物入りな4月

 
 なにかと物入りな4月。

 ぴょん家の大きな出費は大学の前期授業料だ。
 子どもらはそれぞれ私立と国立に在籍している。
 国立は私立の半額(セールみたいだ・・)なのよ。この差は大きいわ。

 だが私立の方がケアが細かい。
 自校誌(けっこう立派)や成績表も郵送してくるし(時々、寄付のお願いもあるが)授業料の納付通知も一ヶ月前には送られてくる。パソコンを持って行かなくてもUSBメモリさえ持参すればプリントアウトは無料で出来る。レポート提出用だが、もしお金を払ってコピーしていたらけっこうな金額になるのだ。

 一方、国立は時々新聞のような冊子(?)が送られてくるだけだ。口座引き落としになっている授業料の通知も納付最終日の1週間前にならなければ来ない。
 今はもう慣れたけど最初はびっくりしあわてた。普段使いの銀行ではなく授業料用の口座だったので残高はあまり入れていないし(引き落としは年に2回なので)駅前まで入金しに行かなければならないし・・・。
 成績表だって大学のHPからでないと見られないのだ。これにはIDがいるので子どもに教えてもらわなければ親とて勝手に見られないというわけだ。
 息子はいつもプリントアウトしてくれるが、予算が厳しいのか私立と比べると、「あ?」という所が多い。

 でもどっちが良いか、なんてわかんないなぁ。どこの大学を出たか、ではなく、そこで何を勉強したか、だと思う。
 一流大学に入って遊んで過ごすより、2流大学(失礼な言い方だが)でしっかり勉強する方がいい。

 と、大学を出ていないぴょんは思った。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する