「臨床犯罪学者 火村英生の推理」


 主役の2人は好きな役者さんなので、火村とアリスのイメージとは違うがそれを承知で見たら・・・ひぇー、2人よりイメージの違う人物が!
 火村の下宿先のばあちゃん! な、なんでああなった?
 ・・ああいうイメージだったの? 有栖川さん。ぴょんは日本家屋が似合う田舎のばあちゃんのイメージだったが。

「人を殺したいと思った─」
 を、あまりメインにもってきてほしくない。
 視聴者にしてみれば興味が出るだろうが、現場を見て火村はあんな表情はしない。
 自身が犯人と思わせるような演出はやめてほしい。ミステリアスどころか、かえって薄っぺらいものに見える。
 また笑顔の火村にも違和感がある。アリスならわかるが。

 しかしなんで1話目に「絶叫城」を持ってきたんだろう。
 わかりやすい話だから? 確かにこの作者のミステリは1時間解決では無理。

 それにしてももっと面白い・・たとえば「国名シリーズ」なんか映像で見られたらいいなー。(劇場版向けだな)
 これからか?
 その証拠にあちこちで張られている伏線。
「あ、これって」
 と、目に付くのはやはり小説読みならではの特権。

 文字(小説)だとあんなに濃いミステリな話なのに、映像になるとこうも単純な詰らないものに感じてしまうのはなぜだろう。
 イケメンな2人なのに。 ← そこ?

 まだ1話なのでこれからに期待したい。好きなシリーズだからね。

 でも20年読み続けてきて火村の心の闇が解明されていないのだから、ドラマで簡単に開かしてほしくないなあ。


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する