出雲松江鳥取3日目 2


 そろそろお腹が空いたなあと思っていたら、山の中に突如大規模なドライブインが。
 白兎海岸の道の駅までは持ちそうに無いのでここでお昼。 


     出雲松江鳥取101


     出雲松江鳥取102

     またまた 3色割子そば


     出雲松江鳥取103

     風車  

 海沿いの道に何十機もの風車が連なる。風が強いって事だね。


     出雲松江鳥取107

     白兎神社

 「因幡の白うさぎ」といった方がわかるかな。
 うさぎがワニ(サメ)を騙して海を渡り、バレてその皮を剥がされたという神話。助けたのは大国主命。その白うさぎが大兎大明神あるいは兎の宮白兎大明神として祭られている。


     出雲松江鳥取108


     出雲松江鳥取109


     出雲松江鳥取110

 参道にはうさぎがいっぱい。


     出雲松江鳥取111

 皮を剥がされ塩水で洗い、さらに真っ赤になった体を洗い治療したといわれる御身洗池(みたらしいけ)
 その話から皮膚病ややけどなどに効く神社として信仰されている。


     出雲松江鳥取112

     お社


     出雲松江鳥取113

     大国主と八上姫、そして縁結びの白うさぎ(ああ、姫のお顔が暗い)


     出雲松江鳥取114

     白兎海岸 因幡の白うさぎの舞台
     沖合いに浮かぶのは白兎が渡ったとされる淤岐ノ島(おきのしま)


     出雲松江鳥取115

     道の駅 神話の里白うさぎの命(みこと)駅長


 ここから鳥取砂丘まではあとわずか。
 だがすでに5時近いので砂丘のサービスセンターなどはもう閉館時間だ。

 ナビに適当に「鳥取砂丘」と打ち込んだせいか、なんか違う所に連れて行かれそうになって・・・でもぴょんはン十年前に来ているのでここじゃない! と引き返し・・・遠い昔なので実際には覚えていないが・・・やっとガイドブックに載っている辺りに辿り着いた。

 砂丘センターやジオパークが並ぶメインストリート。この辺りの店の駐車場も無料なので助かる。(有料もあるので注意!)

 旅行の計画を立てている時にぴょんが、

「当然、砂丘に登るよね」

 と、訊くと

「えー」

 と、拒否していた相方だが、ここまで来て見て終わりはないだろう。

「馬の背(第二砂丘列)から見る日本海が綺麗なんだよ」

 と、ぴょん。


     出雲松江鳥取116


     出雲松江鳥取117

 実際に目の前にしたらやはり行きますよ、歩いて15分程の馬の背に。
 が、・・・あれ? こんなに狭かったっけ?? 砂丘がひどく狭く見える。砂も少ない?
 なにせン十年前の記憶だからなあ。それも女の子同士できゃあきゃあ言いながらなのでよく見ていなかったのか?
 
 でも入口付近からは見えない日本海を見たい。
 はりきって相方を引っ張って行ったのはいいが、これが歩きにくい!
 思ったほど砂には埋まらないが登り斜面が急で! の、登れない・・・。
 何回か休み、相方に引っ張ってもらってやっと登り切る。


     出雲松江鳥取124

 残念ながら天気が良くなくて海の青さが出ていない。
 そう、昔に見た時は日本海の青さ美しさに見惚れたが。
 水際まで行かれるが、それにはこの急な斜面を降りなければならない。今のぴょんでは無理。サンドスキーかソリでもあったら・・・いや、絶対に転がる。
 ン10年前の若かりし頃にはここを降りたのかな? 水際まで行った記憶があるが・・・降りられたんだ。


     出雲松江鳥取118


     出雲松江鳥取119


 お土産が買えるのもここが最後。梨好きなので梨のお菓子は嬉しい。(果実があればもっとよかったが)

 6時過ぎに砂丘を後にし帰途に。
 砂丘への観光の便を良くするために、市内から山陰自動車道まで鳥取自動車道が繋がっている。
 作用JCTまで1時間。山陰自動車道に入る。

 幸い道は空いていて快調に飛ばす。
 途中十何台ものジープを追い越した。陸自? 駐屯地祭があったのかと思ったが、もしかしたら熊本に派遣されていたのかも。(これが後日そうだとわかる)
 九州は観光客のキャンセルが続き、その分中国や四国地方に客が流れるかと思ったがそうでもなく、GWだが混んで混んでいやになったという事はなかった。

 高速に乗った時は照明も町明かりも少なかったが、都市部に近づくにつれ周りが明るくなってきた。夜なのにね。
 8時半には大阪に入る。高速を降りてぴょん市に向かう。

 9時を過ぎていたので前に混んでいて入れなかった回転寿司に・・いや、ここ回らないのだ。タブレットで注文するとレーンを走る乗り物が席まで運んでくれる。
 家に帰ったのは10時近かった。よく回ったなあ、3日間で。まだまだ行きたい所はあったが一回目としてはまあまあだ。

「今度は夏かな」

 と、相方。

 ま、当てにしないでいましょ。


     出雲松江鳥取120

     松江城周辺


     出雲松江鳥取121

     白兎海岸 鳥取砂丘


     出雲松江鳥取122

     松江土産


     出雲松江鳥取123

     鳥取土産 ほんとんお菓子 (^_^;)
     
 女性の絵が書かれた缶は二十世紀梨のチューハイ。1本200円で袋付きだと5本で1050円。
 袋なんて絶対いらないだろうに相方が欲しいと言うから買ったが、袋は未だ使っていない。






スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する