『古事記の世界』


 長留守中に録画した番組をせっせと見る。

 昨日今日で『古事記』のSPを2本消化。
 再放送だが、前は見逃したので今回はセットしておいた。
 今さら? 感もあるが、いつか古事記所縁の地を巡りたいと思うのでそのおさらい。まだ続くのでディスクにダビしよう。

 ところでぴょんが若い頃に聞いた言葉と今の言葉が違う事ってあるけど・・・。

 この番組のナレーションでも、古事記でお馴染みの「高天原」を「たかまのはら」と言っている。昔は「たかまがはら」だったが。(実は両方正しいらしい)
 おなじく「天岩戸」もぴょんは「あまのいわと」だったが、番組では「あめのいわや」と。
 もっともこれが神社になると、「あまのいわと(じんじゃ)」になるが。

 神様の名も「あまの─」もあれば「あめの─」もあるので・・・読み方の違い?
 いや、原文の通りにしたのだろうか。(ぴょんは原文では読んでいない)

 個人的には「あまの─」がいいな。
 シロクロの「サイボーグ009」に「天かける巨人」というぴょんお気に入りの話があるが、これも「あまかける─」だ。「あめかける─」じゃなんか変だもんね。

 たとえ今言っている言葉の方が正しいとしても、長年聞いてきた言葉と違うとすごーく違和感を覚える。


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する