四国1日目 2


 さて昼食だが、この参道で食べるのかと思ったら相方がうどんの専門店がいいと言う。
 み~んな専門店だと思うが・・・。

 ガイドブックに載っている店をナビに入れて行ったが、細くて軒先を通るような道に誘導された。
 なんだか田舎の親戚の家に行くみたい。幹線道路の間の近道になるのだろう。

 店は元あった(ガイドブックに載っていた)場所から少し移動したようで、いったん行き過ぎてまた引き返した。
 ガイドブックに載っているからか美味しいのか駐車場は満杯。店内も人が並んでいる。
 カウンタで注文してトッピングを選んで・・のセルフ。以前に食べた香川のうどんより汁がしょっぱめだった。冷たいのを頼んだがそうでもなく(お客が多いから間に合わない?)冷たかったらもっと美味しいだろうなと思った。


     四国2016-22


 今夜のホテルは高知県なのでここから南へ。
 善通寺IC まで戻り、高松自動車道に乗り川之江JCT から高知自動車道に。すでに2時。高知IC までは1時間ほど。
 四国に来たというのに相変わらず山ばかり。というか完全に山をくり抜いたようにトンネルの連続。19/1 19/2 の看板があるのでなんだろーと思ったら、連続19個のトンネルだそうだ。

 トンネルを抜けるたびに天気が違う。突然の雨になったり晴れたり。

「わー、山だー。高いー」
「言うな!」

 言わなくても見ればわかるけどね。

 前にも書いたがぴょんは佐幕派なので坂本竜馬には興味が無い。
 相方もなので街中の記念館には行かず・・それでも桂浜には行きたいと相方が言うので高知IC を降りまっすぐ海に向かう。
 道すがら「はりまや橋 → 」の標識。ちょっと心引かれるが、時間があったらととにかく海へ。

 途中、浦戸大橋という橋があってここへの道がちょっとした下り坂になっている。かの “べた踏み坂” まではいかないが、それでも急なので帰り(登り)が楽しみだ。
 相変わらず相方は唸っていたが。 ← 苦手 
 ただの坂ならいいが、橋なので下(川)が見えるもんね。


     四国2016-32


 桂浜も完全に観光地だね。
 車が次々と吸い込まれる駐車場は満杯。中国か韓国のツアーも多い。
 駐車場から浜まではそう距離はないが起伏が激しくて、ここも階段と坂。こんぴらさんの後なのでひびく~~。


     四国2016-23

     一応、坂本竜馬像に御挨拶。が、完全に逆光で真っ暗。

 像は浜辺近くに建っていると思ってたけどこんな丘の上だったなんて。
 建立当時はわからないが、今は木々が育ち遥か太平洋の向こうは見えにくいだろう。

 ここから桂浜へ降りる。
 ずーーっと横切って(とちゅうに水族館があり、とどの吠える声が聴こえる)龍王岬の展望台へ。


     四国2016-33

     海津見神社

 か、階段がしんどい。


     四国2016-24

     展望台より桂浜を


 こんなに海の近くにいるのに海の香りがしない。
 綺麗な海だがここは海流が複雑で夏でも遊泳禁止だそうだ。

 駐車場近くにはお土産屋さんがたくさん並んでいる。
 まだ4時過ぎだが店じまいを始める所も。観光案内所も閉まっていた。桂浜のチラシなど欲しかったのになあ。(今回は少ない!)

 今夜の宿は隣の伊野。1時間ぐらいかな。
 小さな町でホテルの周りには店も無いだろうから(そーいう所を選んだ)飲み物などコンビニで買っておこう。

 国道を行けばいいので簡単だが、なぜか田舎道に誘導するナビ。
 実はここでぴょんはミスをした。
 桂浜から伊野へ行く道はいくつかありその候補がナビで出るのだが、来た道を戻るコースを選ぼうとした相方に、

「こっちの方が近いね」

 と、つい言ってしまった。
 その道はあの浦戸大橋を通らない道なのだ。(言ってしまってから気が付いた)

「あ、やっぱりこっちがいい!」
「もうセットしちゃったよ」
「えー、べた踏み坂がいいー」
「海が見えるコースを選んだんだからいいじゃん」

 結局相方が選んだ橋を通らない道になった・・・。が、海と平行に走ったのはわずかですぐに山の中に入った。くそぉ。

 方向は間違っていないがコンビニが無い。出雲や岡山もコンビニが少なくて困ったっけ。スーパーでもいいが余計に無い。
 が、ちょっと大きな町に入るとやはりあるね。よかった。

 ホテルを探す時、高知市内かちょっと外れた所かと迷ったが仁淀川(によどがわ)近くに建つ公共の宿にした。
 高知といえば四万十川、吉野川が有名だがこの仁淀川は高知三大河川のひとつで、水質は四万十川に負けずとも劣らずの美しさ。
 一級河川中第一位の「奇跡の川」と呼ばれている。
 NHKの特番(この放送は知らなかった)で、青く輝く水の色は「仁淀ブルー」と称されたそうだ。


 部屋は8階。
 窓を開けてベランダに出たいが、虫が多くて無理なのが残念。

 ぴょんはホテルを探す時は楽天トラベルを使う。
 ここも楽天で見つけて予約しようとしたら、ホテルの会員になった方がわずかだが安いしいくつかの特典も付く。なので仮会員になって予約した。
 いわゆる「かんぽの宿」なので一般のホテルとは違い豪華ではないが落ち着ける。

 夕食はレストランで。
 これがまたすごくて・・・写真では見ていたが量が多くて食べても食べても無くならない。


     四国2016-25


     四国2016-26


     四国2016-27


 こーいう所はぴょんが飲むようなお酒は置いていない所が多いが、ここはゆずのチューハイがあったので頼んだ。甘くて美味しい。(夕食の写真が1枚足りない。保存がうまくいかなかったのか)

 会員特典のおまけ料理は相方がお造り、ぴょんは一口ステーキ。
 もちろんデザートもあったが写真を撮る前に食べてしまった。

『ババロア、ゆずゼリー、生クリームさくらんぼ乗せ、メロン(これは特典会員のみ)』 

 今回は温泉(大浴場)がある。下から勢いよく泡が吹き出すジェットバスが気持ちよかった。
 疲れているのにお酒なんか飲んだのでそれはそれはよーーく眠れた。



     四国2016-35



     四国2016-36

     ゆずサイダーとホテルで出たお菓子
     なんでトイレットペーパーが? と思うでしょ。これも特典のおまけ。白檀の香りがすごく良い。





スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する