった。

 今回の本はストーリはともかくオリジナルに関しては・・・なんというか・・・話を追っているだけで、あの独特で魅力的な那智が書かれていない。
 彼女は博識で個が強く毒がある。
 それが何ともいえぬ魅力なのにキレイになりすぎている。
 助手の耳元でささやく、「ミ・ク・ニ」さえない。(助手の名前。わかる人しかわからなくてすみません)

 でも十数年ものパートナーだったら氏の書き方はわかっているだろうに・・なぜ?

 それとも代筆(ではないが)だという目で作品を読んでいるのだろうか、ぴょんが。

 期待していたけどちょっとガッカリ。


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する