話し相手

 ぴょんは友達とワイワイ騒ぐのが好きだ。
 ぴょんは3日くらい1人でいて、会話もなく本を読んだりパソコン
で遊んだりするのも好きだ。

 相方は多弁ではないので同じ部屋にいてもしゃべらない事が多い。別にけん
かをしてるわけではなく、しゃべりたかったら突然しゃべったりする。
 これから先、もし1人暮らしになっても
ぴょんは寂しいなんて思わないんだろうな、と漠然と思っていた。が、  

 大学のフィールドワークのために
日曜の朝は早いからと前夜に泊りに来た息子G。集合場所がうちの近くなのだ。
 彼もそうおしゃべりでは
ないがサッカーや車好き、歴史好き、とぴょんと話が合うので夕飯の後に何時間か2人でおしゃべりする。

 大学3年生なのに就職活動もしていない彼は親から見ればまだまだ頼りないが、それでも話を聞いていると彼は彼なりに色々考えているのがわかる。
 それはそうだね。もう21歳の大人だもん。
 その考えに甘いと
ころはたくさんあるが、親が思ってもいなかった事を考えているので時々驚かされる。ちょうどテレビで放送していた「(若い人の)無縁社会について」もしっかりと捉えていた。(Gは社会学部)

 で、思ったんだけど
・・・自由な1人暮らしになってもおしゃべりする相手はいた方がいいな。
 真剣な話はもちろん、たわいも
ない事をワイワイ話すのってやっぱ楽しいもん。

 あたりまえの事なんだけど、今改めてそう思ったよ。

 

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する