ペタンと


 以前に正座が出来るようになったと書いたが、今はふと気がつくと女の子座りになっていてびっくりしてあわてて正座に戻すときがある。

 こちらでは〝とんび座り〝というのだが、正座の状態から足を左右に崩しペタンと座る形で、禁忌なのだがいつのまにかごく自然にその形になっている。

 ぴょんはこれが1番ラクなのだ。
 座卓にも近くなり書きものの時もラクだ。
 禁忌とはいえ、このくらいなら大丈夫という確信も生まれた。

 もっとも座椅子の段差を利用しているので完全に床にペタンとしているわけではないが、それができるだけでかなり嬉しい。
 足を伸ばして楽にしてと、よく聞くがこれも長時間続けているとけっこう疲れるのだ。

 だがあまり長い時間女の子座りをしていると足の付け根が痛くなるのでホドホドに。


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する