サッカーアジア杯優勝!

 アジア杯4度目の優勝おめでとー!
 韓国戦よりは安心して見ていられたぞ。

 オーストラリア、もちろんバリバリ来ていたと思うけど・・・なんか足りなかった。
 日本もバンバン行ってたけど詰めが甘かったね。 
 もうこれはどちらかが1点入れればそのまま決まる、って試合だ。
 だがたとえオーストラリアに先制されたとしても、今回の日本は決して諦めなかっただろう。
 今までの日本代表は能力があるのに・・・なんというか・・・がっついたところがなくて、ああ、もうだめかも、って諦めていた場面が多かった。が、今回の(去年のW杯も)メンバーは違った。
 たとえ10点差になっても諦めないでがっつり行っていたと思う。それがあの延長後半での李選手の見事なボレーシュートに繋がったのだ。

 実はぴょんはその少し前から、「前田選手を李選手にかえてほしいな?」と言っていた。
 特別なファンではないが(をいをい)出れば何かをやってくれるのでは、と思っていた。
 タイミングもよかったし、どフリーだったしね。
 でもここまで来ると、「PK戦も見てみたい」と思ってしまうのは・・ぴょんだけか?

 試合が終わって幾人かが優勝ユニフォームを後ろ前に着ていたが、あれは途中離脱した選手や出られなかった選手の背番号(想い)を表したもの。そーいうのって素直に感動できる。

 成長した日本代表。今後もこの調子で行ってほしい。
 
 しかし今回のオーストラリアは紳士的だった。
 もちろん闘志を燃やして来ていたが、日本をぶっ潰してやろうという乱暴なものではなく、いい試合がしたい、と思わせるものがあちこちに見てとれた。
 どちらが勝っても納得できる試合だった。

 MVPが本田選手・・・・。うーん・・・??
スポンサーサイト

サッカーアジア杯準決勝

 サッカーアジア杯、日本は韓国に辛勝~!

 んー、さすがに韓国は一筋縄ではいかなかった。
 先制点がほ
しい日本は最初っからかなり飛ばしていたせいか、後半に足が鈍るシーンがたびたびありヒヤヒヤした。 
 しかし同点に追いついたあのパスまわしは見事だった。
 本田選手の正確でやさしいパスも、長友選手が
溜めに溜めてDFをひきつけギリギリに出したパスも、一瞬身を引いてやはりDFを下げさせ、その間を通した前田選手のシュートも。

 う、美しい。まさに日本のサッカーだ。
 ちなみに日本がセットプレー(PKやフリー
キックなど)以外で韓国から得点を上げたのは約8年ぶりだったそうだ。

 しかしやはり韓国。強い。リードし
ていても安心なんてできないチームだ。
 そして延長15分に見事なゴール。あれは取れないよ、GK川島選
手でも。

 120分で決着が着かなかったのでPK戦へ。大丈夫かな・・・川島選手はあまりPK得意じゃな
いし・・・。
 もっとも、“あとは入れるだけ”のPKに強いGKもそうはいない。  

 こうなると思い出されるのは200
4年の準々決勝ヨルダン戦、“神が降りた”と言われたGK川口選手のスーパーセーブだ。 
 あの後子どもらの試合で
GKが良い仕事をすると、“川口ってる”と言われたっけ。
 で、つい、“川口ろー、川口ろー”とテレビに向か
って川島選手にパワーを送り込んだ。
 川島選手には失礼だがそうでもしないと落ち着かなかった。
 そ
れが功を成したのか(違います)見事なセーブ!アドレナリンばりばりだろうなぁ。
 その気迫に押されたの
か韓国の選手が次々とPKを失敗する。これもちょっと信じられないのだが。

 まあ、とにかく勝って良かった
わ。どちらが勝っても不思議ではない試合だったし。
 しかしPK戦で3-0というのも珍しい。

 次は・・・げっ、やっぱりオーストラリアか!

 

小さな家の小さな水槽

 ぴょんが生まれ育った家は小さな一軒家だった。
 建てた時は平屋だったがぴょんが小学校に上がる時に2階を増築した。
 狭いが前庭も裏庭もありグルリと家を一周できたので、「縁側駅」や「裏庭駅」など 電車ごっこもできた。(のちに建て替えをして裏庭には部屋を通らないと行かれなくなったが、その頃にはすでに電車ごっこは卒業していた)

 家の割には広い玄関の下駄箱の上には小さな水槽が乗っていた。
 ぴょんが生まれる前は犬を飼っていたそうだが、その後小鳥や金魚などの小動物飼いになったそうだ。
 物ごころがついた頃からその水槽の中にはなにかしら・・・金魚やメダカがいた。
 金魚は水槽の大きさに寄って自らの体の大きさを調整する、と訊いて試してみたくなり一匹だけ庭の池に放した。

 どのくらい経っただろう。
 ある日池を覗くとなんだか巨大な赤い影が・・・。10倍の大きさに育ったあの金魚だった。これではもう水槽には戻せない。
 いや、まてよ・・・戻したらまた小さくなるのかな・・・。
 試してみたかったが水槽にいる他の金魚の迷惑になりそうなので残念ながら諦めた。

 ぴょんは出かけたがり屋で行事参加が大好きな子だった。だから子ども会の行事にもよく参加した。

 ある日、川におたまじゃくしを獲りに行った。
 大勢の子ども達が川に入ってワーワーするもんだから、おたまじゃくはびっくりして逃げてしまう。
 それでもぴょんは30匹程獲って家に持ち帰った。
 この時は金魚の数が少なかったので小さなおたまじゃくしが30匹加わっても大丈夫だった。が、金魚と違いおたまじゃくしの成長があんなに早いとは思わなかった。
「あ、後ろ足だ」「しっぽが短くなってきたね」なんて言っていたある日、なんと水槽の中のおたまじゃくしが全部消えていた。そのかわりに見たものは、玄関中を飛び跳ねる黒い物体・・・・・カエルだ~~!
 水槽の上部を塞いでいなかったので全員脱走したのだ。
 おたまはいいがカエルはいやだ、は勝手な言い分だがその通りなので仕方がない。
 幸いカエルは小さかったし、その日は父が家にいたので全員お外にお引き取り願った。
 が、母もぴょんも妹もそれからしばらくは庭に出るのも恐る恐るであったのは言うまでもない。

怪我の功名?

 なぜかでかい大根が2本・・・。

 先日相方に買い物を頼んだらなぜか頼んでいない大根も買って来たのだ。
 うちにあったのに~。

 電気店に行くと言うので、「じゃあ、ついでにこれも買ってきて~」と電気店では売っ
ていない物(真向かいのスーパーにはある)を頼んだ。
 頼む時はその品が広告に載っていたらそこにサイ
ンペンで○を付けて渡す。子どもじゃないのに、と思うが普段スーパーに慣れていない人は時々とんでもない間違いをするのだ。

 いや・・今回は広告を渡したのに間違えたのだが・・・。

 「なんで大根買って来たの
?」に、「○が付いていたから」
 え?付けた覚えないぞ??
 で、広告を見ると・・なんと2日前の日付の欄に
載っていた大根に○が。
 この広告は1枚で3日分まとめて載せてあるので、前に○を付けたものと見間違
えたようだ。
 そう指摘すると、「わー、今日じゃない!」

 スーパーどころか広告にも慣れていなかった。

 でも
買ってきた物は仕方がないので、さて何を作ろうかと考える。   
 1本は定番の鶏と大根の煮物。あとは味噌汁
や大根おろし、魚のみぞれ煮に使ってもまだある。
 さすがに2本は多いなぁ、と思っていたらブログお友達
さんの所でピッタリの大根料理のレシピが!
 専門(?)の料理サイトは、きっとこの料理にしか使わないわ
、というような調味料がいるけど、ごく普通の、家庭の主婦が考える料理は家にある調味料で出来るから嬉しい。
 さっそく作って食卓に出した。
 2つの大根料理が並ぶ。が、こうなった原因を知っている相方は文
句を言わない。
 ぴょんはレシピのままでよいが相方用に鷹の爪の刻んで散らしてやった。
 暖かくてやわら
かく箸が進む。

 ん~、満足!

 

今日で2ヶ月

  今日でこのブログを公開して2ヶ月になる。
  ちょっと読み返してみると・・・うわ、バラバラ・・・。
  タイトルがあ
りそれに沿って書いていたかと思うとあっちこっちぴょんぴょん飛んで 違う話になっていたりする。
  まさに書
き散らし。

  もっともここは文法などあまり気にせず好き勝手書こうと思って始めた所なのでこれでいいのだ
が、読み手さんにはえらい迷惑かも。

  昔、気の合う友達(女子4人)が集まると何時間話しても話が尽きな
かった。その  内容もAの事を話していたかと思うと突然BになりそしてCに─。で、またAに戻る。
  目くるめく
その展開に、しかし話の内容がわからなくなる者はいなかった。
  一度若かりし相方がその席に参加したが
、生来の話下手に加えあまりの早い展開に付いて行けずひと言もしゃべれなかったっけ。

  うん、話がぴょ
んぴょん飛ぶ精神は未だ健在だな。(自慢していいのか?)

  さて、ではまた書き散らしますか。

 

うちの周りの動物たち

  現在ぴょんが住んでいる所は2つの大きな都市のちょうど真ん中辺りなので、交通の便がよくベットタウンとなっている。
  古くからの街並みと新しいマンションが混ざって建つ、どこにでもある街だ。
  ここに越してきて11年になるかな。

  駅から歩いて10分掛からないが、こんな街中にも時々ペットではない動物が出没する。
  以前住んでいた所ではそんなものは見た事なかったので、見つけようものならぴょんも子どもらも大騒ぎになった。

  最初に見たのは金色の小さな・・ネコ?いや、オコジョ・・・そう、小さなイタチのような動物だった。
  ささっと走っていくので未だその正体はわからない。が、いつも同じ個体だと思う。
  大きな鳥(鷺、かな?)はけっこう飛んでるし・・・しかし少し前にたぬきのご一行が駐車場を歩いていたのには驚いた!
  この街自体は大きくはないが、それでも日本で3本の指に入る大都市の端くれだ。そこを堂々とたぬき様ご一行が・・・。2、3回見たが、それ以降はお目にかかれなくなった。

  この辺を縄張りにしている動物もいる。
  秋口になると鳩のつがいがベランダの前に立つ杉の木に巣を作りに来る。
  その光景は毎年見るが、そこで卵を孵した事はない。
  去年の秋口にもせっせと小枝を運んでいた。が、枝っぷりが良いので、飛んできて着地(着木?)するのが難しいらしい。
  ある日、ドーン!と音がしたのでリビングに行ってみると・・・なにもない? いや、窓ガラスになにかの痕跡が・・。おまけにベランダには鳩の羽根が1本・・・。
  あ~あ、またぶつかったんだな。
  それでも逞しい鳩たちは何度も何度も小枝を運んでくる。

  やがてその頻度も落ちた頃、1羽が巣にいる時間が長くなった。いよいよ卵を温めに入ったんだな、と思っていたある日、低気圧の影響か、ものすごい風が吹き荒れた。折れるかと思うくらい杉の木がしなる。巣が落ちないかとハラハラした。
  翌日は打って変わっていい天気。が、鳩たちは帰って来なかった。
  風すごかったからなぁ。巣が損壊したのかな・・。ヒナ見たかったなァ。

  それから2、3日経って彼らが少し離れた杉の木にせっせと小枝を運んでいるのが見えた。あっちの方が建物に隣接しているから風の影響は受けにくい。
  考えたな。

可愛いものたち

 15日付けのブログに書いた「車で行く距離の店」に行ったら、あった~~!「鶏炊きしょうゆラーメン」!
 ぐ
ふふ、嬉しいな。さっそく買占め(と言っても5袋入りを3個)
 あと、なぜかピーターラビットのカップが安くなっていたの
で2客買った。
 普段使い用のマブカップに、もうひとつは八角形のちょっとおしゃれっぽいの。

 若い頃はお
気に入りの物や普段に使うにはちょっと値が張る物はその時には使わず取っておいた。
 その多くはタオル
やハンカチ、ポーチなどの小物だが、年令が上がるにしたがってその考えが変わって来た。
 いつ何時使え
なくなるかわからない(おいおい)。だったら今のうちに楽しんで使おうと思うようになったのだ。
 だから今ぴ
ょんは年令に合わない可愛い物に囲まれている。
 
 朝、顔を洗いうさぎ絵のタオルで拭きインコ型のカップ
で野菜ジュースを飲む。ミルクだったらあひる絵のガラスのカップだ。(ちなみにぴょんは紅茶もお茶もお酒も手の付いたカップを使う)
 お茶碗もうさぎ柄。
 パソコン前にはこれもインコ型のミルクピッチャーに入っ
たお香が置いてあり、居間の指定席にはリトル・グレイラビットのタオルハンカチが(ちなみにお風呂の洗面器もこのシリーズの絵だ)置かれ、その横の棚にはF1のピットのジオラマとミニ・カーがたくさん並び・・・あれ?

 

お気に入り

 今朝は寒かった~。

 全国的に天気も荒れていてセンター試験に支障が出るのではと危ぶまれていたが、大
きな混乱はなかったようだ。
 ぴょん家にはもう関係はないが息子が通うN大学も会場になっているらしく、
雪かきをする学生の様子がニュースで流れたのでちょっと気になっていた。

 さて、こんな日のお昼ごはん
は暖かいラーメンだ。(まんまだ)  
 今ぴょんのお気に入りは日清の「ラーメン屋さん」シリーズの「鶏炊きしょ
うゆ」。もっちり太麺の食感がたまらない。
 しかしこのラーメン、我が家近くのスーパーには一ヶ月間も置い
ていなく今では手に入らない。
 期間限定にしては短すぎるので絶対どこかにあると思う。が・・・ない・・・。
 ぴ
ょんの徒歩圏にスーパーは3軒、駅まで出れば(徒歩10分)さらに2軒のスー  パーがあるがそのどこにもないのだ。

 なぜかぴょんの気に入ったものって通り過ぎるのが早くて、その時に捕まえておかないと2度と
手に入らないものもある。
 もう少し買い置きしておくんだったな、鶏炊きさん・・・。

 あとは車で行く距離の店か・
・・通販?

小金持ち

 ぴょんの財布がはち切れんばかりに入っているお金。
 もっとも1円玉や10玉がほとんどだが。

 なぜか小銭
がザクザクだ。

 ぴょんの財布は正方形の手のひらサイズなので(お気に入りのPRIVATE LABELなのだ)
小銭が溜まるとプクッと太ってしまう。  
 だからなるべくスーパーなどで小銭を使うようにしているのだが、こ
の頃は簡単な買い物は相方に頼む事が多く、どうしてもお札を渡してしまうのでお釣りの小銭がザックザク・・・となるのだ。

 では小銭貯金でもしようかと思い・・・やめた。どうもぴょんの性に合わない。
 で、店で端っ
ぱまできっちり小銭で払おうとするが、こういう時に限って1円足りなかったりする。

 そしてまた小銭が増え
て行く・・・。

ご飯食べながら

 昼間はぴょん1人だが昼食を摂る時間はだいたい決まっている。
 今は「ペリーヌ物語」を観ながら昼ごはんを食べている。
 もう何回となく観たアニメだが再放送があるとつい観てしまう。

 アニメ最盛期という時代(?)に育ったぴょんはかなりのアニメを観ていた。が、今のアニメはあまり観ない。いや、ほとんど観ないか・・・。
 時々BS1で放送するアニメを観るくらいだ。

 去年の暮れに終わってしまったが、「心霊探偵八雲」は観ていた。
 これは原作を読んでいたし、NHKで放送されるアニメは比較的ていねいに、原作に近く作られるのでどのような仕上がりになるのか楽しみだった。
 が、観た瞬間、「あれは八雲じゃない!」と思った。
 確かに絵はきれいだし、ストーリーも原作と同じだ。
 だが・・・きれいすぎるのだ、八雲が。あんなに爽やかなイケメンではない。もっと屈折した暗い男なのだ。(決してぴょんの好みではないが)
 相手役の晴香もあんなに現代的な女の子ではなく・・・いや、これは原作を読んだ時のぴょんの感想なので、アニメがその通りでないのは仕方がないのだが。

 初めて観る人にはちょっとわかりずらい所もあったが、一応原作と大きく離れなかったのは嬉しい。

 

1並び

 見事に並んだ「1」達↑。

 ぴょんは科学忍者隊ガッチャマン」のコンドルのジョーのファンなので「2」並びが  
好きだが、ブログお友達さんの中には「今日は1並び?」と喜んでいる方もいるだろ。

 しかし今朝は寒かっ
た!
 いや、寒いというより“冷えた?”の方が正しいかも。
 あまりに寒くてコタツから手が出せない程だった

 冬なので居間には太陽の日が長く差し込んでいるが、ちょうどぴょんが座っている 位置は午前中しかその
日が届かない。
 パソコンのある場所も太陽光線はスレスレに避けて通っているのだ。
 ほんの50センチ
も移動すれば暖かいのに・・・。
 でも慣れた所ってなかなか動けないのよね。
 
 夏はいいが、この時期になぜ
か寒い所にいるぴょんだった。

成人の日

 「成人の日」なのね。

 去年は双子の息子達の成人式だった。
 何年か前までは近くの遊園地での式だったのに、荒れる成人式が取りざたされ、「式典というものを大切に」とかで各中学校での式典に変わってしまった。
 何のことはない。予算不足もあったらしい。

 それでも中学の友人と会えるので(高校は私学でバラバラになった)2人は喜んで行った。
 男の子なので振り袖もいらなく、大学の入学式用のスーツで充分だった。
 夜はやはりそれぞれの友人とお食事会。
 遠くN県へ帰るYはその翌日はもう講義があるので、友人達とちょっと遊んで空港へと急いだ。
 もし今年だったらN空港が閉鎖されててえらい事になってたわ。

 自分の子ども達が20才になるなんて・・想像もしていなかった。

自由な1日

 今日は月に1、2回ある相方出張の日。
 朝から夜まで1日た??ぷりと自分だけのために使えるのだ。

 パ
ソコンやり放題。夕食の時間を気にしてノッているのにやめなくてもいいし、食事も自分の好きな物だけ食べられる。
 だが簡単にしたいのでいつもタラコスパかサーモンの海鮮丼だ。(でもこれが1番 好き!)

 以前
はピザもデリバリしたが多くて食べきれなかった。
 あとは新番組をボ??と見て・・・なんだ、いつもと変わ
らないじゃん。

恋煩い?

 胸が痛い・・・。
 恋煩いではありません。

 立ち上がる時に足に負担が掛からないようにテーブルに左手を付
いて立ち上がるが、やりすぎて左側が痛いのだ。
 ぴょんは右利きだが、卵の殻むきやその他細かい事は
なぜか左手で行う。だからつい左ばかり使ってしまったようだ。

 以前お風呂に入っていて浴槽の縁に手を
付き、そのまま滑って強かに胸を打った事があった。
 幸いお肉が厚いおかげで痛みはなく・・・と思ってい
たら、2、3日後にズキズキと痛み出した。
 年を取ると何日か後に出るという筋肉痛と同じなのか?
 まったく
油断も隙もない。(・・・こんな終わり方でいいのか?)

車でお買い物

 Gに車を出してもらい買い物に。ラクだなぁ、車は。ぴょんは運転はわかるが免許を持っていない。(それって・・ナニ?)

 こういう時に男手は便利だ。買い込んだ荷物を一度に全部家まで運んでくれる。
 その代わ
りと言ってはナンだが、今日帰るGのためにお米や飲み物なども買い渡した。おまけにガソリンも入れてやる。つくづく甘い親だと痛感した。

 もう1人の息子Yは夜行列車で帰るので、大きな物は持たせてあげら
れない。後で送るのだ。

 年末年始は4人分の食事を作り、洗濯もした。2人に慣れた身にはかなりきつか
った。
 よく何年もこんな事をしてきたな、と自分で自分に感心してしまった。

 明日にはYも帰る。また夫婦2
人の生活が始まる。

のんびり元日

 あけましておめでとうございます。
 今年も気の向くまま書き散らしていきますのでよろしく読んでやってくださ
い。<(_ _)> 

 ぴょん家の元日は朝昼兼用の御雑煮とおせちで始まる。
 この時のために相方は毎年ちょっと良い日本
酒を買ってくるが、彼以外は飲まないのでいつも余る。(小ビンなのに)
 勿体ないので料理で使うのだが、去
年は越乃寒梅を煮物に、そして今年のは金箔が入っているが・・・大丈夫だよね、料理に投入しても・・・。

 暮れのお歳暮にはいつも数の子をいただくが、これもぴょんしか食べない。
 捨てるわけにもいかないので
薄い出汁で付け置いて鰹節で食べる。今年は珍しく息子Gがよく食べていた。

 ちなみにお中元でいただくビー
ルもぴょん家では飲まない。今までは数の子もビールもお隣に引き受けていただいていたが、去年引っ越されてしまった。
 コーヒーも飲まないのに、やはり届くコーヒーセット。
 世の中なかなかうまくはいかない。

 食
事が終わったら後は毎年恒例のサッカー天皇杯を見て過ごす。
 読んでいる方が退屈するくらい何もない
元旦なのだ。

 ん?、今日と同じくらいこの1年も穏やかに暮らせるといいのだが。