戻る


 ぴょん実家の裏庭には小さいが柿の木がある。
 昔は梨や水密の木もあったのだが、手入れができなくて枯れてしまった。

 だが柿だけは健在で毎年7、8個の実が生る。
 今年もぴょんが来た1週間前は1個だけがちょっと色づいていた程度だったが、今日見たらもう真っ赤(?)になっていた。
 でもなんだか形がおかしい。

「おかーさん、柿の実が食べられてるよ」
「えー?」

 食べられている所は家からは見えない裏側。
 母が見に行ったら確かにつっつかれた跡が。でも全部ではないので捥いで食べてみた。甘い。

「初物だからねー」

 これをつっついた鳥さん、あとで食べようと思って残しておいたのがなくなっていてガッカリしただろうか。


 今日の夕方に大阪に戻る事にした。
 また高速バスにしようかと思ったが、売り場まで出向かないとならないので(ネットでも買えるらしいがよくわからない)新幹線にした。
 座席は取っていないが今日中に着けばいいのでナントカなるだろう。実際、最終の新幹線に乗っても家には辿り着ける。

 今回はお出掛けが多く・・・それが目的だったが・・・やるべき事ができなかった。
 また近いうちに来なくては。

 17時台の新幹線にしようとしたら・・・まあ、並んでいること! みどりの窓口に20人程が。
 平日でも混むんだね。切符を買うのに20分ぐらい掛かった。

 家へのお土産は鳩サブレー。があさんにいただいた分は全部食べてしまったので。美味しくて懐かしいので20枚買った。

 3人席の窓側。
 真ん中の席には誰もいなかったが、通路側のおじさまがビール飲みながらあたりめ食べてた。かすかに臭う・・・。
 この時間だとアルコールを入れる人が多いんだな。

 やはり新幹線は速いね。
 ボーとしているうちにもう京都だ。

 夕食はお弁当でも買っていこうかと思ったが、家に電話すると相方がシチューを作ったというのでご相伴にあずかることにした。

 ・・・薄い味だなあ。

 結構マメな相方だが、ぴょんが帰って来たので食後はいつもの通り寝っ転がっている。

「・・・もう(家事を)やらなくていいと思ってるんでしょ」
「はは・・・わかった?」

 そりゃわかるぞ!



スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する