2011/03/30 (Wed)  15:14

チャリティーマッチ

 昨夜遅く帰省した息子Yは今日は友人と神戸まで遊びに行ってしまった。若いねぇ。

 彼が暮らしているN県にも避難所が設けられ、通う大学の教授や学生が避難所での生活が少しでも改善されるようにと色々お手伝いをしている。
 Yも戻ったら活動に参加するそうだ。だから今回の帰省は短いが仕方がない。

 昨夜のサッカーのチャリティーマッチ。
 日本代表とJリーグ選抜との試合だったがぴょんはJリーグ選抜を(一応)応援していた。だってすごいメンバーだよ、代表じゃないといっても。
 願わくばいつぞやの親善試合のようなナアナアの試合だけはしないでほしいと思ったが、かなり真剣だったので安心して見ていられた。

 実はこの時間帯は夕食の用意があるのだが、たまたま休みだった相方が、「(夕食には)まだ早い」というので、それじゃあ、と腰を落ち着けて前半を見る事にした。これでは夕食が遅くなってしまうがテレビの前に陣取るぴょんに相方は何も言わなかった。(やったー!)

 中村俊輔、やっぱりうまいわ~!ピンポイントクロスに思わず漏れるため息。
 カズにゴールさせたいのかボールを集めていたが、あまりやりすぎると(いつかみたいに)ゴールチャンスを失ってしまう。だからカズがゴールした時はホッとした。
 ぴょんとしてはベガルタ仙台の関口や梁にゴールを決めてもらいたかったけど、いい試合だったと思う。

 だけどこの試合を被災地(特に避難所)では見られない所が多いのよね。
 小笠原がマスコミに、「(避難所に)テレビを持って行ってもらえないだろうか」と言っていたが、実際に見られた所は数えるほどしかなかったそうだ。
 テレビのある避難所でも、皆さんがサッカーを見たいわけではないので(寝ていた方もいる)応援はもちろんゴールしても、「やったー!」と声を挙げられない。
 ごく普通の・・当り前の事ができない。

 早く普通にサッカーでも野球でも見られる日が来る事を切に切に祈ります。



スポンサーサイト
2011/03/28 (Mon)  18:10

貧乏症だけど便利な物は使う

 足痛ぴょんは跪いて雑巾がけをするのが負担になってきた。

 うちはほとんどがフローリングなので掃除機だけではなく床も拭きたいの。
 そこで買ったのがク○ックル○イパー。立ったまま床掃除ができて、ウェットタイプなら雑巾がけもできてしまうなんて便利ね~。
 なんでもっと早くに使わなかったのかしら。

 昭和の、高度成長期に育ったぴょんだが、使い捨ての文化(?)にはちょっと抵抗感があった。
 1回使ってポイッなんて・・・そりゃティッシュならわかるけど・・・。あ、あれもティッシュと同じような物か。
 でも雑巾なら洗えば何回でも使えるでしょ。だからそうしてきたけど、この年令になると体に負担を掛けずラクに使える物はやはり利用した方がいいようだ。
 無理してその後、「ううー」と唸って何もできないのではかえって時間の無駄。
 掃除機を出すのがちょっと面倒、という時は重宝している。

 人(?)使いの荒いぴょんの事。うち中拭いて最後にはトイレの床も拭いて御苦労さま~になる。
2011/03/26 (Sat)  18:16

買い控え?

 どなたかのツイート(ツイッター)で、
「西日本の方は買い物をして食べて遊んで楽しんでください」
 とあった。
 買い物というのはもちろん買いだめではなく、
「必要な物を買って日本の経済を回してほしい。それが東日本の支援にも繋がる」
 という意味だろう。

 懐中電灯や乾電池、カップラーメン、缶詰は相変わらずの品薄状態だがその他の品はいつも通り棚に並んでいる。
 今は夫婦2人なのでたくさんの物はいらない。でも買い物はしなくてはならず・・・なのに棚に並ぶ商品を見るとなぜか手に取る気がなくなる。
 おかずがひとつふたつ少なくてもぴょん家にはあまり影響はない。暖かい食事を摂れない被災地を思えば買って(食べて)いいのかしら、と思う。お刺身とかも食べられないんだろうな、と思うと好物のサーモンやハマチにも手が伸びない。何の被害も受けず日々の物にも不自由していない自分が後ろめたい。

 ここでぴょんがひとつ買っても買わなくても被災地にはなんの影響もないし、思い悩むのはまったく無駄な行為だとはわかっているのだが。
 買いだめどころか買い控えになっている。

 それでも食料品は買わないわけにもいかないし、来週には息子も帰省するのでいつもより多くの物がいるだろう。

 今日もマグロのたたきを手にしたまましばらくじっとして・・・結局買わなかった。



2011/03/24 (Thu)  21:19

騙すつもりが

 ベランダに何者かの足跡が!
 ・・・ネコだ。

 昔よりは会話が減っている老夫婦。これを話題にちょっと遊んでやろうと思い帰宅した相方に、
「(神妙な顔をして)ベランダに足跡があるの」
「・・・なんの?」
「・・・ネコ」

 あー、だめだ!バレてる!驚く顔が見たかったのに!

 実は「なんの?」と訊かれた時点で、これはもうダメ(バレてる)だなと思いちょっと笑ってしまったのだ。

「(騙そうとしたのが)よくわかったね」に
「“人間の”と言わなかったから」

 なるほど・・・。でも“人間の”って言ったらウソになるもん。
 いかんなぁ、元演劇部。役者をやっていた時期もあったのにこの様だ。さらに、

「何年お前の顔を見てると思ってるんだ」

 まあ・・同棲時代を含めたら人生の半分は同じ顔見てるわね。
 納得したがやはり悔しい。少し前までは簡単に騙せてたのに(何をしているんだ?この老夫婦は)

 いかん、いかんなぁ。なんとかしないと楽しみが減ってしまう。
 さらなる修業を誓うぴょんだった。










2011/03/22 (Tue)  15:47

まだない、乾電池


 う~ん・・・相変わらず乾電池(単1・2)がない。
 いや、あったのだがタッチの差で買い損ねてしまった。それが本日最後のワンセットだったらしい。

 ぴょん家はナントカなっているが妹の所が心配だ。電話をしていて、
「単1なんてめったに使わないからね。キッチンのコンロの点火か灯油ポンプぐらいかな」(1番大事な懐中電灯も単1なのだ、と忘れていた)に、
「あー!うちもコンロがそうだわ!」と妹。
 引っ越したばかりで、でも賃貸なので入居前に電池を換えてくれたかなんてわからない。
 実はぴょん家のコンロの電池も無くなりかけていたが、とりあえず灯油ポンプの電池を取り出して 使っている。

 なんだろうなあ・・これって。不思議な体験だわ。お金はあるのに物が買えないなんて。
 パナソニックの本社に取りに行きたいわ。←ありません!
2011/03/20 (Sun)  17:22

こいちゃんうすちゃん


 こいちゃんは同じジャンガリアンハムスターのうすちゃんと共に3年前にぴょん家にやって来た。

 まだ親指ぐらいの大きさだったこいちゃんと、それよりひと回り小さかったうすちゃん。
 とりあえず付けた名前が毛色の〝濃い薄い〝の「こい(濃)ちゃん」と「うす(薄)ちゃん」だった。(いつの間にかこの名前が定着してしまったが)

 ペットショップで店員さんに断って赤ちゃんハムスターのゲージに手を入れると、何匹かのハムスターが寄って来た。手に取りつきカジカジする。その中で人懐っこくて元気な子を選んだ。
 彼らが兄弟なのかはわからないが、まだ縄張り意識もない子どもなので2匹はひとつのゲージで仲良く暮らし、夜は固まって寝ていた。

 ぴょんはハムスターを飼う事には慣れているのでさっそく人間の手に慣れる事、人間を噛まない事を根気よく教えた。
 人間の子どもと同じでハムスターも、「なんだろ、これ?」と思うととりあえず噛んでみるのだ。もちろん力いっぱい噛むのではなく確かめるように〝カリッ〝と。
 だがこれを許しておくと噛み癖が付いてしまうので、子どものうちに噛まないように教えなければならない。

 ぴょんのやり方は簡単。手をカリッとしたら鼻先をトンと軽く突っついてやるの。毎回ね。
 噛むとトン。噛むとトン。
 繰り返しているうちに考えるのよ、ハムスターも。
 普段は何も考えていない(そう見えるんだもん)彼らも繰り返し〝トン、トン〝されるので、「ん?これは・・なんだ?」ってじっと考える。
 あの小さな脳みそで考えるのは大変だろう。だが、その様子がまた可愛い。で、噛まなくなる。

 このやり方が正しいのかはわからないけど、毎回この方法で成功してきたのでいいと思う。



2011/03/17 (Thu)  16:52

完売にびっくり!

 妹に頼まれて懐中電灯や乾電池を買いに行った。が、単3電池、単4電池以外はどこも完売で次の入荷もわからないという。

 夕べのテレビで地元の大手ホームセンターでも完売状態だって言ってたから覚悟はしていたが、まさか店を5、6軒まわっても手に入らないとは驚いた。
 それ以外の商品・・・カップラーメンがちょっと品薄かな、ってくらいで、後はいつも通り棚に並んでいる。
 それにしても西の、こんな小さな街にまで都心の品薄の影響が出るなんて。

 単3、単4はパソコンで使うので買い置きがあるが、それ以外は今使用しているものしかない。
 こちらは計画停電もないがやはり防災意識が高まっているのだろう。またぴょんのように東から頼まれて、という人もたくさんいる。
 買いだめじゃなくて今日必要な人はどうすればいいの?

 識者は「週末くらいには落ち着きます」と言っていた。本当にそうなってほしい。



2011/03/16 (Wed)  16:59

こいちゃん

PHOT000000000001E951_500_0.jpg 

 お空に行ってしまったこいちゃんのゲージを洗い片付けた。ふと部屋を見ると、とても広く感じた。

 こいちゃんは居間の隣の6畳に1人で住んでいた。もっとも当人はゲージの中なので1畳でも10畳でも変わらないのだが。
 この部屋には飾棚と古いテレビしか置いていないが、こいちゃんの小さなゲージがひとつ無くなっただけでとてつもなく広く・・・さらに殺風景になった。そこだけぽっかりと穴が空いたようだ。
 起きてる時間の方が少ないハムスターなのでガサガサと音がすると、「起きた?」と声を掛けていた。そのせいか今でもついそちらの方に目を向けてしまう。
 で、「あ・・いないんだな」と。

 ハムスターは自分の名前を覚えないし、呼んでも来ないし、餌の時間は覚えているのに貰ったら知らんふりするし、自分が寄りたい時しか寄ってこないし・・・でも、たまに甘えてスリスリする姿や  あの愛くるしいお目々にじっと見られたらそんな事はどうでもよくなってしまう。本当に可愛い存在だ。
 それに日本名は、「キヌゲネズミ」というくらい絹のような柔らかい体毛を持っている。それをナデナデするだけで癒されるのだ。
 だが、あまり触りすぎると、「もう~、人間の臭いが付いちゃったじゃないかよ~」と、砂場で一心不乱に毛づくろいする失礼な奴なのだが。

 もう少し暖かくなったら新しい子を迎えに行ってみようか。

 ※ 写真はこいちゃんと同じジャンガリアンハムスターですが、こいちゃんではありません



2011/03/15 (Tue)  18:03

計画停電 2

 今度は息子YがいるN県でも計画停電があるそうだ。

 大学は休みなのだからさっさと帰ってくればいいのに、バイトと遊びに忙しいらしい。
 運転免許もやっと取ったっていうし・・・もっとも雪道は怖くて走れないとか。周りの人のために運転しない方がいいと思う。

 果たしてこの息子Yは計画停電の事を知っているのだろうか。

 ちょっとネットで調べてから電話すると、
「え?まだ検討中じゃないの?」
 ときた。もう3日先の予定まで出ているよ。
 ただ横浜市のように〝×区○○2丁目〝というに細かくは出ていないので、どこまで当てはまるのかわかりずらい。
「冷蔵庫も切れるんだ」
 そうだよ。
「あ、冷凍ご飯をチンできない」
「テレビ見られないじゃん」
 あのね、わずか3時間なんだからナントカしなさい!
「スキーに行く予定なんだけど・・・あ、信号は?」
 電気を使っている物はダメなの!

 息子Gに比べ、しっかりしたイメージのYだが・・・イメージだけだったか


2011/03/14 (Mon)  17:37

計画停電

 「計画停電」・・・初めて聞いたぞ。

 昨夜遅くに突然発表されたこの計画だが、いかんせん時間が遅すぎる。もう寝ている人だっているだろう。
 西に住むぴょんには影響はないが横浜市に住む母や妹はもちろんその範囲に入っている。
 地域や時間が発表されたのはいいけどもう遅いし・・・と連絡を躊躇った。とりあえず書きとめて 明日の朝1番で電話しようと思った。妹はネットで情報が取れるが母が心配だ。

 で、今朝電話をしても母は出ない。広い家ではないが2階か奥の部屋にいたら聞こえないかも、としつこく鳴らすが・・やはり出ない。
 元気な母は外に出るのが大好きなのでたまに電話をしても出ない事が多い。それなら留守電を設定してほしいがなぜかしないのだ。

 仕方がないので妹に電話をすると、「(母は)外出してるよ」と。元気なのはいいけどこーいう時は困る。
 妹はもう計画停電の事は知っていたが、引っ越したばかりでまだネットに繋いでいないのでパソコンが使えないとの事。あ~、タイムングが悪いわ。

 携帯では東電のHPも見られないし電話も繋がらないとか。こちらでHPを見て情報を送る事にした。
 県庁や市役所、地元のテレビ局等々・・・。でもそこで見る情報は文字が小さく、また大きな  文書のものもあるので携帯では見られないんじゃないかしら。
 携帯用のサイトがどこかにあると思うが、ぴょんは携帯を使わないのでわからない。

 横浜への電話は今でも時々掛かりにくくなる。
 とりあえず明日の計画停電の情報が更新されたら妹にメールしよう。

2011/03/12 (Sat)  15:49

連絡とれました

 今朝になってやっと母と妹に連絡が取れた。なんと母は帰宅難民になっていたそうだ。

 千葉に出かけ、帰りの京浜東北線で蒲田と川崎の間の六郷橋を渡った所で電車が止まり2時間閉じ込められたという。
 これはもう動かないので降りて歩こうという人が増え、母も線路に降り駅員さんに押し上げられ柵を乗り越え一般道に出て、そこから鶴見区の自宅まで歩いて帰ったそうだ。元気な80才だ。
 自宅に着くと孫(妹の子)が来てくれていたがこの辺りは停電で─だから電話も通じなかったのだ。
 昔は停電でも電話は通じたが、今はファックスとか色々機能が付いているので電気を使う電話が一般的になっているからだ。
 だったら、「今、掛かり難くなっています」とか言ってほしい。(何回か掛けたうちの1回しかなかった)
 もしくは「ツーー」でもいい。ああ、掛かり難いんだな、って思えるから。リリリ・・・と呼んでいるのに出ないのでかえって心配になった。(いかん。またわがままが)
 妹の所は被害はほとんどなく、「スーパーが開かないので食料を調達できない」くらいで済んだ。

 ちなみに息子Yは地震発生時には自室にいたが、もう大丈夫だろうと電車に乗って中心部へ出かけ、帰りは電車が動かなくなったので途中まで歩いて帰ったそうだ。← 大バカ者です 
 今夜は本当はJリーグ関係のバイトだったけど中止になったのでおとなしく部屋にいる、という事だが・・・本当か?


2011/03/11 (Fri)  17:49

大地震

「(震度)な、7!?」思わず声が出てしまった。

  休みの相方と遅い昼食を摂り、ボ~としていると・・・体が左右にゆっくりと動く。ん?揺れてる?
「地震?」「みたいだね」とテレビをつけると、とんでもない事になっていた。

 14時46分に三陸沖で発生した地震はその後何回もの余震が続き、また別の地震も発生し日本のほとんどを揺らした。
 ぴょんの所は震度1くらいで被害はないが、テレビのニュースを見ているうちに怖くなって震えていた。現地の方達はもっと怖いだろう。
 東にはお友達がたくさんいる。実家や妹宅、大学のそばで下宿している息子Yも。
 
 電話はすぐに通じなくなった。妹と息子にはメールできるが問題は実家で1人暮らしをしている母親だ。携帯電話は持っていないし災害伝言ダイヤルもわからないだろう。
 ぴょんの実家は消防関係の仕事をしていた父が、やがて起こりうる大地震に備えて地盤を頑丈に建ててある。以前、震度4の地震にも気がつかなかったと母が言っていた。かえって困る。
 万一の場合は近くに住む妹が駆け付けてくれると思うが。

 何にもできないぴょんはせめてツイッターで有効と思われる書き込みをリツイートしていた。ツイッターをやっている東のお友達の無事は確認できたが、やっていない仙台と福島のお友達が心配だ。ブログの更新もないし─。
 もっとも無事でもそれどころではないのだろう。こうなるともう祈るしかない。


 こういう時は「緊急以外の電話は控えろ」というし、それはそうなのだが・・・でも当事者にとっては家族の安否を知るのも緊急なんだけどな。
 こんな時に個人的なわがままを言うな?わかってますよ。でもね・・・。

 この日は夜に息子とメールで連絡が取れたものの、母と妹には繋がらなかった。


2011/03/10 (Thu)  17:44

ジョウビタキ

00120340000201.jpg 

  毎朝、裏庭のさざんかの木に遊びに来てくれるのはつがいのメジロとジョウビタキ♂
 お友達の鳥博士によるとジョウビタキは渡り鳥なのだそうだ。で、ちょっとヤフッてみた。
 大きさはスズメぐらいなのに遠くチベットや中国から日本に越冬のため飛んでくるそうだ。
 すごいなぁ。疲れないのかな。

 つがいで仲良く追いかけっこをしているメジロと違い、彼はいつも一人ぼっちだ。さざんかの木、あるいは鉄の柵に止まり、長い時間じーとしている。だからぴょんにもよく観察できるのだが。

 もう少ししたら繁殖地に飛んで行ってしまうのかな。
 あの綺麗な羽根が見られなくなるのは寂しい。
 名前も気に入っていて、見かけるたびに「ジョウビタキちゃーん」と呼んでいる。
 「ピピピ・・・」と唇を鳴らすと(ぴょんは得意なのだ)キョロキョロするが、返事はまだない。








2011/03/08 (Tue)  18:25

こいちゃんがお空に

 朝、いつものようにハムスターのこいちゃんのゲージを覗くと靴下ハウスから出て寝ていた。
 まだそんなに暖かくないのに・・・と思ったが、こいちゃんはお空に行ってしまったと気がついた。

 他の動物はわからないが、ハムスターは病気でない限り死ぬ直前までとても元気だ。
 1時間前はエサを食べ、回し車で爆走していたのに、とはよくある事だ。
 こいちゃんもそうで、夕べはいつものようにゲージを齧って、「ご飯~」と騒いでいた。

 これで昼間を一緒に過ごしてくれる小さな仲間がいなくなった。



2011/03/07 (Mon)  14:06

なんで?

 突き指してる??

 朝起きたら左手の薬指が痛かった。なんで?と思ったら・・・なんと突き指をしていたのだ。
 えー?どこで?ってか、なんで?寝てただけなのに??
 夢の中でアクションでもしていたのだろうか。 
 それとも腕を伸ばした拍子にどこかにぶつけたとか?
 腰が痛いというのはあったが、なんで薬指だけなんだろう?

 タイピングには使わない指なので不幸中の幸い・・・か?



2011/03/05 (Sat)  14:45

雛あられ、キター!

PHOT000000000001BFF6_500_0.jpg 

 3日のブログに、「東の雛あられが食べたい~」と書いたら、なんと!それを読んだ東に住むブログお友達さんがわざわざ送ってくださった!
 うわー、嬉しいな。

 郵便だと1、2日かな、とワクワク待っていると─それ
は宅配便でやってきた。しかも予想以上にぶ厚い!?
 えーと・・・お名前は間違いないよね・・・と、開けてみ
るとタッパーウェアに入っている2袋の雛あられ。思わず。「おおおーー!」と唸ってしまった。

 ぴょんは深く
考えず、郵便で送られ家のポストにちょこんと入っているんだろうなァ、くらいにしか思っていなかったが・・・そうか、そのまま送ったらコナゴナになってしまうよね。硬いあられではなく砂糖菓子のような物なんだから。

 ああ、なんでこんな事も思い浮かばなかったんだろう。自分の考えのなさに驚くやら呆れるやら。

 が、
気を取り直してタッパーを開けると─そう!これこれ!懐かしいわ。
 小さなあられ(・・ではないが)の中に
混じる大めのあられ。これが好きだったの。
 さっそく、たまたま昼食を食べに来ていた息子と一緒にいただ
いた。
 甘~い、でもおいしい。食べ過ぎてしまいそう。
 一度に全部は食べきれないので開け口を小さく切った
が、そこに口をつけてザーと流し込みたくなるのをじっと我慢した。(実は昔やって、かなりこぼした経験がある)
 2袋あるのでしばらくちまちまと楽しもう。

 東のお友達さん、ありがとうございました。


2011/03/03 (Thu)  14:51

雛あられ

 今日は桃の節句。
 でも寒い。雪の予報まで出ている。

 少し前までお店の棚を占めていた鬼の面が可愛いお雛様の絵に変わっていた。
 でもぴょん家には女の子はいないのでお雛様は飾らない。
 ぴょんのお雛様は実家にある。もう半世紀も前の物だわ。
 7段飾りを下から見上げていたのが、いつの間にかぴょんと同じ背丈になって・・・やがて追い越したっけ。

 で、雛あられが食べたい~。それも東の雛あられが~。

 女の子はいないけど雛あられはおやつとして毎年食べていた。 
 西に越して最初のひな祭りも雛あられが食べたくてお店に行ったけど・・・ないのよ~、雛あられ。あるのは堅そうなお雛様のお菓子・・・。
 そう、東では主流の、あの雛あられはこちらにはなく、雛あられとして売られているのは本当のあられ菓子で・・・あれ?雛あられって・・・あられって硬いよね。
 東の雛あられは米粒よりひと回り大きいくらいのフワッとした甘いお菓子で・・・。
 でも、あられじゃない!西で売っているのが本当のあられだ!

 日本って広いなぁ。新幹線でたった2時間なのに、こんなにも色々違う。
 最近ではテレビでも東西の違いをやっているのでご存じの方も多いと思うが・・・でも、こちらで東の雛あられを見た事がない。 

 で、買わなくなった・・・。





2011/03/02 (Wed)  18:15

お茶碗割れた!

 お気に入りのお茶碗を割ってしまった!

 片づけをしていてちゃんと置いたつもりがなぜかシンクに転げ落
ち、その下にあった食器に当たって割れてしまったのだ。
 淡いオレンジでうさぎ柄のとても使いやすいお茶
碗だったのに。  
 少し欠けただけなら使えるが(オイオイ)見事に3つに分解してしまったのでもう無理。
 
  かな
りショック・・・。

 以前は食器を割る、なんて事はほとんどなく、したがって何年も同じ食器を使っていたが最
近なぜかよく割れる。
 新しい食器に買い換えようかと思っても、まだ使えるのがあるからなぁ、と恨めしそう
にしていたバツか?
 そういえばこの前もこれと同じパターンで相方の茶碗を割ってしまったっけ。

 今は予備
のお茶碗を使っているが、これが前のより少し大きめでその分ご飯がたくさん入るのでちょっとマズい・・・。