洗濯もの

 1週間のキャンプから帰って来た息子Gの洗濯ものがいっぱい。

 豪雨に遭ったり、引率という立場から自由時間がとれなくて洗濯はできなかったという。

 夏とはいえ山の中だし、天候の変化も激しいので長袖や上着、ウインドブレイカーなど1週間分しっかりと持って行った。
 なので洗濯ものは覚悟していたが・・・なんだ、大したことないじゃん。
 スポーツしていた男2人の洗濯ものを担ってきたんだよ。これくらいなんでもない、という量だ。(用意はGがするのでぴょんは荷物を見ていない)
 泥や砂がないだけマシだわ。

 それでも洗濯機4回まわした。
 大丈夫か、リコール品だよ、これ。

 とにかく発火しない事を祈り(おいおい)午前に3回、午後に1回まわして干したら3時頃にはもう全部乾いてしまった。

 助かるけど恐ろしい暑さだわ。

 で、真っ黒になって帰って来た息子Gの左手首は、身分を隠すために時計を外したような日焼けの跡になっている。 ← ツボ ( ´艸`)

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する