お利口コンロ


 今夜はさんま ♪

 キッチンのコンロを新しくしてからグリルを使うのは前回に続いてまだ2回目。
 そのせいか前のグリルより火力が弱いような気がする。
 実際には同じぐらいの時間で焼けるのだが。

 それより新しいガスコンロはお利口で、火力が強すぎたりフライパンに油分や水分が無くなるとチチチ・・とか言って火が小さくなるのだ。
 そしてしばらくするとボンッ! っと元に戻る。(ちょっと驚く)

 あれおかしいな、まだかな、と思って見ると火が小さくて・・なんて事しばしば。

 確かに前のグリルやコンロでもあったけど、時には水分が無くなっても強い火力でジュージューと続けたい時もあるでしょ。
 勝手に火力を替えないで!ってコンロ相手に文句を言っている。

 もちろんさんまを焼くグリルもそうなるので、庫内の温度が上がり過ぎると火が消えている・・・なんて事も。

 庫内(グリル)で火を使う・・そーいう設計なんでしょ。なんで消えるのよっ。

 そーいえば前のコンロも熱くなると勝手に火が消えたっけ。
 良いのか不便なのかわからん。


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する