帰宅


 車内ライトが点くともう京都の三条近くを走っていた。
 東名高速が混んでいたらしく少し遅れての到着。
 京都駅で多くのお客が降りる。

 それでもぴょん市というあまり一般的ではない市から発着の高速バスなので、地元の人の利用が多いせいかガラガラにはならない。

 京都駅の次がぴょん駅。
 と、車内に鳴り響くロックな音楽。
 何事かと思えば、まだ寝ている客のケータイの目ざましらしい。それが何回も繰り返し鳴り響く。
 若い娘が、「まだ鳴ってる~」と笑っているが、なかなか起きないその客を乗務員がやっと起こす。見かけもロックな男の子だった。

 帰りは冷房もそんなに強くなく、昨日はかなり歩いたせいか結構寝られたので元気。
 帰宅してそのまま洗濯や買い物に。

 ぴょんもマメではないが男達に任せた部屋はやはり散らかっていた。
 息子Y に戸籍謄本を渡しホッとひと息。

 トンボ帰りできついかな? と思ったがそうでもなく、まだまだ動けそうだ。


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する