借りた本


 リクエストした本を図書館から借りた。
 家に帰って気が付いたがひどく汚れていた。

 本の天の部分に液体をこぼしたのか、はたまた染みたのか茶色い汚れが広がり、それがページまで流れて染み込んでいた。そのせいでページも何枚かくっついている。
 大好きなシリーズの待ちに待った新刊だ。
 読みたい気はあったが如何せん気持ちが悪いので明日返却しようと思う。

 汚れに関しては図書館の責任ではない。多くの人が利用するので多少の汚れや手あかは仕方がない。いやなら利用しなければいいのだ。
 ぴょんはあまりこーいう事は気にしないのだが、しかしそれを考慮してもこの汚れはだめだ。何かすごくいやなものを感じる。

 それにしてもあんなに汚した本を平気で返却するなんて。そしてそれを平気で次の人に貸出するなんて。
 状況から自分の前の人だと思うが、返却時にわからなかったのだろうか。たとえ返却ボックスに入れられていても貸出記録があるはずだ。
 たぶんそんな事は見ないで(確認しないで)サッサカ仕事をしてんだろうなあ。

 え? 借りる時に気がつかなかったのかって?

 いま図書館は閉館中で、隣の市役所の支所の一角を借りて貸出返却作業をしている。長居出来ないのだ。
 おまけに書架から選んだ本ではなくリクエスト本だったので、受け取ってそのまま素直にバッグに仕舞ってしまった。

 税金で購入する本なので多少の事では処分できないと思うけど・・・。

 あ、これで読む本がなくなった!
スポンサーサイト

コメント

今日、返却した図書館の責任者からお詫びの電話があった。
返したのはブックポストだったので(休みだった)、本を返す理由を紙に書いて挟んでおいたのだ。
この汚れは廃棄のレベルだという。(じゃあなんで貸し出したんだ?)
もう1冊あるので予約を入れてくれた。
他にもリクエストがあるが、1番目になっていた。

いやな思いはしたが、図書館がないとこちらも困る。
これからは確認してから受け取ろうか。

でも謝ってもらって少し気分を持ちなおした。

2014/11/11 (Tue) 17:05 | ぴょん #vDtZmC8A | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する