東北旅行1日目


 雨だー。覚悟はしていたが傘を持っての旅行はなんか面倒。
 うまくすれば現地では使わずに済むが。

 東京駅集合6時45分。
 ツアーの旗を持った添乗員さんはすぐにわかった。子供たちの小学校の先生に似ている。

 前にも書いたが、新幹線のチケットをもらって後は銘々でホームまで行くのでその時間までに朝食のサンドイッチを買う。
 ぴょんは東京駅の多彩な駅弁にしたかったが、母は軽いものがいいというので。(ぴょんだけ別に買ってもよかったんだけどねー)

 東北新幹線は空いていて・・・いや、それ以上にこのツアー参加者が少なくて、全部で14名。新幹線の3人席を2人で使う。

 目的地まで3時間。
 お疲れなのか母はちょっと居眠り。ぴょんは行程を確認。あまり先に見てしまうと楽しみが減るので今まで見ないようにしていたのだ。
 長いと思っていたが朝食を摂ったりぴょんはコートの中側にボアボア(暖かい)を付けたりボ~としているうちに(これが多い)盛岡駅に到着。思ったより寒くない。

 駅で待っていたバスガイドさんと合流。
 母はガイドさんにくっついて・・というよりガイドさんより先に出て歩く。元気だ。

 昔、松島で母と妹と3人で現地ツアーに参加した時、妹が私たちと一種にいないでガイドさんの後にぴったりくっついて歩いていたので、「私たちは信用ないんだねー」と母と笑い合ったけど、今はぴょんが信用ないのか?
 そういえば立ち上がる時に大変そうだったので手を貸したら、「老人扱いするな」と苦笑された。立派な老人なんだけどねー。

 観光バスに乗り換えるが、49人乗りを14人で使うので2人でひと列(4人分)の広さ。一応前の方が指定席になるが後ろに移動してもOK。
 参加者はやはり年輩の方が多く、ぴょんよりお若い方は1人だけ。

 盛岡からもう少し北上する。
 雪の岩手山がきれい。


     11-2

     昼食 比内地鶏の親子どんぶり 

 昼食場所のホテルを出たら小雨が。東京から追いついてきたか。



     11-2-2

 発荷峠の展望台からは十和田湖が一望できる。が、天気がイマイチ。
 実はこの辺りはもう紅葉も終わっているが、それでも晴れていれば青い湖面がきれいに見えていただろう。

 峠を下り十和田湖に向かう途中、道路際に「乙女の像」が。
 聞いていなければ絶対い見逃していたわ、ここ。
 ガイドさんが、「“乙女”ならず“太めの像”と言われていて─」
 体が太いそうだ。(車窓からなのでよく見えなかった)


     11-2-3

     十和田湖上遊覧船 


     11-2-4

     岸辺の紅葉 


 雨が降っていたのでみなさん船内からの眺めだが、やはり外の方が綺麗に見える。
 休屋から子ノ口までの50分があっという間。小雨降る天気が残念!


     11-2-5

     奥入瀬に向かう車内から  
     バス前方は紅葉のトンネルになっている 


 奥入瀬渓流は景勝地としてよくテレビで紹介される。
 14キロ続く渓流で、渓流沿いを歩けるようになっているがほぼ自然道なので足場はよくない。それもあって今回は見どころの2か所だけ。(もっとも14キロ歩いたら1日掛かりになってしまう)


     11-2-6

     銚子の大滝 奥入瀬渓流の本流唯一滝 幅約20メートル 

 もう1か所は「石ヶ戸」(写真がない!)
 2本のカツラの木に一枚岩が寄り掛かり小屋のように見える。 


     11-2-7

     三乱の流れ 点在する岩々がいくつもの流れを作る 

 シーズン中で混んでいたら車窓からの見学のみになったので降車できたのは良かったが、できればここもゆっくり散策したい。


 このツアーは宿泊地(ホテル)が2館のうちから選べる。
 ぴょんは「星野リゾート 青森屋」を。ここがあったから選んだようなもの。

 入り口でポニーくんがお出迎え。荷物運びをしているここの社員だそうだ。

 星野リゾートのイメージは高級で静かで荘厳で落ち着いていて、日常を忘れるために部屋には時計やテレビがないというがここはツアーを受け入れているのでそこまで静かではない。時計はないがテレビはあった。


     11-2-8修


 お茶とお菓子で休憩して館内探検に。ぴょんも母も好奇心いっぱいの子どもみたい。
 添乗員さんは、「広くて迷う」と言っていたが造りを覚えてしまえばそう難しい館内ではない。ぴょんは前もってネットで館内図を見ていたのでOK。


     11-2-9

     りんごちょうちんの廊下


     11-2-10

     りんごジュースが出る蛇口 


     11-2-11修

     ショーが行われるじゃわめぐ広場



     11-2-12

     玄関を入った所にりんごタワー


     11-2-13修

     ラウンジ


 夕食はバイキング。
 本当は母のために部屋食を選びたかったがその設定は無く、「バイキングでもいいよ」と言うので。     


     11-2-14

 はらこめし サケの燻製サラダ ほたてご飯 刺身 ステーキ 鳥の空揚げ ポテト シュウマイ

     
 
     11-2-15

 てんぷら せんべい汁 はらこめしとサケの燻製サラダをおかわり

 
     11-2-16


 まだまだいく 燻製サラダ絶品! あ、野菜サラダもね

 もちろんデザート(チョコレートケーキやぶどうなどなど・・・)もコーヒーもしっかりいただいた。
 母の健淡さにもびっくり。ぴょんとあまり変わらない量をたいらげた。
 かなり品数があり美味しかったが、さすがにこれ以上は無理。残念!!
 


 

     11-2-17

     じゃわめぐ広場でのスコップ三味線ショー 本物の三味線ショーも

     11-2-18

     あ、枯れてる!



 ここの露天風呂は有名だそうでガイドさんが、「ときどき池に入っている方がいるので気を付けて」と言っていたが、なるほど露天風呂への道と池が隣接している。
 明るければわかるが、ライトアップされているとはいえ夜ではわかりずらい。(写真の丸く見える所がお風呂。その周りは池)

     11-2-19


「足を入れたら冷たくて、すぐ横をコイが泳いでいたらそこは池です」
 そりゃ触ればわかるよね。

 風呂の端まで行くとその向こうはすぐに池なのでコイがわんさかと集まってくる。その数2、30匹! 近すぎてコンッと頭を叩ける。
 何か貰えると思っているのかな。裸だから何もないよ。

 年輩者が多いツアー企画のせいかそれほどあわただしい行程ではないのであまり疲れてはいない。明日も9時出発とゆっくりだ。

 ベッドの寝心地最高!
 硬すぎず柔らか過ぎず体にフィットして…枕も珍しく頭に合ってぐっすり眠れた。


     11-2-20


     11-2-21











スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する