背割堤の桜のトンネル 

2017, 04. 10 (Mon) 22:45


 桜が満開になってから天気に恵まれない日々。
 今日も下り坂だが明日は雨だというので午後から花見にでかける。
 ちょうど息子G が京都に行くので途中まで乗せて行ってもらう。

 場所は八幡市の背割堤。
 三川合流域(桂川、宇治川、木津川)の手前で、宇治川と木津川の間の堤防に桜が植えられていてそれが1.4キロも続く桜のトンネルになっている。
 少し前までは知る人ぞ知るの場所だったがいつの間にか有名になり、特にこの桜まつりの期間には遠方から多数の花見客が訪れる。

 と、わかっていたのだが・・・。

 ぴょん家からは電車でもバスでも30分ぐらいだ。車なら10分。が、道が混んでいた!
 川沿いの道は一車線で、横道は無いので渋滞にはまると逃げられない。おまけに橋を渡る車も多いので、その前の信号でも混む。
 臨時駐車場もいっぱいなくらいの人出だ。普段なら5分のところが20分掛かった。


     背割堤2017-1

     車内から背割堤の桜とさくらであい館の展望塔 やはり天気がイマイチ


 ぴょんを降ろした後、G はこの道をまっすぐ行くのだがその先も渋滞が続いているので橋を渡り迂回。
 ぴょんは橋手前で降りる予定だったが、渡る方が背割堤に近くなるので良かったが。


     背割堤2017-2

     まさしく桜のトンネル。


     背割堤2017-3


     背割堤2017-13

     平日の昼間だが、かなりの人出。


     背割堤2017-4


 シートを広げた花見客は思ったより多くないが、なかにはパン食い競争をやっていたグループもいた。 (^.^)


     背割堤2017-5

     川岸に降りて見上げると


     背割堤2017-14


 うぐいすが鳴いている。ぴょん家の方ではまだ。先月に行った奈良では鳴いていたっけ。
 風が吹くと花びらが舞う。まだ少ないが綺麗だ。

     背割堤2017-6

     水たまりにも


     背割堤2017-7

     わかりずらいが水面に桜が映っている


 人出は多いが広いので混雑は感じない。
 ただトイレは超混み! で、長い人だと10分ぐらい待ったとか。


 先月にオープンした「さくらであい館」の展望塔に上がる。
 桜まつりの今だけ有料。明日からは無料。


     背割堤2017-8

     向かって左が木津川 右が宇治川 向こうの山は天下分け目の天王山


     背割堤2017-9

     宇治川を行く花見のクルーズ船     


 背割堤が一望できるがなんだか中途半端な高さだ。もう2階程あってもいいな。
 毎年新聞に載る背割堤の桜並木の写真はヘリコプタから撮られているので余計にそう思うのかもしれない。
 塔は風で体にわかるくらい揺れているのでこれが限界なのだろう。


     背割堤2017-10

     御幸橋から駅へと向かう(行きは車で渡った)


     背割堤2017-11

 駅をちょっと過ぎると趣のある店が。やわた走井餅老舗(はしりいもちろうほ)


 走井餅は、「東海道五十三次」の大津宿にも描かれた大津名物で、明治に名水で名高い石清水のふもとの店へ引き継がれた。

 昨年国宝指定となった石清水八幡宮に行こうかと思ったが天気がイマイチなので帰る事にした。
 電車でもいいが、バスの方が家の近くまで行くので待っていると、ぴょんの母ぐらいのおば様に声を掛けられ一緒にバスに乗る。
 やはり背割堤に行って、これからさくら公園に行くという。

 さくら公園はぴょんも一昨年に行っている、家から1キロくらいの桜の名所だ。
 おば様は本当は背割堤から歩いて行きたかったそうだがさすがに距離があってバスにしたとか。
 でも今日はもう7キロぐらい歩いているそうだ。
 奈良から1人でお花見に来た。1人だと自由気ままでいいと。
 おば様はぴょんより先に降りたが、帰りはここから駅まで歩く(30分ぐらい)という。
 いいなあ、理想だな、元気であちこち巡るのって。


     背割堤2017-12

     
スポンサーサイト