宗像大社とハウステンボス2日目 1


 昨日あんなに歩いたのに足に来ていない。帰ってからが怖いなあ。


     宗像大社とハウステンボス-26


 ビジネスホテルの朝食なので種類は少ないが味はまあまあ。少なめにしておく。野菜ジュースが美味しい。
 注文で個別に作ってくれるオムレツが有名らしいが食べ損ねた。(気が付いた時にはお腹がいっぱいになっていた)

 今日はハウステンボスに向かう。
 乗車券はあるので各駅停車でゴトゴト行くのもいいが2時間ちょっと掛かるし途中2回乗り換えなければならない。
 なので8時48分の特急ハウステンボス号で行く事にした。

 鳥栖駅で特急券を買う。
 指定席はどうしようかと思ったが・・・調べて貰うとあと12席あるそうだ。
 朝一番のハウステンボス直行便だが、結構乗る人がいるのね。ま、だめだったら中で指定席を買えばいいやと今回は自由席で。

 ぴょんは長距離の時は必ず指定を取る。
 空席を気にしなくて済むからだが、たまにはそんな経験をするのもいいかも。それに空いている気がするのよね。

 早めにホームに上がる。
 ハウステンボス号と書いたが、正式にはみどり・ハウステンボス号という。
 みどりも特急で、早岐で切り離され1号車から4号車はハウステンボスに、後車(みどり)は佐世保に行くという。
 構内放送を聞いていてよかった。知らないで乗ったら反対の佐世保に行ってしまったかも。


     宗像大社とハウステンボス-27

     赤い改札印がたくさん入っている乗車券


 自由席は3号車の一部と4号車。鳥栖は始発ではないので8割方席は埋まっていたが窓際に座る事ができた。
 これで寝ていても着くが、勿体無くてそんな時間はない。
 車窓をボ~ と眺めるのは好きだ。空想が勝手に頭の中を走っていく。
 しかし結構揺れるなー。


     宗像大社とハウステンボス-28


 車内はちょっと南国風で・・・あれ、オランダって南国じゃないよねー。

 佐賀駅でドドッと降りる。
 特急といっても一両の席数は40席程。埋まっているのは半分位。

 長崎に・・海に向かっているはずなのでなぜか緑深くなっていく。というか山の中走っていく!
 30ン年前に相方と博多から長崎に向かった時に、この線は乗ったと思うがまったく覚えていない。(いや、鳥栖を通った時 “鳥栖ってどこ?佐賀?” と思ったのは覚えている)

 10時22分ハウステンボス駅到着。


     宗像大社とハウステンボス-29

     ハウステンボス号後ろ


     宗像大社とハウステンボス-30

     ハウステンボス号前

 ホームには帰る観光客が溢れている。
 やはり多いね外国人。狭いホームに固まっているので大混雑。


     宗像大社とハウステンボス-31

     ホームよりホテル・オークラを望む 外観はアムステルダム中央駅を模している

 それにしても小さい駅だ。改札と売店しかない。(駅の外観を撮ったはずが無い!?)


     宗像大社とハウステンボス-32


 橋を渡りハウステンボスに行く前に今夜泊まるホテル・オークラがあるのでボストンバッグを預かってもらう。
 観光地のホテルだがさすがオークラ。普段味わえない高級感がそこかしこに。スタッフもキッチリとしていて気持ちが良い。


     宗像大社とハウステンボス-33

     フロント階よりレストランを


 身軽になっていざ!
 場外にも店が並ぶ。帰りの高速バスで食べられる物(テイクアウト)をリサーチしながらハウステンボスの入国棟へ。


     宗像大社とハウステンボス-34


 チケットは何種類もあって・・パスポートだとアトラクションのほとんどに使えるが、ぴょんはゲームやアドベンチャーはしないので今日は散策チケットに。
 これは入国と園内バス( ← 便利!)しか使えないが、大人が花を楽しむには充分。

 11時入国。


     宗像大社とハウステンボス-35


 平日だが園内(国内というべきか?)はほどよい混み具合。ギュウギュウはいやだけど寂しい遊び場もいやなのでちょうど良い。
 園内地図は調べてあるが、あまり細かく見ると当日つまらないので自分が行きたい所だけ日にち別に書き出してある。
 今日は散策チケットで行かれる所を。(明日はパスポートを購入する)


     宗像大社とハウステンボス-52

 今日の散策チケットが使える施設、明日のパスポートが使える施設と場所などまだ東に西わからないのでこれがすごく役に立った。

 テディベアと写真を撮ってくれる。無料。これより大きいのは1000円だって。高い!

     宗像大社とハウステンボス-51

     ぴょんとテディベアキングダム(博物館)との合成写真 
     向かって右上に花輪を被りテディベアを抱くぴょん 


 ハウステンボスを代表する風景といえば風車とチューリップ。今はチューリップは終わっている。
 風車も一基は工事中。だが内部が見られる風車のミュージアムは入る事ができた。


     宗像大社とハウステンボス-36


 今日見る予定のものを1つ1つ確かめながら見て行く。

 今日の中心はなんといってもバラ!

     宗像大社とハウステンボス-37

     グランドローズガーデン

 2000品種のうちのほとんどが集まる城内最大のバラ園。
「香りの箱庭」「オールドローズガーデン」などテーマ別のコーナーもや花のカフェ、バラが買えるローズマーケットもある。
 

     宗像大社とハウステンボス-38

     バラの廻廊


     宗像大社とハウステンボス-39

     ドムトールン(塔)とバラのカスケード


     宗像大社とハウステンボス-40


     宗像大社とハウステンボス-41


 バラは満開をちょっと過ぎているが手入れはされているので色々な種類が咲き誇って綺麗。
 バラの間を歩く。疲れたらバラの中のベンチで休む自由でゆったりとした時間を楽しむ。


     宗像大社とハウステンボス-42

     運河を行くカナルクルーザー


     宗像大社とハウステンボス-43

     運河の遊歩道に溢れるバラ


 いまいち広さがわからないのでとにかくせっせと歩く。
 入り口から1番奥のパレスハウステンボスまでは最短距離で1.5キロ程なので悠に歩ける距離だが、まだどこに何があるのかわからない。

  
     宗像大社とハウステンボス-44

 アムステルダムシティはスタッドハウスを中心にバラのアーチなど並ぶ。
 広場にはオープンスタイルのガーデンレストランがあり、ステージでは生演奏やダンスが繰り広げられているが思ったより狭くて・・・ちょっと煩い。 (^_^;)
 レストランはちょっといいお値段だが、隣接するコテージ風の屋台でも飲み物や軽食が買える。


     宗像大社とハウステンボス-45


 ここにはびーどろやベネチアングラス、バラグッズ、そしてミッフィー(ナインチェ)グッズの店が並ぶ。
 1つ1つゆっくり見て回る。
 欲しい物がいくつかあるが、ガラス製品なのでここから持って行くには怖い。(壊れやすいです、の注意書きあり)
 あとでもう1回来た時にハウステンボス限定のミッフィーのタオルを買う。


     宗像大社とハウステンボス-46

     スタッドハウス正面と花時計


 園内バスでテーマパークゾーン(有料ゾーン)からハーバータウン(無料ゾーン)に入る。

 しかしこのバスがすごい。
 観光バスサイズだが、町並みを模している狭い道をスイスイと走る。人が車道を歩いている事もあるので危ないが、運転は丁寧でゆったり乗れる。

 ハーバータウンは誰でも無料で入れる。
 ぴょんのように有料チケットを持っていれば双方の行き来は自由。


     宗像大社とハウステンボス-47


 名前の通りヨットが並ぶ海のそば。ここまで来てやっと海に会えた!


     宗像大社とハウステンボス-54

     ハーバーシティからタワーシティを



     宗像大社とハウステンボス-48



     宗像大社とハウステンボス-49


 空腹は感じていないがここで昼食。(13時20分)
 海鮮丼を頼んだら、魚とご飯の間に大量の大根のつまが! 食べにくいので別皿に取る。これがこちらのスタイルなのかな。
 サーモンは美味しいが、ハマチはちょっとクセがあってイマイチ・・・。
 
「海鮮と陶器の城」という名の有田焼の器の店も併設されている。

 あちらこちらに美味しそうなものがたくさんあるが、早々は食べられないのが残念。
 少量で少しづつあればいいのに。
 そういえば佐世保バーガーの店もあるはずだが・・・どこだろう??


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する