好み

 夫婦とはいえ個別の人間だからあたりまえだが、ぴょんと相方では食べ物の好みがまるで違う。

 相方はご飯でもパスタでもとにかく柔らかいのを好む。特に麺類は、「離乳食か!?」と思うほどクタクタのものがいいようだ。反対にぴょんは固めが好き。
 味も相方は辛め、ぴょんは辛いのは苦手。チリ風味マーボ豆腐を作ってもぴょんは食べない。

 だがもっともその違いが出るのが飲み物だ。

 2人共コーヒーやビールはほとんど飲まないが、その他の飲み物は2分する。
 たとえば市販の2リットルのペットボトル飲料に限れば、お茶系では「伊右衛門」「おーい、お茶」などちょっと渋みのあるものを好む相方に対して、ぴょんは「壮健美茶」や「十六茶」などあまりクセのないのが好きだ。

 スポーツドリンクも相方は「アクエリアスのビタミンガード派」、ぴょんは普通の(白い)「アクエリアス」か「ダカラ」。
 したがって夏のこの時期の冷蔵庫にはそれぞれの好みの飲み物・・・さらに紅茶や野菜ジュース、麦茶、ウーロン茶、コーラス(乳酸菌飲料)なども入っていてえらい事になっている。(書いていて、こんなに入っているんだと感心してしまった)

 そして・・・。
 ぴょんは決してかか弱く・・・はないが、毎回毎回2リットルのボトルを出し入れするのは大変なので、お茶とスポーツドリンクとを500mlのペットボトルに入れ替えている。
 これだといちいちコップに注がなくても飲めるし、洗い物もなくなる(とにかく手を抜く主婦)

 だがその分、ペットボトルの数も増える。夏の一時期は冷蔵庫内の半分はペットボトルか!という状態になるのだ。

 だがこんなにも飲み物が充実しているのに、ゴクゴクゴク・・・と一気に行けないぴょんは・・・か、可愛そう・・・。


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する