また申請しなきゃ、だわ

 相方の平日休みはとても貴重。銀行や病院、役所は平日でないと開いてないしね。

 来月の入院に必要な更生医療の申請(市役所へ)なんだけど、以前やった事と同じ過程を踏むはずなのに・・・忘れてる、書類の書き方・・・。喉元過ぎればナントカってやつですね。
 でもナントカ書いて、医師が出してくれる書類もいるので(前に書類を預けて書いてもらう)それを受け取りにまずは病院へ。

 相変わらず混んでいる外来。
 ああ、またここに来て(1回目と同じ事を)繰り返すんだな、って思うとちょっと・・・。だけどそのあとの事を考え(あちこち行って遊ぶぞ~)心を軽く明るくしよう。
 20分程待って書類を貰い市役所へ。ここは相方が行ってくれる。前回もやったから慣れているし。(ぴょんは車で待機)
 と、思ったらずいぶん早く戻って来た。ぴょんの写真がいるらしい。「申請に必要なもの」には「写真」とは書いていなかったのに。
 更生医療自体ではなく障害者手帳の再発行に必要とのこと。

 え? でも持ってるよ、手帳。
「持っていない人は申請するように」と書いてあったから(更生医療を申請するのは障害者手帳を持っている事が必要条件となる)今回は手帳の申請はしなくていいと思って・・・。

 詳しく聞いてみると、いま持っている手帳は「左股関節」に関するもの。で、今度は「右股関節」に関しての更生医療の申請なのでまた別の話(申請)になるというのだ。

 まったく・・・だったらそう言ってよ。
 今月初めにこの申請書を貰う時こちらの説明をしているのだからその時点でわかるでしょ、市役所の人!
 昔から役所への用事が1回で済んだ事がない。持参するものを電話で何回も確かめて、で行くと、「○○もいります」と言われた。
 今は役所も親切になり、このような事態はだいぶ減ったと思ってたけど。

 でもここで文句言ってても仕方がない。帰れば写真はあるが時間が勿体ないので近くの複合施設で撮る事に。
 先客に年配のご夫婦がいて撮り方を聞かれた。教えて感謝されて・・・でもぴょんは撮影機の画面に出ている説明を読んであげただけ。

 よくある事だが年配の人って説明読まないよね。読んでその通りにすればできるのだが。

 こういう撮影機は思ったよりぜーったいヘンに写る!という前回の教訓を活かし・・・きれなかった 
 なんで目の前の鏡に映る自分より髪の毛が少なく・・・ぺったんこに写るんだ?(それが真実!?)


 市役所にとって帰り、済んだ時にはもう2時過ぎ。昼食は大好きなうどん屋さんへ。
 と、その前にぴょんが欲しいと言っていた低反発クッションを買いにホームセンターへ。
 えー、あとでいいのに。お腹空いたなあ、と思ったが、行く予定はしていなかったのにわざわざ寄ってくれるので黙ってた。

 お尻の肉が無くなったのか上の骨が出ていて長い時間(と言っても2、3時間)座っていると痛くなる。
 相方が車用に低反発のクッションを使っていたので昨夜借りて座ってみたら、少しは痛い時間が少なくなったので欲しいなあと言っていたのだ。

 このあとスーパーを3軒はしごして(1軒は予定外)帰り着いたのは夕方の5時過ぎ。
 平日休みは少ないので用事が溜まるのは仕方ないが、今日は無駄にした時間が多かったなあ。


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する