買い控え?

 どなたかのツイート(ツイッター)で、
「西日本の方は買い物をして食べて遊んで楽しんでください」
 とあった。
 買い物というのはもちろん買いだめではなく、
「必要な物を買って日本の経済を回してほしい。それが東日本の支援にも繋がる」
 という意味だろう。

 懐中電灯や乾電池、カップラーメン、缶詰は相変わらずの品薄状態だがその他の品はいつも通り棚に並んでいる。
 今は夫婦2人なのでたくさんの物はいらない。でも買い物はしなくてはならず・・・なのに棚に並ぶ商品を見るとなぜか手に取る気がなくなる。
 おかずがひとつふたつ少なくてもぴょん家にはあまり影響はない。暖かい食事を摂れない被災地を思えば買って(食べて)いいのかしら、と思う。お刺身とかも食べられないんだろうな、と思うと好物のサーモンやハマチにも手が伸びない。何の被害も受けず日々の物にも不自由していない自分が後ろめたい。

 ここでぴょんがひとつ買っても買わなくても被災地にはなんの影響もないし、思い悩むのはまったく無駄な行為だとはわかっているのだが。
 買いだめどころか買い控えになっている。

 それでも食料品は買わないわけにもいかないし、来週には息子も帰省するのでいつもより多くの物がいるだろう。

 今日もマグロのたたきを手にしたまましばらくじっとして・・・結局買わなかった。



スポンサーサイト

コメント

西日本にお住まいの方は、普段通りの生活をすることが何よりの支援じゃないかしら。
気持ちはよく分かるけど、経済を回していかなくちゃ!!
電力も回せればもっといいんだけど・・・(^^;)

2011/03/26 (Sat) 19:46 | あきちゃん #- | URL | 編集
あきちゃん

うんうん・・・よく、わかっているの。
ぴょんができるのは寄付と買い物くらいだもんね。
だから今日は近くのお店ではなく、全国展開しているDで買い物をしました。
お金を使って、それで少しでも東に回せたらいいな。(ん?東北にDはあるのか?)

電気も西から東へは1日100万キロワットが限界なんだってね。ちょっと歯がゆい。

2011/03/27 (Sun) 17:18 | ぴょん #bCm9No1s | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する