ぎっしり詰まってます


 手元にある1冊のボロボロのノート。
 文庫本サイズの厚みのあるその中には、作家さん別に本のタイトルがびっしりと書かれている。

 物凄い勢いで読んでいた頃、ジャンルが偏っていたためか似た様なタイトルが多くそれを区別するためにと、図書館で借りる事も多かったのでタイトルとリクエスト(他の図書館にある本を指定の館に持ってきてくれる。所蔵していなければ購入してくれる)した日、受け取り読んだらチャックを書き込む・・・などを、こんがらがらないように記録していたのだ。
 それを見ればぴょんがどんな本を読んだのか一目瞭然だ(ほんの何年分かの記録だが)

 だが、タイトルの後ろに何も書かれていないものもある。
 読もうと思ったがまだ読んでいない本だ。
 それもけっこうあるし、ページを見ていくともう一度読みたいと思う本もたくさんある。

 本に対してはまだまだ欲求不満状態なのだ。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する