しっかりした雨


 昨夜半過ぎの雷雨がすごかった!
 雨の音で目が覚め、雷雲の中に放り込まれたような轟雷が何回も。
 ぴょんは雷苦手ではないがそれでもちょっと怖かった。

 今日は1日雨と言っていたし、本当に久々のしっかりとした雨降りなので洗濯も掃除も布団干しもできない。
 午後の2時間ほど雨の降る時間が無いようなのでその時に買い物に行くつもりだが、そうなると午前は何をしていいのかわからなくてパソコンを開く。
 あ、また強くなってきたなあ、雨・・・と思っていたら小雨になり止みそうに。
 で、結局午前中に買い物に出た。
 やはりいつものタイムテーブルでないと落ち着かない。

 今月から自分のケータイ料金が1000円も上がる!(・・と思うがまだ確認できていない)
 キャンペーンの割引きの期限が来ただけなので仕方がないが。

 ケータイはほとんど・・通信も通話も・・使っていないのにお金払うのやだなあと思うが・・・これも必要のない必要経費か? ← よくわからない




スポンサーサイト

いらない効果音


 月火水と3日続けて夜はクイズ番組を見た。
 長時間のSPなので、時間にするとかなりになる。
 クイズは好きだがこんなに続けて見るのは初めて。

 相方は見たい番組が無くてもとりあえずテレビを点けておく人なので、煩いバラエティよりはクイズ番組の方がまだいい。
 ぴょんはというと・・・見たい番組の時にしかテレビは点けないしそれも最近では少ない。
 特にゴールデンタイムに放送しているバラエティや特番などは本当に煩いだけで・・・。

「テレビ初公開!」なんて番組もあれ、これ何年か前に見たぞ、というのが多くて・・・ああ、この局での放送は初めてって事か?と苦笑。
 1回まわるどころか何回もまわるほど長い年月を生きているので、どうしても同じ番組や内容に突き当たる。

 たまに世界の不思議紹介とか面白い番組に出会えるが、その時も煩いゲストや、「え~」「え~」という効果音(声?)が本当に煩くてイラつく。
 本当に驚いて、「えー!」という声もあるが、大半は効果音として入れているからしつこいし不自然。まともな内容さえ嘘っぽく感じてしまう。

 こーいうのは制作側が自身が安心するために入れているのだろうけど、もう少し自分が作る番組に自信を持てばいいのに。
 動いていないと場が持てないヘタな役者と一緒。

 それから動物番組も見るが、なんでいちいち効果音を入れるんだろう。
 たとえば歩く音。
 ネコも犬も歩く時にピコンピコンなんて足音しないぞ。
 食べる音とかちょっと動いただけで何か音を入れる。それで可愛さを増しているつもりだろうがかえって邪魔だ。
 特にカシュカシュという咀嚼音はいらない。

 制作側って見ている人の意見などは聞かないのか?
 
 過剰な演出はかえってしらけるって、そろそろ気が付いてくれないかなあ。 

ムシ暑いー!


 ムシ暑い~~。
 周りの空気が圧縮されて、体を押し包んでいるみたい。

 男たちは出勤して1人なのに何もする気がしない。
 いや、やらなければならない事はあるのだがムシ暑空気に密封されてやる気が起きない。

 できるなら周りの空気を遮断したいワ。 ← 危ない



やっと休みのY


 先週1週間の東京出張に続き今週1週間も休みなしだった息子Y が、この週末にやっと休める。
 今週は特に帰りも遅く、夕食も(用意していたが)いらないと電話してきたりできつかったようだ。

「慣れてきたと思ったら、もう帰国なんだもの」
 
 来日した取引先のイギリス人の担当をしていて・・・その人がすごく癖のある英語(日本でいえば方言らしい)なので最初慣れなくて・・・やっと聞き取れるようになったら帰国の日を迎えたという。

 それはご苦労さん。
 ぴょんなんか真っ当な英語でも聞き取れないけどね。

 今日明日は家でグタグタするんだろうな。
 自由にしていいけど、20代なのに遊ばないと勿体ないような気も・・・。



ヘレンド展と小鳥ガーデン


 梅雨の晴れ間で今日は30度を超えそうだ。
 あとは雨模様になりそうなので今日出掛ける事にした。

 まず中之島の東洋陶器美術館へ。
 特別展の「ハンガリーの名窯 ヘレンド」を展覧中。
 
 ぴょん家からは途中乗り換えで40分ぐらい。
 10時半には美術館へ。


     ヘレンドと小鳥ガーデン-2


     ヘレンドと小鳥ガーデン-3


 最初にビデオの上映を・・でもこれ見たような・・・TVでやったかな。

『目をつぶって ─ はい、開けてください』 ← ハンガリー語?

 テロップなので無理。

 ヘレンドといえばやはり花の絵柄を思い浮かべる。
 ハンガリー王室御用達窯だけあって豪華で繊細、細部にも細かい彫りを入れ見ていて飽きない。
 花のティーセットの1つでも欲しいワ。
 透かし彫りなんて、あまり細かいと割れてしまうだろうに。
 藍地に金彩を施した食器がやはり目を引く。美しい猛禽類もいた。

 でも今回は中国というか・・・東洋のデザインが多い。
 中には、「京都」と銘打ってあるのに明らかに絵柄は中国・・なんていうのもあった。見分けがつかないんだろうね。

 「ヘレンド窯の主な文様と装飾技法」の一覧の展示もあり(これはHPでも見られる)ああ、やはり花の文様が綺麗。
 写真が取れないのが残念だが、最後のテーブルセッティングだけはOK。


     ヘレンドと小鳥ガーデン-4


     ヘレンドと小鳥ガーデン-5


     ヘレンドと小鳥ガーデン-6


     ヘレンドと小鳥ガーデン-7


 1時間程で見て回り、その後は平常展の「安宅コレクション中国陶磁など」へ。
 天目や唐三彩に目が行くのは鑑定番組の影響か。


 外はかなり蒸し暑い。
 ここから梅田へ出るのだが、地下鉄だと乗り換えで面倒なので歩く事にした。といっても15分ぐらいだ。


     ヘレンドと小鳥ガーデン-1

 
 御堂筋は一方通行の6車線なので、信号待ちで車が止まっているのを見るとつい、
「全車グリッドに着いた。オールグリーン! 行けー!」
 と、叫びたくなる。 (^_^;)


 次に向かうのは、「心うるおう 小鳥ガーデン」
 120以上の小鳥作品を扱うお店が大集合する人気のイベント。

 ちょうど昼時なので先に場所だけ確認して・・・と思ったが、会場の鳥グッズを見てしまったらもうだめ。
 そのまま買い物に突入。

 以前に行った所より弱冠広い会場にぎゅうぎゅうに作品を並べる店々。
 ぴょんは作家さんをフォローしているが、やはり狭いのであまり広げての品出しは出来ないってツイしていたっけ。
 なのでちょっと目を流すとお目当ての鳥さんを見逃してしまいそうだ。

 ぴょんはイエローハルクイン狙いなので、とにかく黄色黄色・・・あ、青いセキセイも可愛い・・・黄色黄色・・・。
 今大人気のシマエナガちゃんもいる~。
 インコインコ・・・。さすがにコンドルはいないなあ。 ← 小鳥ではない
 インコ・・・。(もちろん他の鳥も好きだが、そこまで手を伸ばしていたらエライ事になるので、とりあえずインコ)

 こうして2時間近く見て回ったが思ったより欲しい物がない。いや、もう持っている物も多々あった。
 小鳥ストアは最近流行りなのでイベントも多く、そう毎回新作新作・・とはいかないのかもしれない。
 なにせ多くの作家さんは素人の手作りで1点ものなのだ。

 今回1番の狙いは着物の生地で作られたポーチ。もちろんセキセイインコ狙い。
 が、イエローハルクインはあったがもう1点、別の絵柄のが無くて(HP で見ている) 
 ちょうど居合わせた作家さんに訊いたら、今年はあと上大岡と札幌の出店予定とか。
 上大岡か・・そこなら行かれるけど。
 ま、次の出会いを楽しみに待つとしようか。

(他に肩掛けポシェットも欲しかったが見逃してしまったらしく、後日その事をツイしたらなんと作家さんから返信があり、置き場所はわかったがもう行かれない・・・)

 結局、昼食は食べ損ね、最寄駅でお寿司を買って家で食べるといういつものパターンに。


     ヘレンドと小鳥ガーデン-8


     ヘレンドと小鳥ガーデン-9

     インコの着物ポーチ インコのノート インコの柔らかポーチ


  この日の写真は最後の2枚以外は携帯電話のカメラで撮影。
  慣れようと思ったがやはり扱いにくい。
  荷物を減らせるので、なんとか活用したい。









色々忙しい日


 昨日の夜から頭痛が。
 今日は楽しい事と忙しい事が混じった日で・・・それなのにまだ痛い。時々だがこめかみがツキンとする。

 頭痛なんて年に1回か2回で、ましてや薬を飲むなんて年に1回あるかないか。
 だが今日は色々あるので昨夜に引き続き飲んでおく。

 主な用事を終わらせ(まだ残っているが)ネットに入ろうとしたら相方から電話。

「Y シャツのポケットに車のカードキーが入ってなかった? 一緒に洗ってない?」

 いくらずぼらのぴょんでも、そんな物が入っていたらさすがに気づくぞ。

 その後、相方の陣地(席周り)や引き出しの中も捜したが見当たらない。
 もし落ちていたら掃除機を掛けた時にわかるよなあ。

 相方には前科があって、散々散々探した揚句、作りなおした物が(高かった!)実はいつものズボンのポケットに入っていたという(もちろん、そこも散々探した)

 今回もそうだといいけど。

 恒例のチャットは用事のためいつもより短め。
 だけど・・・ちょっとおしゃべりしただけで欲求不満だが、それでも気分が少し上がった。
 この後の用事も頑張る。


 相方の失くし物は結局バッグの一番下に埋まっていたそう。
 やっぱりなー。
 でも見つかって良かった。
 会社の物だが、もし作り直すとしたらかなりの金額になっていたと思う。

 もちろんこずかいで出させるぞ。

大雨のはずが


 昨日までの天気予報で、「明日(21日)は大雨になり場所によっては災害も─」と言ったので覚悟していた。
 確かに昨夜から雨が降り始め・・・結構な雨量になりそうな降り方だった。

 朝方も降っていたが9時ごろには小降りになり晴れ間さえ見えてきた。

 またいつのもパターンかな。
 台風も、来るぞ来るぞすごいぞと言っておいて大した事ないのがこの地の常だ。

 大雨は午前中なので買い物は午後にしようかと思っていたが、ほとんど止んでいる状態なので出た。
 と、ザーザーに!
 油断した。
 どうやら1番ひどい時に買い物に出たようだ。

 もっとも午後の早い時間にはもう晴れてきたが。
 大雨になると言っていたが普段の雨天と変わりなかった。

 この地は淀川や琵琶湖があるので水不足には成り難いが、この調子では困る所も出てくるだろう。


まだ忙しい


 昨日は洗濯が無かったがその分今日はたくさん!
 息子Yの1週間分のY シャツや下着、そして息子G の・・・なにしたのか濡れた服・・・おそらく子どもらと川へでも行ったのだろう。
 そーいう仕事なので仕方がない・・・などなど。

 ぴょんは1回の洗濯で洗濯機を2回まわすが、これだけの量では2回では無理。が、洗うのはいくらでも洗えるが干す所は限りがあるので今日全部は洗いきれない。

 暑くて天気良すぎ。梅雨入りしてから10日間、この辺りは全然雨が降っていないそう。
 うん、確かに曇りはあったが雨は覚えが無い。レインブーツを買う気も起らない。
 だけど出掛けようと思っている今週半ばからは雨ってどゆこと?



 1週間の出張(それも東京まで往復は車だ)から帰って来た息子Y。
 休みなしで今朝は6時起きで出勤。夜の11時近くの帰宅となった。

 会社を出る時に電話があり、「夕食は片づけていいから」
 遅くなると夕食が終わってからぴょんが片づけるのも遅くなって悪いと思うのか、駅前で何か買ってきて夕食にしている。
 でも電話をくれた時点でもう10時過ぎだ。あと1時間ぐらい遅くなってもぴょんはいいのに。用意してあるんだから。
 だが彼の負担になるなら・・・と、言う通り片づける。

 明日も6時起きだという。
 若くてもさすがにきついだろう。


一気に忙しく


 昨日は息子G が泊まりになったので相方と2人分の買い物だったが・・・少ない・・・いいのか? と思うほど少なかった。

 今日は出張していた息子Y も帰ってくるしG も夕食はいると言っていたのでその分買い物も増えて、車の後部席が食料品で埋まった。
 いや~、2人ならラクだなあ、としみじみ・・・。

 夕方に帰宅したG。帰ってくるなりシャワーを。これから散髪に行くという。

「散髪屋でシャンプーしてくれるでしょ?」
「くれるけど、おれ今汚い」

 何してきたんだ? 20代男。 

キイハンター


 子どもの頃から見ていた役者さんが亡くなるのは悲しい。
 亡くなった時に初めて年齢を知る方もいる。自分といくつも変わらないんだ! と驚く事しばしば。

 昨夜、野際陽子さんの訃報をニュースで知った。
 休筆宣言をされた内田氏の「孤道」の雪江さん(主人公の母)のシーンを読んですぐのニュースだったので驚いた。

 野際さんといえば冬彦さんの母を思い起こす人が多いが、ぴょんはなんといっても「キイハンター」だ。
 もっとも野際さん演じる津川啓子のファンではなく、風間洋介(千葉真一)のファンだったが。

「小学生の時に見たこの番組が、今までに自分が書いたもの & 描いたものの原点だった」

 と、淳さんが言っていたっけ。
 そうね、淳さんの描いていた警察まんがや国際警察ものは、その基本はキイハンターだもんね。

 ぴょんも千葉真一の大ファンで、放送のある土曜日を楽しみにしていた。
 毎回メンバーの1人がメインとなりストーリーが展開していく。予告で風間がメインとわかるとそれはそれは楽しみに1週間待った。
 が、土曜の夜という事もあり、時々大人向けのお色気話の予告が流れるととたんに見る気をなくす。

 当時はビデオなど無かったので夏休みで田舎に行くのが嫌だった。田舎では1~ 2週間遅れの話になるからだ。(チャンネル権ないし)
 2人が結婚された時はびっくりした。千葉真一と結婚したい! と本気で思っていたからだ。 ← 子どもなので (^_^;) 

 そういえば自分のおこずかいで初めて買ったレコード(唄)って千葉さんのだったなあ。
 これを書くときにちょっと検索してみたが・・・なんの歌なのかさっぱりわからない。で、覚えている歌詞を書いてやっと出てきた。映画の主題歌だったらしい。(たぶん見ていない)
 それが今月に東映チャンネルで放送されるそうだ。
 あまりの偶然に驚いた。


 先に書いた雪江さんもぴょんは加藤治子(制作局によって配役が違う)さんのイメージが強い。

 野際さんは頻繁にお顔を見ていた役者ではないが、ふとした時に思い出すその印象は鮮やかだ。

防犯のビラ


 梅雨の晴れ間は貴重なので、天気が良い日はセッセと大きな物を洗濯している。
 今日もシーツや布団カバーなど洗ったが、考えてみればこのところずーーーっと晴れ間だな・・・。    

 今週から、いつも行くスーパーの横のATM (銀行)の前に腕に 『防犯』 の腕章を付けた人が立っている。
 道行く(もしくはATMに並ぶ)年配者にビラを渡しているので “おれおれ詐欺に注意! ” の内容かな。
 そういえばATM のある所に注意喚起を促す人が立つというニュースを見たような気が。

 う、もしぴょんが手渡されたら・・・年配者に見えるって事?
 確かに手渡している人よりは年上だと思うけど。

 なのでそこを通るたびにドキドキする。
 一瞬目が合うが、ビラは来ない。
 ホッ。

 もっとも渡されているのはぴょんの親世代の人が多いが。


若冲動植綵絵 30図展 / 西陣美術織工房 展


 駅前のショッピングモールには小さなアートギャラリーがある。
 有名無名の人達(またはサークル)が作品を展示し、それが無料で見られるのだ。
 今は伊東若沖の作品を西陣織りで再現した作品展が開かれている。

 西陣織りは綺麗だけど若冲の絵そのものではないし、サラリと見ようと思ったらとんでもない!
 とても短時間で通り抜けられるものではなかった。

 若冲といえばのあの羽根のレースのような透き通る白さが美しい「鸚鵡牡丹図」や「老松白鳳図」をまず思い浮かべる。もちろん鶏の絵も有名。
 それらの絵柄が西陣織りで織られているのだが、会場で借りたルーペで見てみると表面的には白一色に見えてもそこには何色もの色がまさしく織り重なって一色ないし二色の色が出されている。
 髪の毛よりずっと細い絹糸だそうだ。
 個別に説明もしてくれるのでどんどん訊いたら、ずーーっと見ていたくてますますこの場を離れがたくなった。

 作品数は33点だが1点1点見ているとあっという間に時間が経つ。
 今日までなのよね、もっと早く来ればよかった。

 人気投票があり投票すると絵葉書が貰える。(この中から1点なんて無謀だー)
 ぴょんは20番の「芳園翔歩」に。
 絵としては鳳凰や孔雀の絵が好きだが、「芳園翔歩」はあまり見た事がない絵で、でも鶏の羽がバッ! と舞っているのが目を引いた。

 東京と京都の若冲展は見逃してしまったので次回はぜひ!
 あ、西陣織の会館にも行きたい。


     若冲西陣織


紫陽花と花菖蒲 2


 宇治まで来たので平等院など行こうかと思ったが(相方は入った事がないというので)観光客の多さにいやになって( ← 自分達だってそうじゃん)その先の天ケ瀬ダムへ。
 前から行ってみたかったのだ。

 場所は以前桜祭りを見に行った宇治川の上流。
 何年も前に息子達を連れてダム手前のつり橋まで行こうとして・・・徒歩では距離があるので諦めたのだ。

 今回は車だが山道をクネクネ登る。
 ダムの横を通り過ぎ・・・えーと・・車内から見るだけか? このまま行けば滋賀県に入ってしまう。
 でもぴょんは見逃さなかった。
 ダムの入口に、「見学者コースはこちら」なる看板があったのだ。

 U ターンしてダムの入口に。
 関係者以外立ち入り禁止の看板に相方が、

「見られないだろう」
「そんな事ないよ。ほら、見学者のコースが」

 と、守衛のおじさまが見学はできると教えてくれた。
 といってもダム上の道を歩くだけ。さすがに機械設備の見学は無理だね。


     紫陽花と花菖蒲-25

     堤上路から下流を

 ここの堤上路は車は通れず徒歩のみ。


     紫陽花と花菖蒲-26

     放水口


 『こんな所でアクションしたら大変だろうなあ』 と、悪い顔をした淳さんが─。


     紫陽花と花菖蒲-28

     梯子の上の小屋には船(おおとり)が収容されている


 貯水量が少ない。梅雨とはいえまともに雨が降っていないからね。
 放水しているところが見たかったなー。

 堤上路には四季のダム写真が貼ってあったが雪舞う中のダムも綺麗。
 夜はライトアップされるが、この道は夜間は立ち入り禁止になるので下流の橋上から見る。


 花見ついでに山田池公園にも行こうという事になった。
 ここも今は花菖蒲が満開。しかもぴょん市内にある(近っっ!)府立公園だ。

 なので地元に戻る。その前に昼食。今日は14時前になった。


     紫陽花と花菖蒲-29

     初 なか卯 そばと海鮮丼のセット


 山田池公園の場所は知っているが、駐車場など細かい所は知らないので一応ナビセット。
 が、またまた道を1本手前で曲がってしまう相方。おかげでまたまた公園をグルリとひと周り。
 毎回このパターンだな。

 府の広域公園でもある山田池公園には、広大な敷地に山田池をはじめジョギングコースやバーベキュー広場、もみじ谷、展望広場、水生花園などがある。
 今は花菖蒲の季節。その数、約140種 10,000株の花菖蒲が観賞できる。


     紫陽花と花菖蒲-30

     花しょうぶ園


     紫陽花と花菖蒲-31

     花菖蒲といったらやはりこの色かな


     紫陽花と花菖蒲-32


     紫陽花と花菖蒲-33


 江戸古花や肥後系、伊勢系などたくさんの種類があるのね。
 とても覚えきれない~と思ったら、チラシの後ろに一部だが一覧表(写真)があった。


     紫陽花と花菖蒲-34


 絵を描いている人もいて、おにぎりとお茶を持ってここで1日絵を描くのもいいかも。


 紫陽花園にも行ってみた。


     紫陽花と花菖蒲-35


     紫陽花と花菖蒲-36

     小規模だが綺麗に咲いている  


     紫陽花と花菖蒲-37


 天気は良いので歩くと汗ばむが風が冷たい。
 半袖の上にレースのカーディガンでは腕がスースーする。


     紫陽花と花菖蒲-38

     何かを狙っている白鷺( ← 真剣)

 野鳥の観測所もあり、鵜やビタキ、鴨、鷺類、ヒレンジャクなど多数の鳥が見られる。

 帰りがけに息子G から電話。夕食いらないはずだったがもう帰って来たのでいるという。
 外食しようかと思ったんだけどなー。(G は外食嫌い)
 今16時過ぎだがもう行く所もないし、歩いて疲れたからうちでゆっくり夕食もいいか。
 作るのはぴょんだが。


     紫陽花と花菖蒲-39


     紫陽花と花菖蒲-40

 三室戸寺で新茶もちなるものを売っていたので買ってみた。
 宇治に来るたびに茶団子は買うがこれは初めてのお菓子。中に白餡が入っていて甘いー。

 だけどハウステンボスのお菓子がまだ残っている。
 菓子好きの息子Y がいないので減らない。


紫陽花と花菖蒲 1


 今日から1週間、息子Y は東京に出張。息子G は昨日から泊りがけでいない。
 相方も出勤だと思ったら今日は休みだという。
 あれ? カレンダーに休みの印がない。聞き間違えたかな?

 ンなわけで急遽ドライブへ。
 コウノトリの郷公園(豊岡市)に行こうと相方。が、今日は休園日だった。
 そこでぴょんが近場だが紫陽花を見に行きたいと三室戸寺へ。

 四国十番所であり花の寺だ。今は紫陽花の時期。ぴょん家からは15キロと近い。
 とはいっても、名前は知っているが行った事はないのでナビを入れる。
 と、なぜか混んでいる道を選択するナビ。1号線に出るのならこっちではなくあっちの方が空いているのに。(ナビ的にはこっちの方が距離が短かったのだろう)

 相変わらずナビに頼る相方。これだから道を覚えない。
 そしてナビ通りに行かず・・・なぜか道を1本間違える。おかげでお寺をぐるりと一周。が、観光客の多い宇治周辺から1.5キロ程の所にこんな鬱蒼とした森があるのかと驚いた。
 そのままの・・整備されていない緑が気持ち良い。

 300台収容の駐車場は満杯。平日の午前だが参拝客でいっぱいだ。


     紫陽花と花菖蒲-1

    

     紫陽花と花菖蒲-2

     参道を行くと眼下に紫陽花庭園が


     紫陽花と花菖蒲-3

     花の茶屋のメニュー あじさいを模したものが多い


 ふと見ると本堂は遥か階段の上。


     紫陽花と花菖蒲-4


「どうする? 元気なうちに上がる?」

 と、言うぴょんに頷く相方。
 先にお参りすることに。(ぴょんは早く花を見たかったんだけどなー)

 それにしても毎回毎回階段や山道が多い。


     紫陽花と花菖蒲-5

     不動明王の手水


     紫陽花と花菖蒲-9

     宇賀神

     
 ここで宇賀神に会うとは思わなかった。
 この宇賀神象を撫でると財運(金運)・良運がつくといわれいる。


     紫陽花と花菖蒲-6

     狛兎


 兎が抱いている大きな玉の中に卵型の石があり、それが立てば願いが通じると云われている。
 でも前の人が立ててそのままなので、ぴょんはわざと手の上でクルリと一周させてから台座に立てた。
 

     紫陽花と花菖蒲-7

     本堂


     紫陽花と花菖蒲-8

     鐘楼と三重塔


     紫陽花と花菖蒲-41

     宝勝牛を一生懸命撫でる相方 

 牛の口中には石の玉があり、これを撫でると勝運がつくといわれている。


     紫陽花と花菖蒲-10

     ハス池もあるが、まだこれから


 しかし、いつからうちらは神社やお寺を巡る趣味になったのだろう。


 階段を下りて紫陽花庭園へ。

 50種・1万株の西洋アジサイ、額あじさい、柏葉アジサイ、幻の紫陽花・七段花等が咲き乱る紫陽花の名所として有名。


     紫陽花と花菖蒲-11

     紫陽花とその向こうはもう終わってしまったツツジの山


     紫陽花と花菖蒲-12


 ハートの紫陽花をみつけると恋が実るとかナントカ・・・と流行っているので、写真を撮る女性が多い。
 ぴょんはもういいが・・・一応撮っておく。


     紫陽花と花菖蒲-13

     紫陽花といったらやはりこの色

 
     紫陽花と花菖蒲-14


 HP で見たら5分咲きと書かれていたが、広いし株が多いので見ごたえはある。(が、やはりもうちょっと先が見頃かな)



     紫陽花と花菖蒲-19


     紫陽花と花菖蒲-15


     紫陽花と花菖蒲-16


 この辺りまでデジカメをマニュアルで撮っていた事に気が付く。
 ぶれていないといいが・・・。


     紫陽花と花菖蒲-17

     ピンクも可愛い


     紫陽花と花菖蒲-18


     紫陽花と花菖蒲-19


 ここでなんとデジカメのバッテリーが切れた!
 急なおでかけだったので充電していなかったのだ。
 仕方が無くケータイで撮影。あとで車の中で充電する。


     紫陽花と花菖蒲-20

     池泉回遊式庭園には花菖蒲も


     紫陽花と花菖蒲-21

     水際にいたら集まってきてしまった鯉 


     紫陽花と花菖蒲-24

     石庭


     紫陽花と花菖蒲-22

     細かい花びら(ガク)も可憐


     紫陽花と花菖蒲-23

     2色紫陽花だ


 先月のハウステンボスでも次回開催のあじさい祭りの準備をしていて、アジサイロードにはチラホラと花が咲き始めていたが撮り損なったのでここでしっかりと見る。














電話が通じない


 買い物先から迎えを頼むために家に電話をしたら通じない。

 番号が使われていないか電波が届かない?
 確かに家の固定電話は有線ではなく電波を飛ばしているが、今までにこんな事はなかった。

 通信機器の不具合は面倒だ。
 電話もwiーfi も相方や息子達のタッチなしにぴょんが決めたので何かあるとぴょんが対処する。
 これがまた面倒で・・・。

 とりあえず相方のケータイに掛けて車で迎えに来てもらった。

 帰って確かめるとやはり通じない。
 掛けられないし、ケータイから電話してもウンともスンとも・・・もしくは話し中・・・言わない。
 トリセツを見ても該当するトラブルは書かれていないし。

「電話代払ってないんじゃないだろうな」

 と、相方。
 それならケータイもネットも通じなくなるよ、一緒の支払いなんだから。

 ダメならKDDI に電話するかHPを見ようと思っていたらいつの間にか通じていた。
 なんだったんだ?? たまたま電波の状態が悪かったのか?
 通信機器のトラブル・・・ほんとイヤ・・・。


 プランタ植えのビワの実が12個生った。
 飼料もあげていないのに毎年実がつく。
 黄色くなった7個を取ったが、ちょっと早かったのか甘味は少ない。


梅雨入り


 梅雨入り~。
 ああ、またいやな季節が来る。
 
 雨が降らないとまずいのはわかっているが・・・昼間はできるだけ降らないでくれないかなーと勝手な事を思う。


 パソコンの調子が良いので、今のうちに旅ブログ書きを進めておかなければ。
 書いているとつい力が入って建物や宝物などの謂れや説明などあれこれ書いてしまうが、ガイドブックを書いているわけではないと反省しあまりしつこい所は削除していく。
 
 記録なので細かい事を書くのもいいが、読む人が退屈しない程度にしないとね。
 お客が少ないブログとはいえ公開しているのだから。

 しかし・・・旅記事を全部アップするにはまだ掛かりそうだ・・・。


ツイッターが止まる


 ツイッターのTL を遡るとパソコンが止まる。
 1回止まると復活まで時間が掛かり、再起動や強制終了になるので昨日も今日も何もできなかった。

 旅記事を書きたいのに。
 一応メモは取ってあるが、記憶の新しいうちに書かないと。
 タブレットを持って行ったのでメールの下書きに書いておいてそれを参考に本文を書こうと思っていたが、旅の当日は疲れてしまい書けなかった。


 TL の画像の表示に時間が掛かるのでこちらのナニかのせいだと思う。
 今日もそうなりかけたのでちょっとだけ遡ってやめる。
 パソコンが不調だとほんとイライラするね。


 先日の旅行では今までのようにやたらめったら写真を撮らない様に・・・いい所だけ抑えて撮ろうと決めていた。
 帰ってからの写真の整理が大変だからだ。
 が、改めて見てみると・・・あ、あれ撮らなかったっけ? うわ、これも撮ってない!? が多くて・・・。

 古いデジカメなので時々保存が上手くいかないので時間を掛けて処理するつもりが・・それで撮るタイミングを逃してしまったのか。 (-"-)


目を酷使


 旅に持って行った文庫本はほとんど読まなかった。
 疲れたのもあったし、ホテルの部屋が暗めだったから読みにくかったし。

 その反動で昨夜気の済むまま一気に読み捲ったら、目を酷使したせいか起きてからずーっと目も頭もクラクラ。
 なのに午前中にパソコン叩いて・・・で、また午後もパソコン叩いて・・・ずーーっと気分が悪い。

 旅の写真整理やブログを書きたいけど今日はお休み。
 な、情けなや。

帰宅


 5時半に三ノ宮に、7時には梅田に到着。この後、難波と京都に行く。
 ぴょんは梅田でも京都でもいいが7時はちょっと早すぎる。
 電車もまだラッシュ時だろうから、ここはのんびりと京都まで乗って行こう。

 なんばHatch のバスターミナルに入ったら横の建物に何人ものポスターが貼ってあってその中に水木一郎さんのポスターも。
 ああ、Hatch だもんね。(ささきさんならよかったのにな~ と淳さんがのたもうておった)

 昨夜の荒い運転とは打って変わって普通に進み(ここで荒っぽかったら事故る)ぴょん市に近づく。
 石清水八幡宮の建つ山が見えた時、ここで降りた方が近いなーと思った。(高速上だぞ)

 と、時間調整のためにバスは高速バスターミナルに入る。
 ここは高速バスを使うのならぴょん家から1番近いターミナルだ。
 ここで降りちゃだめかなー。でも足がないなあ。近いが、車でないと不便な場所なのだ。(後で息子G に訊いたら、徒歩10分程でJRの駅に行かれるそうな。そこならぴょん家まで路線バス1本だ。もっとも荷物を持って10分歩くのはいやだし途中下車はできないだろうが)

 9時前には京都駅に到着。
 朝ご飯でも食べようかと思ったが駅を見たらそのまま電車に乗ってしまった。
 ぴょん最寄り駅に着いたのは9時40分頃。買い物して10時10分には帰宅。

 家には誰も居ない。
 洗濯物はあるが、30日は相方が休みだったので洗濯したのだろう。量は多くはない。
 疲れてゴロンかと思ったが思いのほか元気。
 とにかくお風呂に入りたくて洗濯機を回しながら入浴、そして買ってきたお弁当で昼食。
 元気じゃん、ぴょん!

 が、その後3時間程寝てしまった。

 夕食の用意を済ませ録画したドラマを見ていると息子Y から電話。

「あ、帰っていたんだ」

 夕食を買って帰るつもりだったらしい。
 おい、今日帰ると言ってあるぞ。
 あれ? もしかして伝わっていない? 予定表にも書いておいたけど・・・。
 なので相方と息子G に、「夕食あります」メールを。
 横の連絡の悪い家だ。

 行程はちょっと忙しかったが楽しかった。
 今月にやらなければいけない事がいくつかあるが・・・さあ、またいつもの日々を頑張る!