2回目の入院前の検査1回目

 早口言葉か? ↑ タイトル

 2回目の入院に向けての1回目の検査日。
 やることは5月の検査と一緒。

 ひとつ違った事といえば、前は車イスで回ったが今回は歩いて回った事かな。
 もちろん車イスは自由に使えるがけっこう歩けるし、もし途中で疲れたら借りようと思って・・・でも大丈夫だった。
 もっとも最後の方はさすがに右脚が痛くなって相方の肩を借りながら歩いたけど。とにかく歩かないと筋肉(左脚の)が付かないので。
 
 肩だと少し高いので腕を貸してもらったが・・・そう、エスコートするように腕を曲げて。で、こーいう時って普通手を前(お腹辺り)に置くよね。なのに相方は手を後ろに、腰の方に置く。それでもいいけど、
「なんで後ろに回すの?」
「おれより3歩下がって歩くように─」

 なにわけわかんないこと言ってんだ?
「へいへい」と答えておいたが、どこからどんな考えになるのか未だにわからんちんの人だ。

 担当医は前回と一緒のN医師。だからお互い良く分かっているので安心。
 だけど前回は手術や入院の様子など自分はわからなかったから、なんでも来い!だったが、今回は予想が付くので安心かと思えば・・・そうでもない。
 わかっているから怖い事ってあるよね。そんなに深刻ではないが。

 昼食を済ませてから1時間以上間を開けて貯血用の血液をとるのだが今日は混んでいて(そうか、昨日は休日だったんだ)さらに1時間待たされた。
 こういう時、本読みって時間が使えていいよね。
 病院内(ポケベルを持たされたので院内でないと通じない)の明るい所を探し、しばし没頭。外に出ていた相方が前を通ったのも気が付かなかったようだ。

 終わったのは3時過ぎ。結果は取りたてて悪い所はないそうです.
 検査結果一覧表をもらったけど、相変わらず総コレステロールは「High」ですね。 ← 思い当たる
 2回目は18日。

 レントゲン技師とぴょんの会話。立って両脚の裏側を撮影する。
 技師 「真っ直ぐに、そのまま動かないで。お、いいですね(ちゃんと真っ直ぐになっている)」
 ぴょん「まるでモデルみたいね」
 技師 「骨の写真ですけどね」
 ぴょん「せっかくの美人が台無しだわ」
 技師 「ははは・・・」

 ま、こんな感じ。

 あ、また鉄剤飲まなきゃいけないんだ。
 少々むかつく(怒ってはいない)からいやなんだけどね。


スポンサーサイト

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2012/10/13 (Sat) 17:23 | # | | 編集
コメントをくださった方へ

ご心配コメント(・・なんかヘンな言い方だな)ありがとうございます。

今回の入院はもう最初っからほぼ決まっていた事(2回入院・手術)なので、心の準備は万端・・・と言いたいところですが、やはりちょっとブルーに入ってます。

ブログを書いたりみなさんのコメントを読むと気が晴れるので、ぜひまた来てくださいね。

そちらにもお邪魔して、可愛いあの子たちを♡

2012/10/15 (Mon) 12:39 | ぴょん #vDtZmC8A | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する