グキッ!

 右足の薬指を挫いた。

 今日は朝からなんか危ないなーと思っていたのだ。

 家のフローリングで滑るし、店内のカートに足をぶつけるし、そのカートを押してエレベータを降りようとしたら子どもが飛び込んできたので、あわてて止めるために足に負荷をかけて痛かったし、滑らない床の店でかえって突っ掛ってコケそうになったり・・・。

 で、またまた家のフローリングで変なふうに足を床に付けたらしく薬指をグキッ!っと。

 ぴょんはあまり怪我をしないが、これはマズい、本当挫いたわー。
 だが子どもで慣れているので、この程度なら放っておいても大丈夫だなと思った。 

 それでも湿布ぐらいしておこうと小さく切って指に巻きつけようとしたが・・・で、できない。禁止行為なのだ。そう、足の指の爪が切れない(切ってるけど)のと同様に。

 なのでちょうど休みだった相方に貼ってもらう。

「これ、そこの者。お貼り」

 と足を出す。頭を垂れ跪く相方。見降ろすぴょん。

「おーほほほほほ・・・」← ほんとうに笑った

 の気分だったが、

「いたっ!そんなに強く巻いたら痛いって!」

 人に頼む時は感謝してやってもらいましょう

 それまでは痛くなかったのに、湿布したとたん痛くなったのはなぜ?





スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する