ブルーレイを予約した

 10月に発売される「科学忍者隊ガッチャマン」のブルーレイを予約した。

 値引きされているとはいえ6万円代は収入のない専業主婦には贅沢な品。
 DVDも持ってるしどうしょうか・・・と思っていたが、TOKYOMXで放映されている(こちらでは見られない)ガッチャマンはリマスター版で画像が綺麗だと聞き見たくなった。

 子育て時代だったら諦めていたかもしれないな。
 もちろん今は2人暮らしとはいえ完全に子どもらが独立したわけではないので、決して使えるお金が増えたわけではない。大学の奨学金の返済もあるしね。
 子どもが返すって言ってるけど、もし返せなかったら親が知らん顔できないもん。

 でもね、先日入院して思ったの。
「明日はどうなるかわからない」
 って。
 あたりまえなんだけど今まであまり考えてなかったし。
 だからとりあえず、すごく分相応じゃない限り欲しい物は手に入れようって。

 ぴょんが「欲しい」と言って、相方に「だめ」と言われた事はないけど、それは家計の状態はぴょんが1番よく知っているから無茶なおねだりはしないと思われているからだろうなあ。

 7万円のDVDや今回のブルーレイの事を知ったら、さすがに驚くだろうが(内緒!)

 それに私的年金が今年満期になって、少額だが月々に年金が入るからナントカなるだろう。うん、なるよね。と、散々考えて(小心者ゆえ)、「ポイント3倍キャンペーン」の締め切りギリギリにやっとポチッ!とした。
 これで貰うポイントで今売り出しているどこよりも安くなる計算なのだが・・・そう甘くなかった!  
 通常ポイントはいい。だがキャンペーン分のポイントが付くのは10月半ば(の予定)で、使用限定期間は10月末。

 なんじゃ~そりゃ~~。

 ヘタしたらぴょんは2回目の入院中では? 使えずに失効してしまうのでは?(31日現在、まだ入院の予定ははっきりしていない)

 仕方ないな。
 どっちみち予約するなら今しかないし。発売日ギリギリまでねばって、もし入院と重なってもあわてるだけだしね。

 いーや。

 あははは・・・はは・・は・・
スポンサーサイト

「タツノコプロテン」に行って来た

「タツコノプロテンを見てグッズを買いたい!」
 だから車を出してほしいと言うと、あっさりと
「いいよ」
 と、相方。
 ちなみに彼はアニメファンでもなんでもない。だがぴょんがジョーファンなのは知っている。
 気が変わらないうちに、「27日に行く」 と決定。

 そう、銀座での催しが終わり、大阪・梅田でも開催される「設立50周年 タツノコプロテン」
 行かれるかどうかビミョ~だったんだけど、期間中に相方の休みが3日もあるのは、「行け!」という事だ、と都合よく考え行ってきました。

 電車では何回も行った事があるが・・・梅田なんて車で行く所じゃないんだけどねー。混んでるし駐車場は高いし。
 でもぴょんは何年もこういうイベントから遠ざかっていたのでチャンスは逃してはならない。

 途中ちょっと寄り道をしたので着いたのはお昼近く。
 ぴょんは用心のために杖を持って行ったから(外ではないと歩けない)あまりあちこち行きたくないので真っ直ぐ催事場へ。
 おお、思ったより人出は多い。良かった、閑散としてなくて。

 招待券なので2名入れる。相方は興味が薄いだろうけど何かあった時のために一緒に入ってもらった。ガッチャマンもヤッターマンもまったく知らないわけじゃないしね。

 会場に入った瞬間・・・うーん、地味だし・・・なんだろうなあ。
 こーいう時に感じるワクワク感がない。

 それでもガッチャマンのコーナーは離れがたく、想いを振り切って進んでは、
「あ、あれもう1回見たい」
 と、引き返す事4回。そのたびに一緒に回れ右する相方。(すまぬ!)


 会場を出たらとたんにドッと疲れが。
 相方がビジネスバッグを見たいと言うのを、一応一緒に階下には行ったが、
「ここで座って待ってるから見てきたら」
 と、冷たいお言葉。本当にアドレナリン切れた~~。

 その他の事は淳さんが書いているのでここから行ってみてください。←他力本願 

 それにしても・・・ジョーが少ない!いない!ぴょんはジョーさえいればなにもいらないのに!
 ガッチャマン40周年の催しではないんだけどね。


痩せた?


 おしりが痛い・・・。←いきなり 

 いえ、ちにてんてんの病気ではありませぬ。
 
 トイレやイスに座るとおしりが痛くて・・・いや、おしりの骨が座る部分に当たって痛いの。
 大腿骨だよね。
 リハビリの時はこの骨を意識して、体重をうまく足に乗せるように言われてたけど・・・。(普通に歩ける人は意識せずやっているのでわかりにくい)

 そっと手をやってみると・・・あれ? おしりの肉が薄くなっている? もしかして痩せた? おしりだけ?
 あ、手も細くなった気がする。深いコップを洗う時、中にスポッと手首まで入るもん(以前は途中でつかえた)

 うわっ、嬉しい。そういえば腰の後ろの骨もすぐ触れるわね。(寝るときは布団に当たり、ちと痛いが)
 だけどその前の方の肉は減っていないというお約束。おまけに体重はあまり変わらない。

 その分、どこが増えたんだ?(そっちの方が怖い)

やる気と目標


 22日から28日まで大阪、梅田の百貨店で開催される「創立50周年記念 タツノコプロテン」の招待券が届いた。
 ヤフオクしたもので、もしかしたら行けないかもしれないがチケットだけは手に入れた。

 これに先立って、東のブロ友さんから銀座で開催された同展限定のスイーツをお見舞いでいただいた。
 マカロンの表面にガッチャマンの絵が印刷されていて・・・とても食べられないよ~~、と、とりあえず冷蔵庫に入れ賞味期間まで持たせる事にした。

 さらに40年来の友人であるTちゃんからもプロテングッズが届いた。
 行かれないかもしれない、というぴょんのためにジョーの絵が付いたものを送ってくれたのだ。

 このようにぴょんはあちらこちらの方々にお世話になっている。
 このお2人の他にも、何人かのブロ友さん(1度もお会いした事がないのだ!)から頂き物をしている。
 だが・・・。

 1人で出歩けないぴょんはお返しの品さえ見る事ができず、未だ何ひとつお送りできず・・・言葉でしか感謝を表せないでいる。
 通販で送るのは簡単だ。しかしやはり1人1人に合いそうな(実際にはわからないのだが)物を何か・・・と思ってしまい、結果何もしていない状態になっている。

 もちろん、かの方々はお返しが目当てで親切にしてくれるのではない。だが辛い・・・。

 あと少し・・・ちゃんと歩いて外出が出来るようになったら・・・。
 それにはもう1度、今度は右足の手術を受けなければならない。
 日にちによっては東で行われるガッチャマン40周年のオフ会にも行かれないだろう。

 だけどそれを越えれば、きっと。

 そう思い、やる気と目標にしている。


ぴょんの大冒険


『ぴょんさーん、大冒険ってナニしたんですか?無人島でも探検しましたか?』 
 いや、近くの郵便局に行って来ただけだけどね。
『なんだ、それだけ?』
 それだけでも今のぴょんには大冒険なのだよ。

 普通に歩けば3分ほどだが、ぴょんはその何倍も掛けて(途中休憩あり)辿り着いた。
 そこまでの道は人通りの少ない裏道で、道路を渡るけど2車線なのでナントカなる。

 だけどやっぱり緊張するなあ。
 足はガチガチ、家ではできる無茶な動作もできない。
 だが時間はたっぷりある。

 片道1時間掛けても文句言う人も困る人もいないんだからのんびり行こう、と自分に言い聞かせ、安全コースを・・・。(だが、さすがに1時間かかったらちょっとイヤだな)
 しかしこうやって杖を使ってみると、道路のほんのちょっとしたデコボコが杖に引っかかって危ないわね。

 帰る途中、休憩で花壇(塀を兼ねていて座れる)に腰を降ろしていると、上空を何機もの飛行機が。
 ああ、病院でも見たなあ。
 え、ではもう11時近く? 往復+郵便局で本当に1時間掛かったのか?

 でも1人で外を歩かない方がいい、と言われていたぴょんだが、こうやって歩けた事で、では次はあそこもここも・・・と意欲が出て来た。

神戸へミニドライブ 2

 展望台からの景色を満喫し、六甲山を下って行くぴょん車。
「はああ~」
 と、安堵の息を吐く相方。
 下りはまだいいが登りは怖かったそうだ。そんな人が運転している車に乗っている方が怖いぞ。

 さて、神戸の街中にでも向かうのかと思ったら、
「空港へ行く」
 へ?神戸空港?

 実は休みに入る前にぴょんは、「関空に行きたい」、先日の伊勢に行く時も、「セントレアに行きたい」と言っていた。遠いので行かれなかったがそれを覚えていたようだ。

 で、神戸空港なのね。
 ここは土曜日に相方が仕事で来ている所に近い。今日は休みだがちょっと寄ってみると・・・わあ、車がいっぱい。さすが自動車埠頭。
 この千台あまりの車をオークションするために、お目当ての車を見て回る(検査)のだそうだ。 
 見るだけでも大変なのにまた広い事広い事!朝早く(5時前)に出ていくはずだわ。
 こうやってお仕事してぴょん達を養ってくれてるのね。感謝・・・あっ!ガントリークレーンの群が!←興味はこっちに移る 

 ぴょんの一心同体の淳さんのお話にはよく港湾が出てくる。一般人があまり入らないので登場人物達が無茶な事をしても大丈夫だからだそうだ。(・・・可愛そうに)

 この先の海底トンネルから神戸空港へ。
 狭い地域に関空、伊丹(大阪)、神戸と3つの空港があるため閉鎖しろ!と言われているうちの1番小規模な空港だ。
 でも人出は結構あって駐車場もいっぱい。飛行機には乗らずに展望デッキから離着陸を楽しむ人もいる(この2人もそうだ)
 滑走路は1本だが海上空港なので海をバックになかなかの景色。

「でも滑走路、短くない?何百メートルにしか見えない」
 と、相方。
 そんなわけはない。それじゃあジェット機は降りられないよ。(あとで調べたら2500メートルあるそうだ。確かにそんなにあるようには見えなかった)

 点検中の飛行機が三機。と、一機がトーイングカーに引かれタキシーへ。おお、飛び立つぞ。 
 風向きから見るとあっちかな、と携帯(カメラ)を持って移動したら反対だった。向かい風で飛び立つんだな。
 すると、遥か上空から一機の中型機が。
 陸(関空か伊丹)に向かうのかな、と思ってたら旋回してこちらに向かってくる。滑走路にはまだV1前(離陸決定速度)の旅客機が。
 あ、高度落として来た。

 もちろんぴょんが心配する必要はない。
 離陸機がV2(安全離陸速度)になってから着陸体勢に入る中型機。うーん、ワクワクする~。  
 元々あまり興味のなかった相方も写真撮りまくりで2人とも完全に子ども状態。

神戸空港

 でもね、小規模の空港のせいか一機の飛行機も・・・ボーディング・ブリッジにも滑走路にも一機の飛行機もない時間が結構あって・・・寂しかった。

 そのあと飛行機を見ながら昼食。
 カップルはたくさんいたのになぜかぴょん達が滑走路の見える窓際に案内された。子ども状態がバレたかな。

 見ているといつまでも居そうなので後ろ髪引かれる思いで空港をあとに。

ガントリークレーン

 このガントリークレーンは行きに見たもの。

 相方は近くの花鳥園に行くつもりだったらしいが、(これもぴょんがボソッと、行きたいな~と呟いていた)時間が時間だし・・・行くのなら猛禽類のショーの時間に行きたいもんね(今日はもう終わってる)
 なので次回のお楽しみ。

 帰りは高速上で雷や雨に遭うかと思ったが、ナントカ抜けて無事帰宅。
 ミニドライブにしては、なかなか充実した1日だった。



神戸へミニドライブ 1

 相方のお盆休みも今日で終わり。
 買い物してゆっくり過ごそうかと思っていたら、
「ミニドライブに行こう」

 えー、また急にー。
 だがそこは2人暮らしの気安さ(こればっかり)
 どこへ行くのかと思ったら、神戸の六甲山だって。山の上からの海もまた綺麗なのだ。

 恋人時代のある年末にこの山頂のホテルで眼下に輝く神戸の夜景を見て・・・  

 ま、それはいいや。

 で、またまた高速道路で。
 ぴょんは高速が好きではない。一般道で街並み見ながら走るのが好きなんだけど近場とはいえさすがに時間が掛かるからね。仕方ないか。

 通るのは悪名高き(ぴょんの個人的な感想です)阪○高速。
 だって以前通った時なんかスピードバンバンは当たり前だし、左右からぴょん車の前に追い越し車が飛び出し、目の前で交差(車線変更)して行くんだよ。
 X攻撃かっ!
 そんなわけであまりいいイメージではなかったが、今日はごく普通の高速道路でした。

 ちなみにぴょん車には道路に仕掛けられたセンサーやレーダーを感知する機器が付けられている。
 以前に「4万円」という題で記事にした、あの機器だ。これがまたうるさいのだ。
 NシステムやHシステム、レーダーや無線に反応し年中ピーピーいっている。時々、
『この先、チェックポイントがあります』
 とか言う。
「なんのポイントよ」
 と、訊いても教えてくれない。そのうち
『回避しました』
 とくる。
「チェックポイントを回避したら、ラリーポイントのチェックできなくて失格になるじゃないー」
「なにわけわかんないこと言ってるんだ?」 ←これは相方

 はい・・ごもっとも。でもラリーをする人ならわかるよねー。

 この機器は高速道路上だけではなく、下を走っている一般道のセンサーも感知するから警報が鳴りっぱなし。
 日本の道路って色々仕掛けられているんだなー。

 お、六甲の山並みが見えて来た。右は山、左は街並み、その向こうは海。神戸の街は山と海の間の狭い空間に造られているのだ。
 六甲山にはケーブルカーやロープーウェイで登った事はあるけど車では初めて。で、突然のドライブなので何にも調べていない。
 まあ、ナントカなるだろう。日本の道路は標識がしっかり出ていて親切だし。

 六甲山頂への道・・・あった。うわっ、またクネクネ道だ!おまけに山の中に入って行く(そりゃそうだ)
 海を見たいのにまた山山山・・・。

 遠目だが左側にチラチラ海が見える。
「うわ、すごい橋。あそこ通るよね。海見えるかな」
 途中に架かる橋からの景色に・・・相方が真っ青になっている。あ、高所恐怖症だったっけ。
 六甲山の道は急激に登る(高くなる)し、それがわかるので高い所苦手な相方はビビリまくってる。それならなんで六甲に来ようなんて思ったのか?
 以前にぴょんが、「比叡山に行きたい」と言ったからかな。(あとで訊いたら、こんなに急に高くなるとは思わなかった、とか)

 ン十年前に行った時は展望台があったが、ここは閉鎖されたと聞いたような・・・。

 山頂近くにある観光施設は名前は知っている所で、でもけっこうな人出でおまけに広いので今日は諦めた。(あとでわかった事だが、先の展望台はこの施設の中に別の物として併設されたそうだ)

 ちょっと下って小さな展望台へ。
 眼下には六甲アイランドやポートアイランドが。港なのね~、ガントリークレーン(通称、キリン)がたくさん見える。
 ここからでは神戸の街が見えないのがちと残念。


蜂巻展望台12

蜂巻展望台22

少しづつ


 洗濯ものを干そうとカゴを小脇に抱えベランダまで来てハッとした。
 杖を持ってない。洗面所に忘れて来たのだ。

 外を1人で歩くのは勧めない、とPT(理学療法士)に言われた。歩けない事はないが歩道でも人や自転車が多いと危険だという。
 それはわかるなあ、怖いもん。
 多くの人は杖を見ると道を譲ってくれたり気を遣ってくれるが、以前、杖を蹴っ飛ばされた事もあるし(わざとではない) 

 でも、壁や家具に手を添えれば家の中なら杖がなくても歩ける。あくまでも用心のために使っているのだ。

 杖を使わないで移動できたのが嬉しかった~。たった6、7メートル歩いただけなのに。
 それに退院当時は頼りなかった足や体がこの頃しっかりしてきたような気もする。床に座る時の手順もたいぶ省けているし、以前より苦労はしない。
 きっと、「ここまではやってもOK(脱臼しない)」だとわかってきているのだろう。

 1人での買い物や遠出はまだ無理だが、少しづつ移動範囲を伸ばしていくぞ。



伊勢へ 2


「さて、次はどっちへ行こうか」
 本当に行き先を考えていない相方。とりあえず鳥羽へ。ここも2回程来たなあ。

 ぴょんが歩きまわれないのと、とにかく高い所から海が見たい!のでパールラインの展望台へ。
 実はここも調べてから行ったわけではなくて、26年前のぴょんの記憶から、「確かこんな所(展望台)があったと思う」
 なので、本当にあるのか?感が漂う車内。
 若い頃は当てのないドライブをした事もあるし、子どもが一緒ならできないし・・・ま、今日中に帰れればいいやと居直る老夫婦。

 クネクネ道のパールライン。後方のベンツが煽る煽る。と、目の前を走るのはBRZ(スバル車。トヨタ86と同時開発車)ではないか!
 最新のBRZを煽る中古のぴょん車。そしてそれを煽るベンツ。
 相方は車の運転だけはうまいので負けてはいない。BRZの走りにクネクネ道も気にならないわ。が、BRZが曲がってしまったので、うるさい後方のベンツを先に行かせて、またものんびりクネクネ。

 あ、あった。鳥羽展望台。
 おおー、海が綺麗だぞー!真正面に小さく富士山が見える(写真には写っていません)
 ぴょんの妹分、こぴょんも一緒に海をパチリ。

 横浜育ちのぴょんは少なくとも月に1回は海を見に行っていた。大人になって東京で1人暮らしを始めてからはそれもままならなくなったけど、遠出のチャンスがあれば必ず海を見に行く。

 それにしても暑い!遮るものがない駐車場で見ていたので(展望デッキなどあったが、ちと歩くので諦めた)頭がカンカンだ。

伊勢22


「え・・と、こっちはどこへ行くのかな」
 車に戻りパールラインに戻ったが、ふと気がつくとお昼をとうに越していた。
「ハラへった」と相方。そりゃそうね、朝も食べてないし。
 東京で観光地に行った時はそんな事なかったんだけど、こちらでは観光地とはいえ、そこから少し離れるとな~~んにもないの。ご飯食べる所さえないことも。

 今がそうで、このまま先に進んでも和歌山まで行ってしまうので(さすがに和歌山経由で帰るのはきつい)来た道を街まで戻る事に。
 本当はてこね寿司とか食べたかったんだけど適当なお店がなくて・・・横では相方が「ハラへった~~」とのたもうておるし・・・で、仕方なく入ったのがファミレス。
 ここまで来てファミレスか~と思ったけどね。とりあえずお腹は落ち着いた。

 そのあとに道路標識を頼りに灯台に行こうとしたんだけど・・・漁港はあるが灯台は見当たらない。生活道路であるクネクネ裏道に入ってしまった。

 帰りにまたあのクネクネ道(パールライン)を通るのはいやだ、と言うぴょん。
 伊勢ICに行けばいいんだから、絶対他に道はあるはず!とカンとカーナビ頼りに車を進めると、ありましたよ~。
 よかった・・・って、また山の中かい!

 海を見たのは車を降りているわずかな時間。あとはずーと山の中を走っている。当然こちらもクネクネ道だ。
 でもその途中に、「天岩戸」なんてあって・・・車を降りてかなり歩くので今回はパスしたが、ちょっと興味はある。
 しかしなんでこんな所に・・・まあ、伊勢なのであってもおかしくはないが、やはり天岩戸は高千穂(昔、見に行った)にあってほしい。

 無事高速に乗り、途中ちょっと渋滞に遭ったが急ぐ旅ではないので気はラク。
 下の道は京都市内が混んでいるので(五山の送り火の日だった)高速の方が早いわね。
 ただ、行きと同様にそのほとんどが山の中を走る。

 で、無事帰宅。
 夕飯は近くのカッパ寿司へ。そりゃここのサーモンを食べたいって言ってたけど・・・。

 行き当たりばったりのドライブは楽しいが、食事は伊勢とはなんの関係もなく終わったのは、ちと・・・いや、おおいに残念!






伊勢へ 1


「伊勢の方にドライブに行こう」
 と、相方。
 海が見たいな~と言ったぴょんの言葉を覚えていたのね。

 ここら辺で綺麗な海を見るならやはり伊勢志摩辺りかしら。
 でも急に言われても・・・と思ったが、ま、そこは夫婦2人の気安さ。細かい事は考えず、とにかくレッツ・ゴー。
 近くから高速に乗り(ここは前日まで先の水害で通行止めになっていたが、今朝開通した)高速を乗り継ぎ、乗り替え・・・ん?この道は・・・。

 ぴょん「ここ(高速)通った事あった?」
 相 方「いや、お前とはないかな」

 なんか一部気になる言葉が・・・。ま、いいか。

 ここは鈴鹿に通じる新しい道路なのだ。つまり1時間半ほどで鈴鹿サーキットに来られる!
 残念ながらスーパーGT(カーレース)は明日から。
 後ろ髪引かれつつ亀山JCTを伊勢方面に。

 ちなみにぴょん車のナビは古く、DVDなので新しい情報を更新できない。つまり新設の道路は載っていないのだ。
 だから時々道なき空間(画面に何も映ってない)を走る車。これをぴょんは、「飛んでる~」と呼ぶ。
 自分の情報にはない空間を車が走るので、可愛そうなナビは何回か進路検索をし直さなければならない。
「どこ走ってんだ、この車」
 と、それを楽しむぴょん。

 目に入るものは大きな白い雲が浮かぶ大空。そして緑眩しい山々が連なる連なる・・・なんで海に行くのに山の中ばかり走るねん!と叫ぶほど周りは山ばかり。
 海の近くを走っているのに海が見えない~!
 
 一般道に降り、あちこちクルクルまわって(本当に行き先について何も調べていなかった)辿り着いたのは定番の二見の夫婦岩。ぴょんは26年振りに来たなあ。
 潮の香りがすごくして久しぶりの海に暑さも忘れ(られないほどのカンカン照りだったが)、「あ~」と息を漏らしてしばし堪能。
 
 携帯電話で写真を撮ったんだけど、慣れないぴょんは被写体にモニタを合わせてしまい・・・ん?ずれてる??
 レンズは横の方にあるから少しずらし気味に合わせなければならないのね。

 あ、こぴょん忘れた!(あとで出てきます)



ise.jpg

スマホデビュー?


 昨日とは打って変わっていい天気だが、町中にはまだ冠水の痕が残っている。
 浸水したお店の前には水に浸かった商品が出され(食料品もたくさんある。もったいなーい)7割引しているゲームソフトも(作動するのか?)トイレットペーパー(さすがにムリ)やイス、本箱などなど。電気店では1番下の棚には商品がないそうだ。
 それでもここら辺はまだましで、隣の町では亡くなった方がいた。
 浸水されたケーブルテレビの社屋には市のポンプ車が来て、地下から水を吸い上げているようだ。

 そんな中、『スマホが欲しい』と息子Gが来た。
 昨日、『大丈夫だった?』と電話してきて、おや、珍しいなと思ったら・・・こーいうことね。
 彼の携帯電話は5年ほど使っていてもうボロボロ。いえ、本当にボロいの。セロテープで裏ぶた留めてるくらい(どーいう使い方したんだ?)

 ぴょんも興味があったので一緒に行ってみた。気に入ったのがあったらぴょんも買おうかな~と・・・が、店頭にはスマホばっかり!
 いいんだけどさ、スマホでも・・・。でも通信料が携帯より高いからぴょんにはもったいないわ。
 で、スマホの説明を聞いているうちに疲れちゃって(そんなのは息子だけ聞いてればいいのだが)ぴょんの携帯デビューは見送りました。

 Gは欲しかった機種を手に入れご満悦。
 それからスマホ用のカバーを捜して(携帯の店には売ってない)2軒ほど電気店をまわったけどないそうだ。(途中、いつもと違う道を通って、地元で迷子になった)

 タツノコプロの50周年記念でスマホカバーがあると聞いたが・・・さすがにGにはだめだろうな。

 それにしてもスマホってwi-fiのルータ代わりにもなるのね。それも一ヶ月プラス500円(au)で使えるの。
 ぴょんもスマホにして固定電話やネットを解約した方がいいのかも。





冠水

 明け方、すさまじい雷鳴で目が覚めた。

 トイレに行こうと部屋を出ると辺りが真昼のように光って、ガラガラ、ドシャーーン!
 雷雨の予報は出ていたが、昨夜は小康状態だったので安心して寝たらこの有様だ。
 眼が覚めてからの30分間、ガラガラ、バリバリ、ピカッ、ドドーン!ガシャーン!と、1秒たりとも途切れる事なく続いた。
 一旦は布団に戻ったが、ふとこの雨はいつから降っているのか、と気になった。

 4年前、この辺りは集中豪雨で冠水したのだ。
 ぴょん家はマンションの1階だが周りよりわずかに高くなっているので当時は浸水は免れたが、何軒か向こうのお宅は水が入り道路も川と化していた。

 今回はどうかとベランダから外を見ると・・・なんと駐車場に停めてある車のタイヤが三分の一ほど水に浸かっていた。車高の低いぴょん車はマフラーギリギリだ。
 相方に知らせると車を駐車場の他のスペースに(土の地面なので中央部は少し高くなっている)移動させた。
 他の場所・・・たとえば会社は高台にあるのでそこに持って行きたいが、駐車場から出る道はすでに水没していた。私有地からマンションに上がる階段の下の方も浸かっている。
 へたしたら買い物に出られなくなるよ~。
 あとはこれ以上雨が降らない事を祈るだけだ。

 情報を取ろうとテレビを点けたら、なんと映らない。アンテナレベルのダウンなのでケーブルテレビが浸水したのだろうか。電話をしても話し中で繋がらない。みんな問い合わせをしているのか、もしくはわざと掛からないようにしているのだろう。
 大変な豪雨だがこのくらいでダウンしていたらいざという時どうするんだろう、と憤慨。

 幸い携帯のワンセグとネットは活きているので情報は取れた。
 市内のあちこちは水没し緊急車両さえ通れないようだ。(夜のニュースでうちの近くの道が出たが、これどこ?ってほど水浸しで様変わりしていた)

 それでも1時間後には小雨になり、10時前には完全に上がった。
 だが駅前のショッピングモールなどは時間を遅らせての営業になるが、近くのスーパーの情報はない。
 とにかく車で出てみると道路の左右に泥やゴミが溜まり、店舗の壁には黒い横線が。完全に店内に浸水している。エンジンまで浸かってしまった車も多い。
 いつものスーパーも臨時休業。ここは4年前の豪雨にも浸水した店。その時と経営会社は変わっているが聞いていなかったのかな。
 もう1件の店は開店している。ここは以前も浸水を免れている。ほんの少しの地面の高低でこんなにも違うんだなあ。

 近くの駐車場にダウンしたケーブルテレビの車が停っているが、夕方からずーとハザードが点滅したまま。
 バッテリーが上がってしまうので知らせようと電話したが、相変わらず繋がらない。
 3時間後にやっと繋がり教えると、なんだか迷惑そうな、面倒臭そうな応対だった。
 
 いたずらと思われたかな?
 もう教えてあげないぞ。

冠水車 

  ↑ これはぴょん車ではありません


久々に見る子

 久々にこの辺りを縄張りにしているニャン一族の子に会った(というか見た)。
 その名も「真ん中分け子」

 シロクロで顔は白いが頭が黒く、まるで髪の毛を真ん中から左右に分けているように見えるからだ。

 大きくなったなあ。あんなによちよちしてたのに。もう立派な大人猫。
 猫の鳴きマネがうまいぴょん(←自分で言う)が、「にゃ~」とやると立ち止りキョロキョロ。
 お相手を探しているのか?

 ここに残ったという事は女の子かな?
 そういえば「孤高の仔猫」を含むあの5匹の仔たちはどこへ行ったのだろう。
 みんな男の子でよそへ移動したのか、それとも・・・。

 その子たちはもちろんだが、また新しい子たちに会えるのかと思うととても楽しみだ。






番外編ブログのお知らせ

 6月11日から8月4日まで人工股関節全置換術(左脚)で入院していたぴょん。
 その日々を書いてみました。

 病院の話なんてどうかと思ったが記録として残しておきたいし、もし同じ手術を受ける人がいたら、少しは参考になるかなと・・・いや、あまりならないな。

 当初このブログに併用しようかと思ったがゴチャゴチャしそうなので、「うさぎのぴょん」の番外編「ぴょんと淳の入院話」として別ブログにまとめることにしました。

 とはいうものの入院生活なのでどこぞやのサイトとは違い特別なハプニングもなく、ただグダグダと書かれていて・・・時々グチやウダウダになり・・・。

 なので苦手な方はスルーして、こちらををよろしくお願いします。

 なお、ぴょんとは一心同体の淳も時々しゃしゃり出てきます。


 ※ しばらくの間、この記事をトップにおいて置きます。
   ぴょんの新しい記事はこの下にあります。








お風呂が怖い

 
 おかしな話だが・・・。

 お風呂に入りながら緊張している。自分ちのお風呂なのに。

 ぴょん家は転勤の時に選んだ賃貸マンションを会社が社宅として契約しているが、賃貸なので勝手に改造できない。
 つまり手すりをつけるのに大家さんの承諾が必要(あたりまえだ) 

 だけど基本的に足は使えるのだから(変な表現だな)手すりはいらない。
 トイレは壁に手を添えてつたい歩きすれば入れるし(病院では杖を使って入る練習をしていたが、自宅で室内用の杖をトイレに持ち込むのはどうも・・・)お風呂もカランの部分にちょっと手をやって体を支えれば充分いけるのだ。

 なんだ、OKじゃん!と喜んだのもつかの間。
 ホームセンターで買ったシャワーチェアはちと大きめで、置きたいと思うベストポジションの所にお風呂の排水溝が・・・つまりチェアの足が排水溝のフタの上に乗ってしまうのだ。
 ズボッと落ち込む事はないけどフタなので乗せると少しガタガタする。

 仕方なく少しずらして置いているが、シャワーやカランとの位置が微妙に近くやりずらい。
 シャンプーなどを置く位置も今までと違い、慣れない事もあって怖い。
 お風呂でコケるのが1番多いと聞く。で、緊張しているというわけだ。

 たぶんあと2、3回使えば慣れると思うけど。←根拠はない



なにしてよいのやら


 立ちつくしてます(いや、実際には座ってる)

 平日なので相方は出勤し、ぴょん1人。
 私より几帳面な相方のおかげで家の中は散らかっていないけど、それでも片付けたい物や自分仕様に直したい所はたくさんある。

 でも、動けないのだ。

 手術した左足はOKだけど右足はまだなのでコケないように用心し、室内では杖を使っている。

 なんにせよコケるのが1番の心配・・・ヘタしたら手術で埋め込んだ器具が外れてしまう(脱臼)危険があるのだ。

 それと禁止されている動作もある。
 病院では床(平面)に座るなんてリハビリ以外ではなかったが、家ではそうも行かず(本当は完全に洋式の生活がいいのだが)座イスなどに座る時も決まった手順(脱臼しないように)で座らなければならない。
 慣れてくればかなり省略もできるのだが、今は一応手順どおりに。

 それでもぴょんは腕の力があるのでまだラクなんだけどね。
 理学療法士(リハビリのせんせい。PTと略す)からも、
「腕の力を使って体を回して。ぴょんさん、筋肉隆々だから」
 と、ありがたい励ましが。(女性に言う言葉か?)

 まあ、そんなこんなで思うように動けず気ばかりが焦る。

 実際は夕飯さえ用意しておけば、あとは何もしなくてもいい身ではあるのだが。


ただいま~~

  退院しました~。

 いや~、長かったわあ。
 誰よ、3週間・・・なんて言ったのは!あと1週間いたら2ヶ月になっていたわ。
 入院患者の先輩方に訊いたら、「早い人で3週間」だそーで。ぴょんは手術していない方の足(右)も悪いから長く掛かったみたい。

 でも、医師が市役所に出す書類には、「(この病気は)入院2ヶ月」なんて書かれてあったので確信犯だよね、医師・・・。

 ま、なんにせよ、出てきました。あ、足は完治していません。
 今回は左足だけなので。右足も手術しないと完治・・・つまり普通に歩けないので、あまり長い日にち病院にいてもリハビリには限界があり・・・ならば早めに退院して次に(右足)に備えた方が良いかと(1回退院して、外来→入院とやり直さないとならないそうだ。なんだそりゃ)

 更生医療が受理されたので入院費は1割負担で済んだ。それでも6ケタだよ。なので本当は・・・(計算したくない)

 とりあえず最低限必要な物を買いに行かないと。室内用の杖としっかりしたお風呂用のイス、あと下の方にある物を取る(しゃがめない)マジックハンド。

 お、ズボンのウエストが少し緩いぞ。
 病院食っておいしくないイメージがあるけど、ここのは見た目地味だが味はよく、しっかり食べていたので体重は変わらなかったけど少しはやせているのかしら?

 退院したらサーモンのお寿司を食べに行こうと思ってたんだけど、結局「のらや」のおうどんセットになってしまった。でも好きなので許す~。

 では夜に・・・と思っていたが家に帰ったらもう疲れて出かけたくなくなった。オリンピックの男子サッカーもあるしね。
 なので今夜はスーパーのお寿司にお刺身、唐揚げなど、酒の肴のような夕飯になった。
 こういう時、相方と2人だけだとラクでいいね。