キイハンター 

2017, 06. 16 (Fri) 21:32


 子どもの頃から見ていた役者さんが亡くなるのは悲しい。
 亡くなった時に初めて年齢を知る方もいる。自分といくつも変わらないんだ! と驚く事しばしば。

 昨夜、野際陽子さんの訃報をニュースで知った。
 休筆宣言をされた内田氏の「孤道」の雪江さん(主人公の母)のシーンを読んですぐのニュースだったので驚いた。

 野際さんといえば冬彦さんの母を思い起こす人が多いが、ぴょんはなんといっても「キイハンター」だ。
 もっとも野際さん演じる津川啓子のファンではなく、風間洋介(千葉真一)のファンだったが。

「小学生の時に見たこの番組が、今までに自分が書いたもの & 描いたものの原点だった」

 と、淳さんが言っていたっけ。
 そうね、淳さんの描いていた警察まんがや国際警察ものは、その基本はキイハンターだもんね。

 ぴょんも千葉真一の大ファンで、放送のある土曜日を楽しみにしていた。
 毎回メンバーの1人がメインとなりストーリーが展開していく。予告で風間がメインとわかるとそれはそれは楽しみに1週間待った。
 が、土曜の夜という事もあり、時々大人向けのお色気話の予告が流れるととたんに見る気をなくす。

 当時はビデオなど無かったので夏休みで田舎に行くのが嫌だった。田舎では1~ 2週間遅れの話になるからだ。(チャンネル権ないし)
 2人が結婚された時はびっくりした。千葉真一と結婚したい! と本気で思っていたからだ。 ← 子どもなので (^_^;) 

 そういえば自分のおこずかいで初めて買ったレコード(唄)って千葉さんのだったなあ。
 これを書くときにちょっと検索してみたが・・・なんの歌なのかさっぱりわからない。で、覚えている歌詞を書いてやっと出てきた。映画の主題歌だったらしい。(たぶん見ていない)
 それが今月に東映チャンネルで放送されるそうだ。
 あまりの偶然に驚いた。


 先に書いた雪江さんもぴょんは加藤治子(制作局によって配役が違う)さんのイメージが強い。

 野際さんは頻繁にお顔を見ていた役者ではないが、ふとした時に思い出すその印象は鮮やかだ。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント