紙好き


 紙が捨てられない。

 また何を言ってるのかと思われるだろうが、事実メモ用紙やノートの切れ端などをすぐに捨てる事ができないのだ。

 幼稚園の頃からマンがを描いていたぴょんは紙とエンピツが大好きだ。この2つさえあれば満足だった。
 それは長じても続き、少し大きなメモ用紙の端にちょっと書いて・・・で、後の残りの部分を、「まだ使える」と取っておく。

 実はぴょん家には紙は・・・ 少なくともメモ用紙は有り余っている。
 子どもらが塾へ行っていたので、そのテスト用紙やプリントなどが大量に残っていた。
 裏面は白紙なので、〝紙好き〝ぴょんとしては捨てる事もできず使いやすい大きさに切ってメモ用紙にしたのだ。
 電話横、パソコン、テレビの横にも置いてあるそれはけっこう重宝している。
 さっさと書いて用が済んだら惜しげもなく捨てられるからだ。おそらく一生分のメモ用紙があるだろう。

 だが、少しでも余白があると捨てられないし、書き込んだ内容もパソコンにまとめるまではやはり捨てられないのだ。
 
 もはや必要な物なのかゴミなのかわからない。
 これではいかん。心を鬼にして(大げさだ)ゴミ箱に放りこむ。が─

 ああ、ゴミってこうやって増えていくのね。

スポンサーサイト

コメント

同じです

うんうん、納得です。
自分もキャラ設定やラフ、下書きに書きかけ原稿、過去原稿など、どう見積もっても大きめの段ボール3箱くらいの紙があります。
それにこれからの新しい用紙も加えると...しかも、ぴょんさんのようなメモも加えると......
共感ですわ~。
ほかのものは時々断捨離していますが、本と紙はなかなか捨てにくくてタイヘンです。ハイ。

2011/11/25 (Fri) 05:28 | AYA #Oa2f/7z. | URL | 編集
AYAさん

うんうんうん・・・そうなんです。

メモだけならまだしも、ストーリーは思いついた時にメモするので(なぜか、パソコンに書こうとすると忘れちゃうの)それも入れたらボーダイな枚数になります。
ノートに書けばよかったんですが、なにせ思いついた事(頭の中を流れる)と書く手が追いつかず、ものすごい字になるので紙っきれの方が書きやすくて・・・。(ビンボー症もちょっとある)

それでも時間を見つけてはセッセとパソに移しているのですが・・前途多難ですわ。

>本と紙はなかなか捨てにくくて
同感です。
あつめれば図書館規模になりそうです。

2011/11/25 (Fri) 16:43 | ぴょん #vDtZmC8A | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する