3年が経ち


 14時46分。
 市の防災無線が黙祷を呼び掛け。テレビの式典と同時に黙祷。

 阪神大震災の時は関東に、東日本大震災の時は関西にいた自分。
 その瞬間を、それからの時間を体験していないので想像するしかないが、この時はまだ多くの犠牲者が存命であったのを考えるとなんとも辛い。
 津波がなかったらと強く思う。

 3年が経ち、こちらでの被災地の報道は目に見えて減った。
 去年は毎月11日に新聞の一面を使って現地の情報や復旧の様子などを伝えていたが、今では数ヶ月に1回になった。
 やはり福島の原発関係のニュースが多い。
 NHKだけがシリーズとして、当時に撮影した番組を繰り返し放送している。

 うちはぴょん以外、男3人の職場は家より高い所にある。
 海からは遠いので津波は来ないと思うし、淀川が溢れても低い地形の方に流れていくだろう。

 しかしこの辺りは大きな側溝も多いので、(現にゲリラ豪雨の時にすぐ前まで水が迫った)被害が出ないとは言えない。

 この夜は子どもらと万一の時の対応について話した。

 これが無駄になればいい。


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する