余震が続く熊本


 熊本の地震の余震が嘗てないくらいの頻度で続く。
 テレビの地震速報もしきりに鳴っていて、どれがどの余震の速報なのかわからない。

 災害が起きると必ずその地の役所などに電話で話を聞くNHK。
 電話の向こうの喧騒を無視して災害地でさえまだ不確かな事を長々と聞いて、それどころじゃないだろうと気の毒に思っていたら今回の熊本の地震では民放も同じ事をしていた。

 役所や公共機関はマスコミに正しい情報を提供するべきなんだろうけど、まず現地での対応が先だろう。
 現地だって地震直後でまだ確認できていない事を長々と聞かれても答えられないだろうに。
 さも、「大変だ、大変だ」の方向に持っていく聞き手もいるし。
 状況を把握できていない現地の人は、「・・そうですね」としか言いようがない。

 暗くまだ余震の続く中、子どもを連れて路上避難していた女性がNHKのレポータに、「(地震は)どうでした?」と聞かれ、迷惑そうにひと言だけ答えてあとは拒否していた。当然だね。

 情報を様子を届けるのはテレビ局の仕事だけど・・聞き手の無神経さに腹が立つ。



スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する