隣の市の図書館へ


 今夜は相方が出張で留守。でも息子達はいるのでご飯を作らねばならぬ。
 七夕の夜にいないとは・・・逃げたな。 (-"-) 


 あるエッセイの1巻が読みたくて隣の市の図書館へ行く。
 ぴょん市の図書館には2巻目(まだ読んでいない)からしか置いていないのだ。

 蔵書が無い時はリクエストすれば購入してくれるが、そのエッセイはマンガなのでリクエストによる購入は出来ない決まり。(そう言われて初めて知った)
 それでも府立の図書館にあれば借りてくれるが、そのシリーズだけ無いのだ。

 内容は2巻から読んでも通じるのだが、カーリル(図書館蔵書検索サイト)で検索すると・・・隣の市の図書館にあった。
 近い方の図書館(といっても徒歩で30分掛かるが)は貸し出し中。バスで10分程の館には在書している。

 しかしぴょんは隣市とは関係が無いので、閲覧はできるが貸し出しはできない。
 在書の有無は自宅のパソコン情報なので、いつ貸し出されるかわからない。
 行ってみて書架に無い・・という事もありうる。

 が、

 ええい! うだうだ言っている間に行ってしまえ!

 朝の家事を済ませてバスに乗って隣市へ。
 書架にあったので無事読む事ができた。
 ついでにもう1冊読んで・・・で、帰って来た。その近くにはぴょんの興味のある場所は無いので。(体力があったらケーブルカーで行く八幡宮に行っても良かったが・・今日も暑い・・)

 帰りに買い物をして、結局いつもパソコンを始める午後の時間には帰宅した。

 今夜は息子達と3人だが帰宅時間がバラバラなのでのんびりはできなくて、なんかいつもと変わりないなあ・・・。


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する