ヘレンド展と小鳥ガーデン


 梅雨の晴れ間で今日は30度を超えそうだ。
 あとは雨模様になりそうなので今日出掛ける事にした。

 まず中之島の東洋陶器美術館へ。
 特別展の「ハンガリーの名窯 ヘレンド」を展覧中。
 
 ぴょん家からは途中乗り換えで40分ぐらい。
 10時半には美術館へ。


     ヘレンドと小鳥ガーデン-2


     ヘレンドと小鳥ガーデン-3


 最初にビデオの上映を・・でもこれ見たような・・・TVでやったかな。

『目をつぶって ─ はい、開けてください』 ← ハンガリー語?

 テロップなので無理。

 ヘレンドといえばやはり花の絵柄を思い浮かべる。
 ハンガリー王室御用達窯だけあって豪華で繊細、細部にも細かい彫りを入れ見ていて飽きない。
 花のティーセットの1つでも欲しいワ。
 透かし彫りなんて、あまり細かいと割れてしまうだろうに。
 藍地に金彩を施した食器がやはり目を引く。美しい猛禽類もいた。

 でも今回は中国というか・・・東洋のデザインが多い。
 中には、「京都」と銘打ってあるのに明らかに絵柄は中国・・なんていうのもあった。見分けがつかないんだろうね。

 「ヘレンド窯の主な文様と装飾技法」の一覧の展示もあり(これはHPでも見られる)ああ、やはり花の文様が綺麗。
 写真が取れないのが残念だが、最後のテーブルセッティングだけはOK。


     ヘレンドと小鳥ガーデン-4


     ヘレンドと小鳥ガーデン-5


     ヘレンドと小鳥ガーデン-6


     ヘレンドと小鳥ガーデン-7


 1時間程で見て回り、その後は平常展の「安宅コレクション中国陶磁など」へ。
 天目や唐三彩に目が行くのは鑑定番組の影響か。


 外はかなり蒸し暑い。
 ここから梅田へ出るのだが、地下鉄だと乗り換えで面倒なので歩く事にした。といっても15分ぐらいだ。


     ヘレンドと小鳥ガーデン-1

 
 御堂筋は一方通行の6車線なので、信号待ちで車が止まっているのを見るとつい、
「全車グリッドに着いた。オールグリーン! 行けー!」
 と、叫びたくなる。 (^_^;)


 次に向かうのは、「心うるおう 小鳥ガーデン」
 120以上の小鳥作品を扱うお店が大集合する人気のイベント。

 ちょうど昼時なので先に場所だけ確認して・・・と思ったが、会場の鳥グッズを見てしまったらもうだめ。
 そのまま買い物に突入。

 以前に行った所より弱冠広い会場にぎゅうぎゅうに作品を並べる店々。
 ぴょんは作家さんをフォローしているが、やはり狭いのであまり広げての品出しは出来ないってツイしていたっけ。
 なのでちょっと目を流すとお目当ての鳥さんを見逃してしまいそうだ。

 ぴょんはイエローハルクイン狙いなので、とにかく黄色黄色・・・あ、青いセキセイも可愛い・・・黄色黄色・・・。
 今大人気のシマエナガちゃんもいる~。
 インコインコ・・・。さすがにコンドルはいないなあ。 ← 小鳥ではない
 インコ・・・。(もちろん他の鳥も好きだが、そこまで手を伸ばしていたらエライ事になるので、とりあえずインコ)

 こうして2時間近く見て回ったが思ったより欲しい物がない。いや、もう持っている物も多々あった。
 小鳥ストアは最近流行りなのでイベントも多く、そう毎回新作新作・・とはいかないのかもしれない。
 なにせ多くの作家さんは素人の手作りで1点ものなのだ。

 今回1番の狙いは着物の生地で作られたポーチ。もちろんセキセイインコ狙い。
 が、イエローハルクインはあったがもう1点、別の絵柄のが無くて(HP で見ている) 
 ちょうど居合わせた作家さんに訊いたら、今年はあと上大岡と札幌の出店予定とか。
 上大岡か・・そこなら行かれるけど。
 ま、次の出会いを楽しみに待つとしようか。

(他に肩掛けポシェットも欲しかったが見逃してしまったらしく、後日その事をツイしたらなんと作家さんから返信があり、置き場所はわかったがもう行かれない・・・)

 結局、昼食は食べ損ね、最寄駅でお寿司を買って家で食べるといういつものパターンに。


     ヘレンドと小鳥ガーデン-8


     ヘレンドと小鳥ガーデン-9

     インコの着物ポーチ インコのノート インコの柔らかポーチ


  この日の写真は最後の2枚以外は携帯電話のカメラで撮影。
  慣れようと思ったがやはり扱いにくい。
  荷物を減らせるので、なんとか活用したい。









スポンサーサイト

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2017/07/11 (Tue) 17:44 | # | | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する