宇治桜まつり


 宇治の桜まつりに行く。

 ぴょん家から1時間も掛からないが電車がすごく混んでいる。
 みんな花見に行くのかな。
 考えてみれば桜はまだ咲いているのだから何も混むだろう日に行かなくても・・と思うが、明日は雨の予報だし行こうと思った時に出ないと行かれなくなるかもしれないしね。 


     2016花見1

     宇治橋から中の島方面を

 あれ? 宇治の桜ってこんなだったっけ? 以前見た時はもっとブワーと咲き連なっていたと思うけど。
 サイトには5分咲きとあったがほぼ満開。桜の木が少なくなったのか?


     2016花見2

     紫式部


 表参道に一歩入るとお茶の香りに包まれる。息子Yリクエストの茶だんごは帰りに。

 宇治川の中の島(橘島、塔の島)では桜まつりが。


     2016花見3


     2016花見5

 でも店(テント)が出ているので桜が見づらい。
 それに地元のゆるキャラのアピールなのかその歌が流れていて結構うるさい。
 桜だけを見るならまつりの日でない方がいい。
 ぴょんは桜はもちろんだが炭山陶器の出店があるので今日にしたけど。


     2016花見4

     天ぷら宇治茶漬け タケノコ、蕗、エビの天ぷら 三色団子
     地味だけど宇治茶にダシが加えてありいい味 

 ひと通り見て回りここから徒歩で10分ほどの源氏物語ミュージアムへ 


     2016花見11

     その道行にある宇治神社の桜

 ここ宇治は源氏物語宇治十帖の舞台。
 展示は少なく物足りないが映像はなかなか。

     2016花見6

     八の宮邸を垣間見る薫の君

「よみがえる源氏物語絵巻」と題され、「浮船」と「橋姫」の2本。
「浮舟」は浄瑠璃のようで人形の完成度が高い! と思ったら人形と衣装はホリ・ヒロシさんだった。納得。
「橋姫」は実写だが・・・役者がヘタでおまけに「橋姫」を知っているぴょんが見ても話がわかりにくかった。

 入場者も多くないのに成り立っていけるのか? と思ったが、宇治市の施設なのでこの完成度を保てるのね。


     2016花見7

 お土産を買うために桜まつり会場に戻り表参道へ。
 ここへ来るといつも買う店の茶だんごが最後のひと箱だった。あぶな~~。


     2016花見10

     宇治中の島周辺の観光マップと源氏物語ミュージアムのパンフ


     2016花見8

     茶だんご 三色団子(煎茶、抹茶、ほうじ茶) くずのお菓子
     右下の「走り餅」は宇治ではなく八幡のお菓子(花見に行った息子Yのお土産)
 

     2016花見9

     炭山陶器





スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する