紫陽花と花菖蒲 2


 宇治まで来たので平等院など行こうかと思ったが(相方は入った事がないというので)観光客の多さにいやになって( ← 自分達だってそうじゃん)その先の天ケ瀬ダムへ。
 前から行ってみたかったのだ。

 場所は以前桜祭りを見に行った宇治川の上流。
 何年も前に息子達を連れてダム手前のつり橋まで行こうとして・・・徒歩では距離があるので諦めたのだ。

 今回は車だが山道をクネクネ登る。
 ダムの横を通り過ぎ・・・えーと・・車内から見るだけか? このまま行けば滋賀県に入ってしまう。
 でもぴょんは見逃さなかった。
 ダムの入口に、「見学者コースはこちら」なる看板があったのだ。

 U ターンしてダムの入口に。
 関係者以外立ち入り禁止の看板に相方が、

「見られないだろう」
「そんな事ないよ。ほら、見学者のコースが」

 と、守衛のおじさまが見学はできると教えてくれた。
 といってもダム上の道を歩くだけ。さすがに機械設備の見学は無理だね。


     紫陽花と花菖蒲-25

     堤上路から下流を

 ここの堤上路は車は通れず徒歩のみ。


     紫陽花と花菖蒲-26

     放水口


 『こんな所でアクションしたら大変だろうなあ』 と、悪い顔をした淳さんが─。


     紫陽花と花菖蒲-28

     梯子の上の小屋には船(おおとり)が収容されている


 貯水量が少ない。梅雨とはいえまともに雨が降っていないからね。
 放水しているところが見たかったなー。

 堤上路には四季のダム写真が貼ってあったが雪舞う中のダムも綺麗。
 夜はライトアップされるが、この道は夜間は立ち入り禁止になるので下流の橋上から見る。


 花見ついでに山田池公園にも行こうという事になった。
 ここも今は花菖蒲が満開。しかもぴょん市内にある(近っっ!)府立公園だ。

 なので地元に戻る。その前に昼食。今日は14時前になった。


     紫陽花と花菖蒲-29

     初 なか卯 そばと海鮮丼のセット


 山田池公園の場所は知っているが、駐車場など細かい所は知らないので一応ナビセット。
 が、またまた道を1本手前で曲がってしまう相方。おかげでまたまた公園をグルリとひと周り。
 毎回このパターンだな。

 府の広域公園でもある山田池公園には、広大な敷地に山田池をはじめジョギングコースやバーベキュー広場、もみじ谷、展望広場、水生花園などがある。
 今は花菖蒲の季節。その数、約140種 10,000株の花菖蒲が観賞できる。


     紫陽花と花菖蒲-30

     花しょうぶ園


     紫陽花と花菖蒲-31

     花菖蒲といったらやはりこの色かな


     紫陽花と花菖蒲-32


     紫陽花と花菖蒲-33


 江戸古花や肥後系、伊勢系などたくさんの種類があるのね。
 とても覚えきれない~と思ったら、チラシの後ろに一部だが一覧表(写真)があった。


     紫陽花と花菖蒲-34


 絵を描いている人もいて、おにぎりとお茶を持ってここで1日絵を描くのもいいかも。


 紫陽花園にも行ってみた。


     紫陽花と花菖蒲-35


     紫陽花と花菖蒲-36

     小規模だが綺麗に咲いている  


     紫陽花と花菖蒲-37


 天気は良いので歩くと汗ばむが風が冷たい。
 半袖の上にレースのカーディガンでは腕がスースーする。


     紫陽花と花菖蒲-38

     何かを狙っている白鷺( ← 真剣)

 野鳥の観測所もあり、鵜やビタキ、鴨、鷺類、ヒレンジャクなど多数の鳥が見られる。

 帰りがけに息子G から電話。夕食いらないはずだったがもう帰って来たのでいるという。
 外食しようかと思ったんだけどなー。(G は外食嫌い)
 今16時過ぎだがもう行く所もないし、歩いて疲れたからうちでゆっくり夕食もいいか。
 作るのはぴょんだが。


     紫陽花と花菖蒲-39


     紫陽花と花菖蒲-40

 三室戸寺で新茶もちなるものを売っていたので買ってみた。
 宇治に来るたびに茶団子は買うがこれは初めてのお菓子。中に白餡が入っていて甘いー。

 だけどハウステンボスのお菓子がまだ残っている。
 菓子好きの息子Y がいないので減らない。


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する