3ヶ月後検診


 3か月検診(12月より)

 主治医の診察は10時からなのでこの前よりはゆっくり出る。
 相方に駅まで送ってもらったら早すぎた。

 特急電車は混んでいるので各駅でのんびりと。しかしまだ通勤時間なのでちょっと混んでいる。
 ぴょんはなるべく優先席に座るようにしている。と、次の駅で年配のご夫婦がぴょんの前に立った。譲ろうと腰を上げ・・・が、止まった。
 杖を持って優先席に座っている人に席を譲られたら座れるかな(リュックを背負って元気そうな2人)
 またぴょんの左右に座る健常者がいやな思いをするんじゃないかなと、余計な事を考えてしまった。
 そうこうしているうちにご夫婦は空いている方へ移動して、結局ぴょんと同じ駅で降りた。

 なんだろ・・・よくわからないけど・・・周りがなんと思おうとぴょんの思うとおりにすればよかったんだよね。
 受けるか断るかはあちらの意志だし。

 その想いをちょっと引きづって病院へ(なんだ、それ)

 診察前にレントゲン撮影。明日は休日のせいか混んでいた。予約制なのだが・・・それでも40分押しかな。

 主治医の前で杖なしで歩く。仰向けに寝て片足づつ上に上げる。
「もうかなりいいね」
 とにかく筋力つけてのひと言。
「やってはいけないのは激しい登山とか」
 無理です。
「工事現場で重い物持つとか」
 やりませんって。
「ウォーキング?いいですねえ。これからよい気候になるし」
 よっしゃー!

 後ろで看護師さんが笑ってる。あと胡坐がかければもっといい。
 次の検診は六ヶ月後。
「胡坐の練習の成果を見るよ」
 と、医師。
 ひぇぇ~、ぴょんは体が固いのだ~。

 それでも以前は出来なかった、立ったまま下着やズボンが履けるようになった。あとは靴下か。無理すれば履けるけど・・・まだちょっと怖い・・・というか体が固い。

 午前中には終わるので、帰りに中央図書館に行こうかと思っていたが息子Yがいるので(もっとも今日は出かけているが。しかし性格上こーいう時は図書館でゆっくり・・が、できないのだ)でもせめてショッピングモールを一周。
 欲しい食器があったが重いので車で来た時にしようっと。が、元々ウインドショッピングや本当のショッピングは苦手なので早々に引き揚げた。

 まだまだあちこち不具合はあるが、杖があれば1日中でも動けると思う。
 息子達が帰宅する前に治してよかった。あのままではどうしようもなかったもの。

 あー、でもこれから忙しくなるなぁ。

 相方に、
「医師がどんどん遊びに行きなさいって」
 と言ったら、疑いの眼で見られた。

 まあ・・・ちょっとニュアンスは違うけど。


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する