「ペット心理療法士事件ファイル」


 いつのまにか動物の言葉がわかるようになっていた大学生の尾鷲悠次。
 どうやら一度死んだらしく(本人に自覚はない)、友人の浅川将の飼(怪?)猫タマが悠次に命を分けてくれたおかげらしい。

 動物達の声を訊き、さまざまな出来事にいや応なく巻き込まれていく2人。
 天下無敵の美青年の将と、体は大きいがどこかヌボ~としている悠次とのコンビが楽しい。

「心理療法士」とあるが医療関係の話ではなく、どちらかというとほのぼのと事件(?)を解決していく探偵のようなもの。
 案の定、これに続くシリーズ「キャットウォーク事件簿」と「キャットテールレポート」でも、やはり動物がらみのトラブルが付いて回る。

 タマの言動に猫好きの人なら、「あるある~」と思うかも。
 ぴょんは浅川将の飼い犬カイザーがお気に入り。

 頭を休めたい・・・でも本が読みたい、という時に(どんな時だ?)スラスラと読めるシリーズです。




スポンサーサイト

コメント

どうも^(=・ェ・=)^ニャン♪

こんばんは。面白そうなにゃににゃに「ペット~」今度買い物に行ったら本屋さんで探してみることにラジャ (`_´ )ゞ

そういえばタロット日美子を読んでタロットを習いに通ったことあるの(*^_^*)

2012/01/17 (Tue) 21:51 | neko-shippo #9lpzSer6 | URL | 編集
neko-shippoさん

当時、ぴょんはあまり猫を知りませんでした。
でもこれを読んで、「猫ってこーなんだ」と感心(?)した覚えがあります。
親猫(?)のneko-shippo さんなら、ぴょんよりもっとよくおわかりになるはず。

長いシリーズなので、最初は図書館で見てからの方がいいかもv-392

>タロット日美子
ご存じでしたか!
最初の頃はすごーーくおもしろかったけど、だんだん・・あっちこっち横道に逸れて・・なんだかつまらなくなって・・・。
でも発刊されているのは一応全部読みました。

2012/01/18 (Wed) 15:39 | ぴょん #vDtZmC8A | URL | 編集

ぴょんさん、こんばんは。

>タロット日美子

確かに初めのころは面白かったよね、いつも通院には持参してたけど。

今は、瀬戸内寂聴さんの文庫本持参ですわ。
難しくて何回も読み直しです。

司馬さんとか池波さんとか、宮部さんが大好きかな。

2012/01/20 (Fri) 21:52 | neko-shippo #9lpzSer6 | URL | 編集
neko-shippo さん

こんにちは~。

>初めのころは面白かったよね
ええ。
二階堂警部やお兄さんが出てくるところまではよかったけど、それ以降は・・・。
でもこのシリーズは100冊を超えているそうですから、やはり「おもしろい」作品には変わりないのでしょうね。

>瀬戸内寂聴さん
「晴美」さんの頃は何冊か(歴史関係の話)を読んだけど、寂聴さんになってからはトンと遠のいてしまいましたv-393

ぴょんはあちこち手を伸ばしすぎて、好きな作家さんを絞れないんですよ~~v-356

2012/01/21 (Sat) 15:03 | ぴょん #vDtZmC8A | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する