サッカーワールドカップ2018 アジア最終予選


 サッカーワールドカップ2018 アジア最終予選 日本VSオーストラリア 

 この試合に勝てば、あと1試合を残して日本は本戦の出場権を獲得できる。

 今までの最終予選で日本はオーストラリアに勝利した事はない。
 おまけに今日負けると本戦に出られない可能性が高い相手は、必死に食らいついてくるだろう。
 が、今回は験の良いさいたまスタジアムだしオーストラリアの選手もだいぶ代わっているからナントカなるかもと思っていたが、試合を見てこれは勝てると思った。

 今までのオーストラリアの最終ラインは3バックだったが、今回は4バックに替えたようだ。
 そのため中盤にたくさんの選手がいる割にはうまく機能していない。ゴール前でボールウォッチャーになっている。日本の1点目がその例だ。(てっきりオフサイドかと思ってすぐには喜ばなかったが、あとで見るとオフサイドではなかった)

 日本のプレスも効いていたが、以前は身長や体格が勝る相手はそれを武器としかなりの勢いで日本を押してきたのに今回はとても大人しく見えた。
 決して乱暴な試合をするチームではないが、それでも身長差やメンタルで敵わない事もあった。

 しかし今日の日本は大きな相手に負けない体力と体の使い方そしてメンタルの強さを発揮し、一時攻め込まれたが今までの試合よりは遥かに安定し安心して見ている事ができた。

 勝つと思った。

 結果は 2 - 0 

 日本が本戦出場を決めた。

 いい試合だったよ。
 でももし、得点王のユリッチと日本キラーといわれるケーヒルがスターティングメンバーで90分出場していたら・・・結果は変わっていたかもしれない。

 ま、何にしても勝ったのだからそれで良い。
 いやまだ予選に通っただけ。いま始まったばかりなのだ。善勝を願う。

 東京に行っている息子Y は渋谷に行ったかなあ。 ← 遊びに行ったんじゃないぞ


「オカマ掘られた~」

 と相方。え、誰に? ← 危ない 

 車の後ろに追突されたのだという。
 幸いリアバンバーとナンバープレートが傷ついただけで済んだし、相手も謝罪し警察を呼んでの和解となったので(もちろん修理はしてもらう)いったん自走して帰って来たそうだ。
 相手は若い子だというし怪我がなくてよかった・・・ん? ナンバープレートがデコボコ!

「これ直るの?」
「ピチッと綺麗にはならないだろうな」
「えー、直してよ! ピチッ! と綺麗に!」

 淳さんの好きな数字が3つ入っているプレートだ。
 デコボコでは淳さんに何言われるかわからないぞ。

スポンサーサイト

忙しかった8月



     8月スケジュールカレンダー


 1年で1番忙しい8月のスケジュールカレンダー。ほとんどがぴょん以外の予定。
 ぴょんがわかればいいので、かなり省略されて書かれている。

 

大量の玉ねぎ


 相方が会社の同僚(実家が農家)から玉ねぎ貰ったんだけど、その数20数玉!
 嬉しいけど・・・嬉しいけど・・・多すぎる。

 冬なら野菜ストッカーに入れておくけど今の季節は無理なので冷蔵庫の野菜室へ。
 下半分埋まったぞぉ。


「火・水、お弁当いらないって言ったけど、おにぎりにして」

 と、息子G。

 木曜日まで作らなくていいと思ってたのになあ。ちぇー。

 玉ねぎ炒めておにぎりの具にするのってどうだろう・・。

着信音


 ぴょんのケータイの電話の呼び出し音は昔なつかしの「リリリリリ・・・」だ。
 と、いっても黒電話とまったく同じ音というわけではないが。

 以前は曲にしていたが、それだと店内で鳴った時に店内音楽と混同して気が付きにくい。
 が、「リリリ・・・」の呼び出し音も、もう長い間聞いていないせいか(固定電話も曲)やはり気が付きにくく、おまけにポシェットのファスナーの付いたポケットに入れているのであわてて取り出すと切れたという事もしばしば。

 今日も店内で息子Y から電話を貰い、ファスナーをつっかえながら開けて出た。
 かなり鳴らしたようだ。

 もう少し音量を大きくすればいいのかな。


朝だけ涼しい


 今朝はすごく涼しい。
 ずーっとこうだといいな~と思ったが、1時間もしないうちに暑くなる。

 九州からカーフェリーで帰ってくる予定の息子Y。
 朝に着くと言っていたが神戸なので、うちに着くまでには2時間は掛かりそう。

 今日は買い物に行かなきゃなあと思い、出掛けようとした時に帰って来た。
 一応昼食の用意もしたが自室で寝てしまい食べずじまい。

 フェリーは個室を取ったというから、1人のんびり寝てきたんじゃないのか?
 今日は休みなので放っておいたが。


買物をサボる


 朝から湿度が高くて気温も高くてたぶん暑いと思うんだけど・・・暑さを感じない自分は危ないかもと水分取っていたらお腹ガボガボに。

 洗濯を済ませて・・・なぜかかったるくって買物をパスしてしまった。
 午前中に1時間ほど寝たら少しはマシになる。
 ご飯も食べられるしパソコンも出来るので体調が悪いわけではないと思うが・・・夏バテ? いや、違う。

 息子Y はまだ九州なので夕食いらないし、昨日のカレーがあるので大丈夫だと思ったら息子G も仕事場に泊まるといので結局相方と2人の夕食。
 カレー余っちゃったー。

 しかし家族が2人減るとやる事なくて、どうしようと思うほどラクだわ。


暑い日にカレー


 息子Y が九州に出張。
 帰りはフェリーで26日の朝に神戸に着くとか。

 いいなあ、フェリー。
 ぴょんも次回の旅行は船旅(ささやかだな)がしたい。


 家族が1人いないので(それだけ家事がラクになるから)どこかへ行こうかと思ったが、暑くて暑くてさすがに外に出るのがしんどい。
 ご飯も考えられなくてカレーにしちゃったし。なので今日はいつものようにおうちでダラダラ。
 珍しくエアコン入れるくらい暑いゾ。

 しかし、なんでこんな日にカレーにしたのか・・・。
 メニューを考えなくてもいいけど作るの大変なのに。


雷雨


 朝から空気が暑い。
 これは午後は雷来るなあと思ったらやっぱり来た。
 それも集中豪雨と共に。

 予報では15時頃に雨だったので2時間前にパソコンを点けたら、その直後にゴロゴロ・・・。
 終了してBD でも見ようかと思ったら空中に稲妻が走って雷鳴が。
 どこかに落ちたようだ。(後から知ったが電車の施設に落ちて数時間電車が止まった)

 でも降ってやんでまた降るを繰り返しているので、本当に狭い地域での豪雨なんだな。

 結局、雷がずーっと鳴っていてパソコンできないし、テレビも雨の音で聞こえない。
 暑いけどエアコンいれたら確実に寒い。

 ややこしい午後だ。


1人だ


 息子G は本来月曜日は休みなのだが、今日は1泊でキャンプ(仕事)
 これで夏休みの行事はひと段落するのか?

 相方も息子Y も出勤なので久々のぴょん1人!
 いや~ラク~。
 やる事はたくさんあるが、自分のペースで出来るっていいねえ。

 とりあえずは洗濯物を片づけてしまいたい。
 洗うのはいくらでも洗えるが、ベランダが狭いので干せる量は少ないのだ。

 ただ天気はいいので大方は午前中に乾くから、午後からまた洗濯機を回そうと思えば回せるが・・・やらない。 (^_^;)


夏休み終わり!


 今日で家族の夏休みも終了。(息子Y は16日までだったが)

 4人いるからお昼のそうめんは茹でるのが大変、と思ったら、息子G は、「車貸して」と男友達とドライブ& サッカー観戦に行ってしまい昼夜食事いらないって。
 息子Y は買ったばかりのロードバイクで、「走ってくる」
 だが昼食いるらしい。

 このロードバイクね、一昨年(だっけ?)に買ったクロスバイクとは桁がひとつ違う高価なもの。
 それでもロードバイクの世界では安価らしい。

 さすがに玄関前に置いておくのは不安だと、部屋の壁に突っ張り棒を張りめぐらせ引っ掛けて保管している。
 つまり自分の机のやや上に自転車がある状態。

 どこかで見たな、こんな図・・・。(しまなみ海道などの自転車用の宿はこんな感じだった)

 そのため、学習机の本棚(宮?)の部分だけ外して処分する事になりそう。
 息子G も外しているし・・・大きいから結構邪魔のようだ。
 そのうち机の方も処分しないとならないね。

 息子達が独立したらこんな大きな机は持って行かれないだろうし、ぴょん達も相方が定年になったら今のような広い所には住めないだろうし・・・。

 徐々に片づけて行かないと。


またいつもの日々が


 旅行の行程半分を雨にみまわれ肌寒かったのに、帰って来たとたん晴天の暑暑に。
 そりゃ場所が違うのだからあたりまえだけど、あまりの違いに体が付いて行かない。

 それでも旅4日分と息子達の洗濯物(留守中1回は洗濯したらしく、そう多くはないが)は今日1日では片付かない。
 今日明日は休みでまだみんないるし。
 と思ったら息子Y は月に1回の土曜日出勤。

 金沢で買ってきた水引きのストラップがない~~と探しまくり・・ガイドブックの間から見つけ出す。
 なんでこんな所に?
 小さいし平べったいから入り込んでも不思議ではないが・・・??


 ああ、またいつもの日々が始まる。


能登半島と金沢4日目 2


 金沢から向かうと白川郷IC より先に五箇山IC 現れる。
 こちらも行きたいところだが、時間の関係で今回は素通り。

 白川郷のガイドブックによると、村内は限られた車しか入れない(走れない)そうだ。
 合掌造りの建つ範囲は狭いから車で乗り入れたらたちまち渋滞してしまうだろう。
 そこでまず、車で行かれる萩町城展望台まで行く。
 が、これがわかりずらくて。狭い範囲だが案内板が少なくて・・おまけに車が入れない所もあってちょっと迷ってしまった。
 村内に入る車を規制している警備員さんに聞いてやっと辿り着く。


     能登金沢ー78


 見事な景色だがやはり雪の景色の方がいいかな。

 展望台を降りて村営駐車場へ。
 普段は17時に閉まるが、このシーズンだけ17時半までだという。あと1時間しかない。


     能登金沢ー79

     であい橋


     能登金沢ー98



 赤とんぼとツバメがたくさん飛び回っている。 
 村内はかなりの人出。観光地化されているとは聞いていたが、確かに歩いているほとんどは観光客だろう。
 時間がないので気持ちが急くが、それでもできるだけゆっくり歩いてめったに見ない家の造りや雰囲気を楽しむ。

 橋を渡りゆっくり歩いて20分程で国指定重要文化財の和田家に到着。
 白川郷の合掌造りの紹介の際は必ずと言っていいほど出るから見た事がある人は多いだろう。 
 築後約300年で今でも人が住んでいるが、現在、1階の一部と2階が公開されている。


     能登金沢ー80

     1階の囲炉裏端


     能登金沢ー82

     狭くて急だ

     
     能登金沢ー81

     2階から


     能登金沢ー83

     一般に扠首(さす)構造と呼ばれるトラス構造の屋根組み


     能登金沢ー84

     1階の座敷


     能登金沢ー85-1

     和田家を北側から

 
     能登金沢ー86



     能登金沢ー87


     能登金沢ー88



     能登金沢ー89

 村内には泊まれる合掌造りの宿もある。県外ナンバーの車が停まっていたのでここもそうかな。(宿泊者は車で村に入れる)
 本当は金沢で町屋に泊まりたかったが夕食が付いていないので諦めた。
 こっちは付いているのかな。囲炉裏のそばで食事なんていいだろうな~。

 と、突然、変な形の合掌造りの建物が。

     能登金沢ー90
 
     明善寺郷土館 


 260年前に建立された合掌作りの寺だそうだ。今は郷土館だが、16時まででもう終わっていた。


     能登金沢ー91

     村内で1番大きな合掌造りの家らしい


 17時半までには駐車場を出なけれないけないのでちょっと忙しかった。
 本当は屋外博物館やお店にも行きたかったが、ピタッっと17時で終わってしまう。観光地だが実際に生活している場だからなあ。

 駐車場に戻って車を出そうとしたら駐車料金1000円といわれた。
 ガイドブックには500円とあったけど・・お盆料金かな。それならそうと、きちんと掲示してほしい。
 どこにも料金が書かれた看板などはなく・・・でも払わないと出られないので(支払機があるのに人がお金を受け取って機械に入れていた)払ったが、なんだか釈然としない。明記しておいてくれればいいのにね。
 しかし1時間1000円は高い。 ← これはこちらのせい


 帰りは東海北陸自動車道を名古屋方面に南下。


     能登金沢ー92


 途中白鳥IC 手前付近で霧が・・・いや、靄かな・・・とにかく、道路のサイドや行く手に広がる。幸い路面は見える。


     能登金沢ー93

     名神高速に入り養老SA で夕食。2種類のお蕎麦と牛肉丼のセット。


 この辺りはよく通る知った道だ。あとは家まで一直線。
 が、高速に戻った途端またまたまたものすごい雨に見舞われる。おまけに雷まで。
 雨水はすぐに路面に溜まり(それまでにも降っていたし)水しぶきに変わる。対向車線からも水が飛んできてフロントがバシャン! とかぶるくらいすごい降り方。
 なんなんだよ~、今回は~。雨ばっかりだ。もっとも輪島や金沢、白川郷で歩く時はやんでいたので・・まずますか。

 22時過ぎに帰宅。
 部屋は思ったより片付いていて・・・いや、息子達は居間の方は使わなかったのだろう。キッチンと自分達の部屋だけで生活していたのかな。(あまりテレビは見ないし、2人とも)

 走行距離、約1300キロ! さすがに4日間は疲れるね。
 行く前に1輪しか開花していなかったランタナが10輪になっていた。



     能登金沢ー96

     白えびせんべいと羽二重餅



     能登金沢ー97

     金沢の水引で作られたストラップ
     小松空港で買ったミリタリーTシャツ(相方)、ファントムのクリアファイル(ぴょん)


 今回の旅行ではお店に行く時間があまり取れなくてお土産は少ない。
 小物がたくさんあったが、どうしても京都と被っている気がして、「欲しいな~」と思うものが見つからなかった。


     能登金沢ー94


     能登金沢ー95


     







能登半島と金沢4日目 1


 あー、金沢は朝から雨だ。
 今日行く予定の所も雨模様のようだ。おまけに雷まで。


     能登金沢ー67

     昨夜と同じ席で朝食 洋食メインだが、肉じゃがと大根おろししらす乗せも
     どこへ行ってもヨーグルトがあるのが嬉しい


 今回は雨に好かれたなあとちょっと暗くなっていると、テレビから突然 ♪ 誰だ誰だ誰だ~ ♪ って。
 空飛ぶ団子(厳美渓)の話題ね。期せずして聞くと固まってしまうね、淳さん。
 でもちょっと元気が出た。雨だろうが槍だろうがとにかく行きたい所に行こう。

 ホテルを出てまずは小松空港へ。
 ここは空自の小松基地が隣接している。
 本当は基地見学したかったのだが、申し込みが希望日の一か月前までだというので間に合わなかった。
 運がよければ滑走路横に駐機する自衛隊機が見られるというので行ってみた。

 まずは航空プラザへ。
 小型機から自衛隊のジェット戦闘機などを展示しているよくある施設だね。
 でもここに駐車し小松空港へ行けば(徒歩3分)駐車料金が無料になるのだ。
 
 平日の午前なのに満車・・・いや、1台分空いていた。
 ラッキーと車を入れると、小松市に入る辺りからシトシト降り出していた雨がゴー!! とどしゃぶりに。
 とても降りられないのでしばし車内に待機。

 まだ少し降っているけど今がチャンスと急いでプラザ内に入ろうとしたが・・・


     能登金沢ー68

     海自の大型輸送ヘリ シコルスキー


     能登金沢ー75

     コクピット


 館内


     能登金沢ー69



     能登金沢ー70



     能登金沢ー71



     能登金沢ー72


 フライトシミュレーターに挑戦。
 4種類の設定から選べて、ぴょんは空自の戦闘機に乗って着陸寸前に敵機と遭遇しドッグファイトを・・・のはずだが・・・なぜか敵機が出てこない。
 おかしいな?? 変なコースを飛んだのかな?? ふふふ・・それともぴょん機に恐れをなして─。うー、つまんないぞーー!

 他に航空交通管制シミュレーターもあるが、これはお子様向き。
 本当は、全日空で実際に使用されていたYS ─ 11のシミュレーターをやりたかったが、これは人気らしく申し込みが必要。すでに何人か待ちだったので諦めた。


     能登金沢ー73-1


 小松空港はプラザから徒歩3分。
 3階の展望デッキに上がったが、自衛隊機いないなあ・・・。それどころか航空機も一機もいない。ちょうど到着も出発もない時間帯のようだ。
 必ず見られるわけではない事はわかっていたが・・・ガッカリ。


     能登金沢ー74

     遥か彼方に小松基地が


 ここでちょっと偶然の出会いが。
 展望デッキにはぴょん達ともう1組の御夫婦がいたが、なんと相方が関西に来る前にいた支社の同僚さんだった。
 有名な観光地で出会うならわかるけど、ここで?(同僚さんはお隣の県出身で帰省中らしい)

 小松市から白川郷に向かうにはいくつかのコースがあるが、ナビが示したのは高速道路。
 確かに一般道はクネクネだと思うのでこちらの方がいいかな。

 一旦、北陸道で金沢まで戻って小矢部砺波JCTで南下する。
 が、その前に昼食。
 本当は白川郷に行ってから向こうの店に入りたかったが、この時点ですでに14時近い。なので小矢部SA のお蕎麦で軽くお昼ご飯。

 さて車に戻ろうとしたらものすごいスコール!! おまけに雷も。
 SA は非常電源で明かりは点いているが本当は落雷で停電したらしく、高速道路情報用のモニタが消えている。
 多くのお客が車に戻れないでいる。

 ちょっと小降りになったので(・・・実際は、なっていなかった)小走りに車に戻るが、フロントから外が見えないくらいの雨なのでとても出せない。今までで1番の勢いだね。
 結局30分近くそのまま。夏の旅行でこんなに雨に見舞われるのは初めてだ。



     能登金沢ー76

     叩き壊されるような勢いの雨


 

     能登金沢ー77


 少し走ったら晴れてきた。が、トンネルを抜ける旅に天気が変わり不安定だ。
 大雨では白川郷に行っても車を降りられないんじゃないかなと心配になる。
 だが、相方は行く気だ。 







能登半島と金沢3日目 2


 海鮮丼を堪能し一旦ホテルに戻ってチェックイン。
 スタンダードツインを予約したのだがデラックスツインにグレードアップしていた。
 これはホテル都合でよくある事。確かに部屋は広くなったが、お城側でないのが残念。(もっとも城側でも樹木でお城は見えないが)

 夕食の時間を予約し、あまり休んでいるとこのまま居付いてしまいそうなのでバッグ片手に午後の観光へ。
 ホテルの前が金沢城の大手門なので便利だが・・・といっても、もうすでに15時過ぎ。兼六園も金沢城も18時までなのであまり時間がない。


     能登金沢ー49

     大手門より


 平成13年に都市公園として開園した金沢城公園。その後、門の復元や庭園の整備などが行われた。


     能登金沢ー50


 復元されまだ新しいので綺麗だが、当時ものではないのでイマイチ見る気にならない。
 一部、内部が公開されているが時間があったら寄る事にした。


     能登金沢ー51

     わかり難いが石垣の石には納めた藩の紋が彫られている



     能登金沢ー52

     せめて、宝暦9年の火災の後に再建された石川門だけは


 石川門から兼六園へ。
 以前は反対のコースで来たなあ。もっとも公園はなかったので石川門だけ見て帰ったが。


     能登金沢ー53


 観光名所だけあってかなりの人出。外国人も多い。


     能登金沢ー55

     霞ヶ池の徽軫灯籠


     能登金沢ー54

     この石橋は渡れるので皆この上で灯篭をバックに写真を撮る。
     なので誰もいない瞬間は奇跡的!


     能登金沢ー56


     能登金沢ー57

     雁行橋


 人は多いが、園の広さがそれをカバーする。砂利道で歩きづらいが緑の中の道はやはり気持ち良い。
 しかし・・・かなり暑い。金沢は雨が多いので晴れているのはラッキーだが・・・暑い。


     能登金沢ー58

     庭師さん一行 今から冬支度の相談?


     能登金沢ー59-1


 瓢池には大きな鯉や亀、スッポンがいる。
 陸に上がろうとするスッポンに手を出す相方。前もどこかでこんなシーンがあったっけ。子どもじゃないんだからやめなはれ。 ← まわりの観光客がみんな見ていた


     能登金沢ー60

     霞ヶ池から流れ出て、瓢池に注ぎ込む翠滝


 閉門までの1時間ちょっとを急ぎ足で見て回った。
 本当は見たい場所もあったが・・・次回のお楽しみ?


     能登金沢ー61

     紺屋坂に並ぶお土産屋


 あまりゆっくり見ていられなかったが、息子Y 推薦の羽二重餅を購入。
 ここからまた金沢城公園を通りホテルに戻る。

 室内にはソファーセットもあり冷蔵庫はもちろんグラスやアイスペール、湯のみなども揃っているので近くのコンビニで飲み物を買う。ホテルの自飯よりその方が選べる品が多いからね。
 昨夜は部屋食だったので買ってきた飲み物が飲めたが、さすがにレストラン(今夜)に持ち込むわけにはいかないけど。

 夕食はレストランで。
 席は大きな窓のそば。広くて雰囲気が良くスタッフも親切丁寧。が、声高らかに話し笑うおじさまの集団がいて本当に煩い。
 おばさま方が煩いのは常だが、おじさまの声もなかなか通る。
 しかしすぐに引き上げてくれたのでホッ。そこにいた全員がそう思っただろうなあ。

 懐石基本メニュー。


     能登金沢ー62



     能登金沢ー64

     郷土料理の治部煮が美味しい!


     能登金沢ー63


 少なそうに見えるが、ぴょんにはにはちょうど良い量。 (^.^)
 この3日間は上げ膳据え膳。幸せだ~。

 残念ながらこのホテルには大浴場がないので部屋バスを使い、後はのんびり過ごす。
 というのも、夕方から雨が降って来たのでどこへも行かれないからだ。いや・・降っていなくても外出しないかも・・・。(さすがに疲れた)

 今はどこの宿でもWi-F i使えるから便利。ルータは持ってきたけど、山の中だと圏外になるしね。(ここはOK)
 と、「空から日本を見てみよう」で白川郷が。
 ん~、明日行く予定なのにいま見て良いのかな~。

 が、それより「魔女の宅急便」みたいなジップラインが気になった。( ← 白川郷ではない)
 ホウキを貸してくれるとか。それにまたがって魔女気分で空を飛ぶ? やってみたいな~。

 このホテル、空調が強くて。エアコン切っていても空調で涼しいくらい。しかし音がちと煩いぞ。
 館全体の空調なので個々の部屋で調節できないそう。
 エアコンは苦手なので有り難いが・・・。


     能登金沢ー66









能登半島と金沢3日目 1



     能登金沢ー29


 朝からいい天気!
 今日は暑くなるという。金沢の街歩きになるので雨でなくて良かった。


     能登金沢ー30

     和定食の朝食 ふぐの一夜干しが美味!


     能登金沢ー31


     能登金沢ー32-1


 9時過ぎに出発。カンカン照りになりそう。
 昨日輪島まで行った、のと里山海道(海なの? 山なの?)を今日は反対方向へ。金沢市までの1本道だがちょっと寄り道。


 千里浜なぎさドライブウェイは車やバイクなどで走行する事が出来る日本で唯一の砂浜だ。
 淳さんがダブルJ で書いていて・・もっともそれはフロリダだが、日本にもあるとわかり寄ってみたいと思った。高所じゃないしね。

 降りたIC 近くから浜辺に乗り入れ、次のIC まで。


     能登金沢ー33


 車を降りて砂を蹴ってみたが堅く締まっていてタイヤが潜る事はない。
 制限時速は30キロ。(ぴょんは気付かなかったがどこかに書いてあったらしい)


     能登金沢ー34


     能登金沢ー35


 砂地とはいえ普通の道路と変わらない走行感だ。あっという間に走り抜ける。
 が、出る直前に気が付いた。
 ガイドブックの写真では波打ち際ギリギリまで車が寄っている。しかし実際にはロープが張られていて、海のそばまでは行かれない。

 海水浴客もいるし時期的なものかな。
 それとも全長8キロのはずだが4~5キロしか走った感覚がないので、入った所より北の方がロープなしだったのかな。
 もうちょっと波打ち際を走りたかったなあ。

 再び、のと里山海道に乗り金沢市へ。
 時間に余裕があったら気多大社に寄ってみたいと思ったがちと辛そう。

 金沢にはやはり30数年前に来ている。名所や観光地の位置は変わらないのでうっすらと覚えている。(相変わらず相方はわからんらしい)
 相変わらずナビに頼る相方は音声モードで、「兼六園」とナビに向かって言うが、なぜかとんでもない所が表示されるので結局パネルで入力。

 今回行く範囲は狭いので車ではなくバスか歩きにした。中心部なので駐車場を探すだけで時間を取られそうだからだ。
 幸い車は今夜泊まるホテルに停められる。時間外なので有料。そしてチェックイン後もまた有料なのだが、それでも市井の駐車場よりは割安だ。

 それにしても暑い。結局歩いて回る事にした。
 うん、充分歩ける距離だが、それにしても旅行後半にたくさーん歩く設定って・・・。

 まずはひがし茶屋街へ。
 ベタだなー。でも200年前に建てられたお茶屋さんの内部が公開されているので、そこだけ見に行く。


     能登金沢ー36


     能登金沢ー40

     志摩


 文久3年に建てられたお茶屋をそのまま保存し公開している。
 館内はバッグや大きなカメラは持って入れない。ぴょんのショルダーバッグもダメで、デジカメだけ取り出してロッカーに預けた。

 狭く急な階段を2階へ。


     能登金沢ー37

     おもてなしの間 床の間を背にお客が座る


     能登金沢ー38-1

     おもてなしの間の向かい側 ここで芸妓が芸を披露する


 客間はここと ↑ もうひと間だけ。一見さんお断りだったという。館内には案内の人がいて色々説明してくれる。


     能登金沢ー39

     実際に使われたお道具


     能登金沢ー41



 有名な観光地なのでかなりの人出。並ぶ店内も混んでいる。


     能登金沢ー42

     金細工の店の奥にある金の蔵 見学自由


 なにか細工物を買おうと思ったが・・・ここだけではないが、どうしても京都と同じような物しかなくて・・・いや、実際には違うのだろうが・・・これといって欲しい物はなかった。

 ひがし茶屋街とは浅川を挟んだ対岸になる主計町茶屋街へ。


     能登金沢ー43


 観光地化されていないのでとても静か。
 昔ながらの料亭や茶屋が建ち並び、夕暮れ刻になると三味線の音が聞こえることがある。

     能登金沢ー44


     能登金沢ー45


 軒先に提灯が見えるので夜になると灯るのだろうか。
 綺麗だろうな。こーいう所は夜に来るべきだね。

 昼も(かなり)過ぎたので、ご飯を食べに近江市場に向かう。
 午前中に車で通った時は、店の前にずらーーっと人が並んでいた。人気の店なのかな。こちらも目指すは海鮮丼!

 その道すがら武家屋敷を見て、大通りに出たら方向を間違えていくら行っても市場が見えてこない。
 こんなに歩くはずないとパンフを手に困っていると、地元のおじ様が丁寧に教えてくれた。さすが観光地。


     能登金沢ー48


     能登金沢ー46


 午前中に見た店はまだ並んでいる! 100人はいるかも。ガイドブックに載っているのかな。
 とにかくここは諦めて別の店へ。


     能登金沢ー47

 目当ての店とは違う店だが、とりあえず海鮮丼にありつく。
 ここも30分待ったぞ。


     能登金沢ー65









 
 



能登半島と金沢2日目


 天気が良くない。小雨模様だ。
 今日向かう能登半島方面は午後から晴れ間も出るというので期待しよう。


     能登金沢ー9

     朝食


     能登金沢ー10

     お世話になったペンション


 9時前にペンションを出発。ここから小谷を経由して糸魚川まで北上する。
 県道だが山の中なのでどんな道だろうと心配したが、(もしかして雨で通行止めになったら困る、と)キチンと舗装されていて走りやすかった。


     能登金沢ー11


 山の緑が綺麗。だが洞門が多くて、そこはやはり山道。
 途中にヒスイ海岸の看板が。寄って行きたい所だが今回は諦める。

 糸魚川から北陸自動車道に乗り富山方面へ。
 と、ものすごい雨! トンネルを1つ抜けるごとに雨が降ったりやんだりを繰り返す。ワイパーが追いつかない。
 せっかく海が見える位置なのに雨煙でほとんど見えない。いや、海どころか道も見えなかったりする。 ← 危ない


     能登金沢ー12


 こんなザーザーな雨でも地元の車はすごい勢いで突っ走っていく。

「競争しなくていいからね~」
「してないよー」
 
 と、言いながら飛ばす相方。
 ぴょんもスピードは好きだが、これは条件が悪過ぎる。

 車のナビは今夜泊まる和倉温泉にセットしているが、高速を降りるのが金沢東IC になっている。
 そこまで行くの? その前の小杉IC で降りた方が能登半島には近いと思うが。

 ナビは、『高速を使って早く行かれるコース』を出している。
 でもそのコースは明日和倉から金沢へ行くコースになると思うので、どうせなら別の道がいい。うまくすれば氷見辺りでお昼になるし。
 で、小杉IC で高速を降り海沿いの道に向かう。
 
 と、「海王丸パークに行く」と相方。

 は? 確かに看板見えるけど・・予定になかったじゃん。


     能登金沢ー14

 ふだんなら海王丸の中が見学できるのだが、今日は定休日だったー。(あとでガイドブックを見たら “定休日水曜” って載っていた)
 雨の中を行って船体を見て帰って来ただけ。
 本当は海王丸よりその後ろに見える新湊大橋を渡りたかった。高くて長くて海の上を通っていて起伏もあって。が、相方に拒否された。 ← 高所は苦手

 計画では輪島まで行って輪島丼を食べたかったが何時になるかわからないので、事前に調べておいた氷見番屋街へ。
 氷見漁港の近くで、富山湾の海の幸が味わえる飲食店や売店が並ぶ。かなりの人出だ。


     能登金沢ー16


     能登金沢ー15

     ぴょん(手前)は海鮮番屋丼、相方は氷見うどん定食


 丼に並ぶ10種以上の新鮮な刺身。本当に魚の味がした。
 とりあえず氷見か能登か金沢の近江市場で海鮮丼が食べたいという希望のひとつは叶えたぞ。

 さて、時間も時間なので海沿いを一気に七尾市へ。


     能登金沢ー17


 が、やはり日本は山国なのね~。海のそばなのに山の中を走る方が多いぞ。

 本来なら和倉温泉街を抜けて輪島まで行くのだが、その前にちょっと寄り道。


     能登金沢ー18

     能登島大橋

 能登島に架かる橋だが、これを渡りたかった。
 去年の境港の江島大橋(ベタ踏み坂)も、さっきの新湊大橋も拒否されたのでここは絶対に!
 まずは橋の見える公園で写真を。車を降りる時は雨がやんでいるので助かる。


     能登金沢ー19


 ちょっとわかりにくいが ↑ 手前の橋は能登大橋。その橋桁の向こうに見える橋はツインブリッジのと。覚えておいてね。


     能登金沢ー20

     上る~~


     能登金沢ー21

     下る~~


 あっという間に渡りきる。・・・んー、物足りない・・・。

 この島にも水族館やガラス工房などがあるが、時間の関係でパス。
 なので再び能登島大橋を渡って半島の方にもどってもいいが、せっかくなので島を少し走りツインブリッジのとを渡って半島側へ戻る。

 相方がナビセットした碌剛崎灯台(半島の一番北)までは時間的に無理なので、最初の目的である輪島へ。
 ガイドブックを見ていた相方が、

「永井豪の記念館があるんだ。行きたい」

 と、言いだした。
 え・・・と答え淀むぴょんをどう解釈してのか、

「まあ、女性にはあまり興味のある所じゃないと思うけど」

 いえいえいえそんな事はありませぬ。ねえ、淳さん。
 相方はぴょんがアニメ好きなのは知っているが細かい事(??)までは知らない。実はぴょんも、行こうかどうしようか迷っていたのだが・・・ゲッターロボがあれば絶対に行くが・・・現地で時間に寄ってだなと思い相方には言わなかったのだ。

 和倉から輪島までは元は有料道路(今は無料に)だった道を行くのでとても走りやすい。
 が、やはり山の中・・・。助手席のすぐ横を鷹が飛んで行った時は驚いた。

 さすがに朝市はもう終わっている。
 記念館はナビには載っていないので地図を頼りに向かったが、商店が立ち並んだ細い道沿いに建っていてうかうかしていると見逃すところだった。


     能登金沢ー22


 7月8月の5の付く日は入館料が50円だそうだ。残念! 昨日だった。


     能登金沢ー23


     能登金沢ー24


 アニメに関係する旅以外でマジンガーZ やデビルマンに会うなんて・・・ちょっと変な感じ。 (^_^;)
 が、やはりゲッターロボは少ない。

 朝市が終わったからか夏のシーズンが過ぎたのか、街は閑散としていて観光地とは思えないくらい寂しい。

 今夜の宿泊地和倉温泉へ。
 ここは30数年前に相方と来た事がある。その時は学生の貧乏旅行だったので海の見える和旅館なんか泊まれなくて(その当時って加賀屋ぐらいしかなかった気がする。とても無理)ペンションみたいな所に泊まったっけ。
 なのに相方は和倉に来た事も金沢に来た事も忘れている!
 信じられない! 当時は北陸新幹線なんてないから上野から6時間半かけて金沢に来たのに。和倉温泉駅のまえでぴょんをお姫様だっこして写真を撮って・・・は、恥ずかしいぞ・・・なのに来た事も覚えていないとか。
 別の人だったかな・・と不安になったぞ、ぴょん。

 今回は和旅館といっても小さいお宿で、その分女将さんやお宿の人達と色々おしゃべりできたけど。
 昨日はペンションで洋室だったが今夜は温泉旅館で和室。やはり落ち着く。そーいうお年頃になったのね。


     能登金沢ー25


 夕食の時間まで海辺を散歩。
 前に泊まった所がどこなのかさっぱりわからない。
 和倉ってこんなに近代的な(?)街だったんだなあ。前は古い商店がたくさんあったけど、今は普通の町になっていて・・・勝手だけどちょっとがっかり。


     能登金沢ー26

     夕焼け 雲が多い


     能登金沢ー27

     夕食 


 温泉に入ったら目が覚めちゃったよお。

 雨が降っていた事もあるけど、今日は予定外の所ばかり行った。
 若い頃は1日にあっちもこっちも欲張って歩いたけど、今は、「ま、行かれたら行こう」になったので予定していた半分も行っていない。
 突然、「え! そこ行くの!?」になる事しばしば。

 しかし昨日といい今日いい雨降りが多いが、車から降りる時はやんでいる事が多くて良いタイミング。
 だがやはり、晴れた日の青い海が見たかったなあ。


     能登金沢ー28


能登半島と金沢1日目


 長野から糸魚川を抜けて能登、金沢へ3泊4日の旅。

 今回は少しゆっくりめの7時過ぎに家を出る。
 すぐに高速に乗ってしまうが、なにやら怪しい空模様に。
 家を出る時はポツポツだったのに東に行くにつれ大降りになってくる。

 トンネルを抜けるたびに雨が降ったりやんだり。そのうちザーザー降りに。対向車線からも水が飛んでくるし、景色も雨で煙って見えない。
 ふいに車が滑る。ハイドロに捕まったようだ。すぐに車を立て直して事なきを得る。

 高速なのでみんな飛ばしていてちょっと怖い。
 ドライブレコーダ付けてますって車が無理な横入りしてくるし。これで事故ったらそのドライブレコーダを警察に見せてよ。

 山の中を走るせいかWi-Fi が動かないしテレビのチャンネル受信も出来ないので天気予報も見られない。
 それでも渋滞がないだけマシだと思っていたら、中央自動車道に入ると車が多くなってきてちょっと混む。
 と、考える事はみんな同じで恵那峡SA でひと休みに入るがコンビニがものすごく混んでいて・・・行列が5、60人! ・・・朝食を買うのを諦めた。
 いつもはパンの一つも持ってくるのだが今回はなぜか置いてきてしまった。相方所望の暖かいコーヒーも無い。
 なんとなく前途多難な旅の予感が・・・。 σ(^_^;

 その後は道路も順調で、出発から3時間程で長野県に入る。


     能登金沢ー1

     梓川SAから北アルプスを 


 案内板(山の写真と名前が書いてある)が古すぎて、目の前の景色と全然違うからどれがどの山なのかわからず参考にならない。
 もっとも天気が悪く雲が掛かっていて山が見えないが。

 今日は相方の両親のお墓参りだけなので時間はたっぷりある。
 なので戸隠神社へ行こうと思ったが、往復2時間掛かり神社の奥社までは徒歩(片道2キロ)でないと行かれないので・・・おまけに雨だし・・・今回は諦めた。

 それでも時間はあるので安曇野アートヒルズミュージアムへ。


      能登金沢ー2


     能登金沢ー3


 吹きガラスやガラス作りが体験できる店舗を兼ねた工房。
 ひっそりとしているかと思ったら(←勝手に想像)100台以上の車が停まる観光地だった。


     能登金沢ー4

     体験者が吹いたガラスを整えている


 吹きガラス工房は店舗とは扉で仕切られているが、中に入るとものすごい熱気!
 ガラスを溶かしているんだもんね。とても長くはいられない。それでもぴょんはしばらく見ていたが、相方は早々に退散。

 信濃大町へは30分程。
 お供えなどの買い物の前に近くのファミレスの雑炊でお昼。本当はお蕎麦が食べたかったんだけどなー。

 墓地といっても田舎なので最近の公園のような墓地ではなく、水屋もないので家からペットボトル6本に水を入れて持ってきた。
 相方の実家は近くだが、誰も住んでいないので水が出るかどうかわからないから。(あとで寄ったら水は出た)

 掃除していたらふいに動く物が目の端っこに。なんとニホンカモシカ!? 山から下りて来たらしい。
 いるんだ、確かに山の中だけど。

 小さいのでまだ子どもみたい。親はどうしたんだろう。あとから来るのかとちょっとドキドキ。だって20メートルぐらいしか離れていないんだもの。
 こっちはドキドキだし向こうはキョトンとしていてお互いしばし見つめ合い・・・が、道(車で上って来た山道)を降りて行ってしまう。
 写真! と思ったが掃除中なのでデジカメもケータイも持っていなくて、相方のケータイを借りたがもたついているうちにどんどん降りて行ってしまい撮れたのがこれ。


     能登金沢ー5


 うーん、わかるかな? なんかいるよね? (^_^;)

 道の下は車道で民家もあるし・・どこへ行ったんだろう。

「いるんだー、カモシカ。初めて見た」

 と、相方。
 え、そうなの?
 そのあと、車の前をタヌキが横切って行ったがそれも初めて見たとか。今日は珍しい日? 

 ここから白馬のペンションまでは約1時間。すでに16時過ぎなのでやはり戸隠まで無理。
 白馬には何回も行っているのでとりたてて行きたい所もなく、少し早めにチェックイン。
 部屋はツインだが、このペンションでは一番広い部屋。
 でも・・やっぱり狭いよね。うん、ペンションってこんな感じだったっけ。

 それでもサロンにはコーヒーや紅茶、お茶が置いてあり自由に飲めるし館内Wi-Fi も使える。(ぴょんのは圏外)オーナー夫妻も親切で感じが良い。

 だが雨音が屋根を叩く音が部屋に響き、厨房の換気扇がこれまたゴー! と音を立てて鳴るので部屋にいると少々煩い。
 それにホテルのように照明が明るくないので、寝るまでは(消灯時間がある)サロンで本を読んでいた。


 夕食

 雰囲気の良い広いレストランにはぴょん達だけ。ほぼ満室だが外に食べに行く人が多いんだって。
 ぴょんもそうしたいが(地元の物を食べたいじゃん)車で行くと相方がお酒を飲めないとイヤがるのだ。


     能登金沢ー6

     サラダとかぼちゃのスープ


     能登金沢ー7

     信州牛のステーキ


     能登金沢ー8

     ガトーショコラ


     能登金沢ー13








出掛ける前の忙しさ


 今日から相方が夏休み。

 普段あまり細かい家事はしないが、さすがに4日間留守にするとなると細々した準備で忙しい。
 息子達だけなので自炊はしないだろうから食料品はあまり買わずにいよう。
 今日明日はなるべく食品が残らないようにしないと。


 今日は少し涼しい。
 ラクだが天気が悪いのは困る。


夏休み始まる


 今日から息子Y が夏休み。
 2日遅れで相方が休みに入り、Yの休みが終わる頃息子G が夏休みに入り・・・。

 あー、もうめんどくさー。
 いっぺんに休みになってくれ!

 いや・・それも大変だからイヤ・・・。


 なんだか旅行日程ぴったりに天気が悪いようだ。
 せめて海の見える能登半島に行く時だけでも晴れてくれないかなあ。


エアコンのリモコン


 明け方、寒くて目が覚めるとエアコンが点いていた。

 タイマーしたはずなのに? 起きた相方が点けたのかな?(後で訊いたら点けていないって)

 どうもエアコンのリモコンが不調のようで風量調節ができないし、タイマーできているのかもわからない。
 いや、一応タイマーに反応するのだがセットした時間に切れているのかどうかわからないのだ。(実際は点いていたのだからセットされていないのだろう)

 それ以上に困るのはOFF を押してもエアコンが切れないこと。
 本体にもスイッチはあるが高い所にあるので台に乗らないとぴょんには届かない。

 テレビのリモコンはホームセンターでも買えるけどエアコンのも互換性あるのかな。
 とりあえず1時間タイマーは機能しているが。
 2時間、3時間も試したいが・・ずーっと点けておくのも寒いのでまた後日。 ← いーのか?   


来たぞ、台風


 昨夜遅くから雨。

 来るぞ来るぞと言いながら来なかった台風が今回は直撃になりそう。
 が、午前中はまだただの雨降り。湿気は満タン。
 午後になると雨がやんで晴れ間が見えてきた。嵐の前のなんとやらか?

 ひどくなるのは夜だと予報が出てたが、こんな時に日本海側にキャンプ(仕事)に行っている息子G は無事に帰ってこられるのだろうか。
 息子Y は大阪の中心部から帰宅するので大丈夫だと思うが。(相方は休み)

 夕方近くになると、さっきまで収まっていた雨がまた降ってきた。それでも普段の雨降りと変わらない。
 台風いまどこだろうと見たら・・・暴風域ギリギリに入っていた。これからが本番?

 しかし台風が通過しているこの地より、東にある岐阜や三重の方の被害がひどい。
 ここも通過中より、その後の方が雨が強い。台風の後ろ側に活発な雨雲があるせいか。

 今夜は全員早めに帰宅。(相方は遊びに出ていた)

 台風はちょっと掠って行ってしまったが、それでも今まででは一番、「台風だ!」という雨風だった。
 幸いこの近くでは被害は無いようだ。





雷め!


 昨日も今日も、なんでブログ作業を始めると雷くるのよー。
 おまけに豪雨も!

 明日から、来週に泊まるペンションのキャンセル料金が発生するので他に良い所ないかな~ と探そうと思っていたが(セコッ!)それもできないでいる。

 仕方がないのでBS の無料放送を見ようと点けたら・・・途中で映らなくなった。

 雷め!



みつからない~


 今日からキャンプ(仕事)の息子G。
 7日に帰宅予定なのはいいけど台風来ているのに大丈夫か?
 海水浴もするというが。
 彼が留守だとお弁当を作らなくていいし、洗濯物が激減するのでその点はラク。


 証書を探しまくる。
 一緒に受け取った他の小冊子などはあるのに、肝心の証書だけが見当たらない。

 おかしいなあ、保管場所は決まっているのに。
 ずぼらなので一度仕舞ったら他に移動はしない。
 同じ証書を貰った相方も、「どこだっけ?」と頼りない。
 というか、あちこち探していて整理しなければいけない物をたくさん見つけた。少しづつ処分しないと・・・。

 いや、今は証書だ。おかしいなあ、どこだー!?


 後日、この証書は受け取っていない事が判明。その代わりになる物は受け取っていたのでそれでいいんだって。
 だって持参するもののなかに、「証書」って書いてあるじゃないか。

 ひどーーいっ!


帰宅


 車内ライトが点くともう京都の三条近くを走っていた。
 東名高速が混んでいたらしく少し遅れての到着。
 京都駅で多くのお客が降りる。

 それでもぴょん市というあまり一般的ではない市から発着の高速バスなので、地元の人の利用が多いせいかガラガラにはならない。

 京都駅の次がぴょん駅。
 と、車内に鳴り響くロックな音楽。
 何事かと思えば、まだ寝ている客のケータイの目ざましらしい。それが何回も繰り返し鳴り響く。
 若い娘が、「まだ鳴ってる~」と笑っているが、なかなか起きないその客を乗務員がやっと起こす。見かけもロックな男の子だった。

 帰りは冷房もそんなに強くなく、昨日はかなり歩いたせいか結構寝られたので元気。
 帰宅してそのまま洗濯や買い物に。

 ぴょんもマメではないが男達に任せた部屋はやはり散らかっていた。
 息子Y に戸籍謄本を渡しホッとひと息。

 トンボ帰りできついかな? と思ったがそうでもなく、まだまだ動けそうだ。


池袋にて


 車内ライトが点いて外を見ると渋谷に近かった。
 次の新宿が終点。ほぼ時間通り。バスタ新宿の3階で降され・・・さてこれからどうしよう。
 市役所は8時半から。ここからだと電車で30分程なのでまだ開いていない。
 とりあえず朝食かな。
 バスタ新宿が出来てから早朝に開く店が増えたそうだ。この辺りでもいいが、事前に調べておいた東口の店に行ってみよう。

 ・・・えーっと・・どうやって行くんだ??
 駅内を通れば早いが、そのために入場券を買うものなあ。ま、なんとかなるだろうと方向だけ確かめて大きな通りを歩き出した。

 やがて世界堂が見えてきて位置がわかる。
 新宿通りってこんなに狭かったっけ? 歩道が広くなったのか?


     タツノコ55展ーp1

     ベルクのモーニングセット


 7時台はまだラッシュ時なので、ぴょんの行くK市止まりの電車に乗る。
 少しは空いているだろうと思ったら、なんとガラガラ!
 いくら下りとはいえ朝の中央線だよ、とびっくり。(上りはそれなりに混んでいる)

 ぴょんが東京に出てきて最初に住んだK 市。来るのは30年振りか。
 線路が高架線になって町の雰囲気も変わった。道は変わらないので市役所はわかるが、その他の・・以前の店々は無くて・・商店街のどこにあったのかもわからない有様。
 1軒だけ昔の知り合いの会社を見つけてホッとする。

 戸籍謄本を受け取り目的の池袋に向かう。
 上りは混んでいるね、中央線。吉祥寺で座れたけど。
 新宿で山手線に乗り換え。
 新宿駅のエスカレータがやたらと早い!
「いま早く動かしています」のアナウンス。さ、さすが新宿(?) 

 東武東上線のラッピングトレインとタツノコ55周年の記念展の記事は淳さんが書いているのでそちらへどうぞ


     タツノコ55展ー5


 東京に来た目的を一応達成し・・でもまだ13時過ぎ。
 あとでもう一度記念展に行くが、それでもまだ時間が有り余っているので久々にサンシャインシティに行ってみる。
 その前に昼食。
 人通りが多くて疲れたので目に付いたドトールに入り、季節限定の鹿児島県産黒豚と夏野菜ソースのミラノサンドとアイスカフェ・オ・レを。
 昼食を済ませたらドッと疲れたので、本を読みながらしばし休憩。
 ほんとはずーーっと座っていたかったがそうもいかず、気力を振り絞ってサンシャインビルへ。

 プラネタリウムを見ようと思ったが次回の上映まで1時間あるので時間つぶしに水族館に入ろうとしたが ─ ものすごーーく混んでいる!
 エレベータが長蛇の列でここに並ぶのかと思ったら、プラネタリウムに行くとスタッフに言ったら別のエレベータに案内してくれた。
 夏休みだったね。おまけにリューアルしたばかり。なので諦めて上映時間までタリーズコーヒーに。
 でもさっき昼食を済ませたばかりなのでお腹いっぱい。仕方なくアイスティを頼んだけど。

 この時期はどこもかしこも冷房をガンガンに掛けているから辛いワ。

 プラネタリウムは「スターナイト・ヒーリング」という企画もの。
 アロマの香りとリクライニングシートでゆったりできたけど内容はイマイチだった。
 全45分だけど10分ぐらい寝たかも。

 シティ内は子どものイベントもやっていてかなりの人出。イスを見つけつい座ってしまう。
 ハウステンボスに行った時より動いていないのにすごく疲れている。1回座るとだめだね。

 もう一度タツノコ55周年記念展を覗いて高速バスの発車駅の新宿に向かう。正直言ってもうヘトヘト。
 新宿も混んでいて夕食の店を探すのも億劫。
 こんな時はデパートのレストラン街がすいているので高島屋の上階へ。(本当はあちこち見て歩こうかと思ったんだけど・・・)


     タツノコ55展ーp2

     カルボナーラとクリームソーダ まるでお子様メニューだね

 
 店でゆっくりさせてもらったがそれでもまだ時間がある。早めにバスタ新宿の待合室へ。本があれば何時間でも過ごせるし。
 待合室というか・・広いオープンスペースで常に満席状態。運よく端っこに席を確保。
 バスが次々と到着し発車するので案内のアナウンスが切れない。
 ぴょんは事前に乗り場を確認しておいたので20分前には行こうと、あとはずーーっと本を読んでいた。
 すぐそばにコンビニがあるので乗る前にお茶を買おうと思ったら、時間が遅くなるにつれお客が多くなり店の外にまで並び始めた。
 購入できるまでの時間が読めないので諦め、乗り場に向かう。

 今度のバスは冷房口もちゃんと閉まりレッグレストも出る。
 お茶が買えなかったのでバス設置の冷水をペットボトルに詰めて・・・喉が渇いていたのですごく美味しい。
 23時発車。
 途中足利SAで停まったが、今回も降りなかった。



     タツノコ55展ーp3




東京へ!


 今夜は昨夜作ったカレーなので大した買い物も無く、日帰りのような短いおでかけなので大きめのショルダーバッグ1つに小物を詰めて準備OK。
 タブレットは重くなるので持っていかない事にした。帰りは確実に荷物が増えるから。

 朝の6時過ぎに新宿に着いて4時間程時間を潰さなければならないので新宿のネットカフェを検索し、2時間で500円の店を見つける。
 オープンスペースだが(ぴょんはこの方がいい)ネットもマンガも読み放題、おまけにドリンク飲み放題。
 いいねー、朝食のパンでも買って行けば食事しながら時間が潰せる。場所も昔よく遊んだ辺りなのでナントカなりそう。

 と、計画していたら息子Y から電話があって、東京の市役所に訊いたら郵送は一括でやるのでY のだけ別には送れないそうだ。

 やっぱりね。
 返信用の封筒に入れてポストに放り込んでくれればいいのにとも思うが、そうもいかないのだろう。役所はそこまで親切ではない。(なのでわざわざ還付金があります電話が来るはずもないと思っているぴょん)

 そんなこんなで結局ぴょんが受け取りに行く事となった。
 Y が送った依頼書が着いていてばいいが、もし間に合わなかったらぴょんが申請する事となる。なので一応Y の委任状も用意してもらう。
 それはいいが、ぴょんが出るまでに帰ってこられるのかY。
 心配していたが、今夜は3人とも帰宅が比較的早くて余裕を持って出る事ができた。

 ぴょん駅前のバスターミナル発が22時25分。徒歩10分なのでラクだ。
 こんな時間なのに結構な人出。路線バスも多い。
 そこに着く2階建ての大型バス。3列シートなので広くて乗り心地は良い。いつも通る道でも座席が高いと風景が違って見えるね。

 京都で高速に乗るまでにいくつかのバス停を経由していくが乗客はぴょん入れても10人ほど。座席ガラ空き。
 直接冷房が当たると辛いので頭の上の冷房口を閉めたが、それでも寒くて。消灯後、冷風が当りにくい隣の席(真ん中)に移った。
 それでも寒かったなあ。人数少ないんだから(女性が多いし)弛めてほしかった。

 おまけに元の席はレッグレストが故障していて出なかったが、移った席は出たのだがどこをどうすれば出る(設置)のかわからなくて、適当にあちこちいぢっていたら突然バンッ! って音を立てて飛び出してきたのでびっくりした。

 途中のSA でトイレ休憩。でもぴょんは降りなかった。暗くてなんだかイヤ。それにいわゆる路線バスなので、時間になるとお客を待たずに発車するらしい。たぶん乗務員は確認すると思うが。
 運転は荒っぽくなかったので寝られた。


パスポート


「出勤前にパスポートの申請に行ってくる」

 と、息子Y。
 ああ、海外出張があるって言ってたね。

 前に取った時は高校生で、5年しか取れなかったからもうとうに期限切れ。
 その時は府の中心部のパスポートセンターまで行ったけど、今は市のセンターでも取れるから便利で・・・ん? パスポートって・・・戸籍謄本は取ったのか?

「市役所で取る」

 おいおい、うちは戸籍は東京から動かしていないからこの市では発行できないよ。

 固まる息子Y。
 前に大学入学の時だがなんだかで、戸籍のある東京の市に郵送依頼したじゃない、小為替買って自分で。

「忘れた」

 おいおい・・・。

 とにかく今日はパスポートの申請はできない。
 パスポートがないと航空券の予約が出来ないとか。(そーなのか?)

「(東京の)市に速達で依頼書を送って、着いたらすぐに(謄本を)送り返してもらう!」

 市役所がそんな個人的な融通を利かせてくれると思わないけど・・。

「私、明日東京に行くけど」

 ぴょんを見つめるY.。ドキドキ(←違うっ!) 
 Y の委任状があればぴょんでも申請はできる。その場で貰って4日に帰ってくれば─。

 結局Y は会社で上司と相談し、とりあえず東京の市に速達で依頼書を出したそうだ。
 明日一番で電話してその日のうちに送り返してくれるよう話を付けるというが、さてどうなるだろう。

 それにしてもものすごい偶然といかタイミングだな。