「花咲村の惨劇」 実写


 うーん・・・(また唸っている)
 良くも悪くもなく簡単にまとめたなあ。

 やはり小泉孝太郎では癖がなくビジュアルも弱い。
 線が細すぎてやさ男(に見える)で、耕作の不敵なオーラが出ていない。
 この前の「温泉シリーズ」といい、この局は吉村世界を作る体力はないね。

 実は耕作は淳さんの “小説における三大惚れた男” の1人だそうだ。
 後の2人は幸いまだドラマ化されていない。(その時が来たら怖いので、淳さんに近寄らないようにしよう)

 この「朝比奈耕作シリーズ」は鳥、風、月・・・とさらに40冊近く続くシリーズだが、まさかそこまでは無理だろうな。このキャストでは見たくない。
 あまりに違い過ぎてかえって冷静に見られたのが可笑しい。

 次週は和久峻三原作の「あんみつ検事」か。
 小説からドラマ作品を作るしか術がないのか、もう。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する