自動車文庫


 閉館中の図書館の代わりに、2週間に一度自動車文庫が来てくれる。
 といってもキャバンのようなワンボックスカーなので積んでいる本は少ない。
 それでも並んでいる本が見たくて行っている。

 今日も時間前から多数の人が待っている。その大半はぴょんよりかなり年配の人だ。
 彼らは書架が開くとバーッと取りついて、手当たり次第に本を手持ちの袋やバッグに(たくさん借りるので)入れている。
 1人12冊までなので上限数の本を借りていくのだろう。

 ぴょんはその後に書架を見る。

 正直言ってここで借りたい本はない。
 ネットでリクエストできるので、その方が確実に読みたい本が手に入るからだ。

 おそらく、おじさまおばさま方はその方法を採らないのだろう。(あるいは採れないのか?)
 もしそうだとしたら、おじさま方を優先してあげたい。

 便利なネットを使える人はまだまだ少ない。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する