天王川公園と鳥羽・志摩1日目 2


 白川IC から名古屋高速2号線に入る。

「お昼はー?」
「あー」

 あー、じゃないでしょっ。

 
     天王川・鳥羽ー21

     とんてき丼


 途中のSA で昼食。1時台に昼食を摂れたのでまあまあかな。 
 みえ食旅パスポートを持っていると各地で(ささやかな)サービスが受けられ、スタンプを押して送ると抽選で何か当るらしい。

 SA を出て伊勢自動車道で鳥羽までは行かず途中の松阪IC で降りる。
 あちこちに松阪牛の看板が。


 明和町の「斎宮歴史博物館」へ。


     天王川・鳥羽ー22


 斎宮とは伊勢神宮に仕える斎王(いつきのひめみこ)の宮殿や斎宮寮があった所。
 歴史館は斎王や発掘で出土した品々などを紹介している。
 少し前までBS で斎宮の歴史などを紹介していた(全10話)ので、いちどは行ってみたいと思っていた。
 今回はちょうど通り道。予定では帰り道(明日)に寄ろうかと思っていたが行かれるうちに行っておいた方がいい。


     天王川・鳥羽ー23

     斎王が乗った輿(葱華輦) これで京から伊勢の地へ


     天王川・鳥羽ー24

     内院 斎王の御殿の模型


     天王川・鳥羽ー25

     斎宮跡の出土品


 歴代の斎王の名前と在任期間、伊勢斎宮への群行の有無や古文書などじっくり見るとかなりの興味深い内容が。

 斎王というと京都の葵祭を思い出すかな。
 あちらは賀茂の斎王(現代人が斎王を演じるので斎王代と呼ばれる)で、出自や成り立ちは違うが神に仕えるお仕事は伊勢の斎王と同じ。


 展示品、出土品、映像などゆっくり見ていたら、この近くにある「さいくう平安の杜(発掘調査で発見された斎宮を復元した建物3棟─ 正殿・西脇殿・東脇殿─ が建つ)」の見学時間には間に合わなくて入れなかった。 (T_T)


 ここからは一般道で鳥羽市へ。

 伊勢神宮の外宮や内宮の表示が増えてきた。赤福の看板が見え出すともう伊勢市。
 ここまで来て伊勢神宮に行かないのもナンだが、時期が時期だけに混んでいるだろうから直前までどうするか迷った。
 おはらい町にも寄りたかったが、この時間ではゆっくり見て回れないので今回は諦める。
 相方は伊勢神宮に参った事もないので、また時間を取って行こう。

 夕方の5時50分。二見辺りでやっと海が見えた!
 今まで高速や内陸を来たので海は見えなかった。日本はほんと山国。

 さらに南下し鳥羽市へは海沿いの道を進む。

 今宵の宿は部屋数9室という小さなホテル。
 前身はおそらく銀行の保養所らしくこじんまりとして質素だが、リニューアルしたばかりで部屋はごく普通のツインだがとても綺麗で居心地は良い。
 何といっても窓から海が見えるのがいいね。


     天王川・鳥羽ー26


 フロントもレストランのスタッフも陽気で親切。感じのよい接客で満足。
 ただお風呂は小さめ。ま、9室しかないしね。 ← ほとんど貸し切り状態

 夕食は炉端焼き風の「かんてき料理」というそうな。


     天王川・鳥羽ー27

     前菜


     天王川・鳥羽ー28


     天王川・鳥羽ー29


     天王川・鳥羽ー30

     タケノコご飯とあさりのお吸い物


     天王川・鳥羽ー31

     抹茶ケーキ 豆乳のイチゴプリン アップルシャーベット ゆずのゼリー

 ぴょんはみかんチューハイを。相方はビール2杯とワインを飲んでバタンキュー。外食だとこれができないからね。
 量は多くないがぴょん達にはちょうどいいかな。
 今後は普通の和食を期待したい。



     天王川・鳥羽ー60








スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する