「Dr.DMAT」などなど


 この番組も、「S-最後の警官」同様楽しみにしていた。

 主演の大倉忠義くんは関ジャニ∞のメンバーで、以前NHKで放送されたドラマ「ROMES/空港防御システム」でいい感じの演技をしていたのでその設定とともに期待していたのだが。

 主人公は災害派遣医療チームの医師。彼らの使命は災害現場で被災者の“命を繋ぐ”こと。
 なのに、素早い判断と処置が必要なそのシーンでウダウダと迷い何もできないでいる。

 自分の妹を判断ミスから植物状態にしてしまい、そのトラウマを抱えているのはわかる。
 だけど生きるか死ぬかの現場で、毎回毎回ウジウジダラダラと悩み続ける医師なんていらない。

 トリアージの判断の難しさ過酷さを出したいのだろうが、時間を使う所が違うだろう。
 これが続くのなら辛いなと思っていたらいきなりふっ切って、4話からは少しは見られる内容になった。

 これから期待できるかな。

「福家警部補の挨拶」は1回目の途中でパス。

「緊急取調室」天海祐希さん好きなので見る。

 ちょっとご都合主義的な展開もあるが安心して見ていられるし、多少「・・?」でも天海さんの魅力で許しちゃう。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する