本を読むと


 視力の衰えと共に(なんか最近こんな話題ばかりだなぁ)セーブしていた読書を再開した。

 ただ、以前のように際限なく読みたいだけ読む、というのは疲れるので、少しづつ少しづつ・・・欲求不満にならないくらいのペースで行く事にした。
 やっぱいいよね~、本は。つい読みふけってしまう(ペース守ってないじゃん)

 ふと気がつくと百面相をしていた。
 そーいうのってない?
 登場人物に同調して、つい本の中の彼らと同じに笑ったりしかめっ面になったりする事って。

 時々物凄い顔になっているぴょんを向かいから「??」と見ている相方・・・。

 すぐに真顔に戻すけど、やはり1人の時に思いっきりのめり込み読み・・・・・・・をするのが一番の幸せ。



スポンサーサイト

コメント

読んでるときのことは考えたことなかったですわ…
でも、イラスト描くときは必ずその表情になってます。
同じですね。
ある意味見られたくない気もしますが。

でも夢中になって読みふけるぴょんさん、きっとご主人にはチャーミングにうつってるんでしょうね。

2012/01/12 (Thu) 20:31 | AYA #Oa2f/7z. | URL | 編集
AYAさん

コメントありがとうございます。

>イラスト描くときは必ずその表情
そうそう、ありますね~。
大口開けた絵だと自分も開けているの。ふと気が付いてあわてて閉めます。

それから文章の時も。
特にアクションなんかは書く前に段取り確認したり。
座ったまま、ジタバタ暴れている自分って・・・。

>ご主人にはチャーミングに
・・・胡散臭そうな視線が痛い・・・

2012/01/13 (Fri) 16:21 | ぴょん #vDtZmC8A | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する