天王川公園と鳥羽・志摩2日目 2


 お昼時は過ぎたが2人ともお腹は減っていないのでそのまま次の行程に。
 といっても、あとははっきり決まっていない。

 昨日チェックインする時にスタッフが別のお客から、「今日の伊勢神宮は空いていた」と聞いたという。
 空いているといってもガラガラではなく、この時期にしてはという事だろう。やはり伊勢のお菓子博に人出を取られたのか?
 でももう午後なのでやはり今回は素通り。
 おはらい町をちょっと見たけど人出はかなりある。例年はもっと混んでいるのだろう。

 相方に行きたい所はないらしいので、ここからはぴょんの希望場所へ。

 まずは倭姫文化の森に建つ神宮3博物館のうちの神宮微古館へ。


     天王川・鳥羽ー47

     ルネッサンス様式の建物


 神宮のお祭りに関する資料や御装束神宝が展示されている。
 国の重要文化財11点、歴史・考古・美術工芸品など約13000点を収蔵されているだけあって、見ても見ても続く展示室。
 別館まで見るとかなりの時間を要する。

 遷宮で使われた4.3メートルの大扇「羅紫御翳(らのむらさきのおんさしは)」や「赤紫綾御蓋(あかむらさきあやのおんかさ)」が綺麗!
「須賀利御太刀(すがりのおんたち)」など華麗な装飾の太刀・・・ほ、欲しい。
 写真が撮れないのが残念。
 急ぐ旅ではないのでじっくりと見たが、収納品のあまりの多さにちょっと頭がクラクラした。

 神宮農業館は伊勢神宮のお祭りで神様にお供えする神饌を始め、内国勧業博覧会などに出品された産業資料などが展示されている。
 さっきの微古館との共通チケットなのにこちらの受付には誰も居ない。

 神宮美術館は遷宮を奉賛して神宮に奉納された作品を展示されているが、ほとんどが現代画なのでぴょんはあまり興味がない。

 ここまで来たらやはり倭姫にご挨拶せねば。


     天王川・鳥羽ー48


 倭姫命は皇女であり、天照大神の御神教を受けて大神が鎮まる場所を探し、五十鈴川のほとりにその地を創建された。
 それが今の伊勢神宮。
 ちなみに伊勢神宮の本当の名称は「神宮」 
 伝承の時代の斎王の1人でもある。

 怨霊ではないのに参道が緩やかに曲がっている。これは単なる作り方の違いだろう。


     天王川・鳥羽ー49



 次に倭姫宮と同じ伊勢神宮内宮の別宮である月読宮へ。
 天照大身神の弟神。
 一般には「つくよみのみこと」と呼ばれているのでナビに入力する時に「つくよみ」と入れたら出なくて・・・。 
 この辺りでは「つきよみ」と言うらしい。


     天王川・鳥羽ー50


     天王川・鳥羽ー51


     天王川・鳥羽ー52

     手前から、月読宮、月読荒御魂宮


     天王川・鳥羽ー53

     手前から、伊佐奈岐宮、伊佐奈弥宮

 月読荒御魂宮、月読宮、伊佐奈岐宮、伊佐奈弥宮の四別宮が並んで鎮座する珍しい形。
 ガイドブックを見た時から不思議だったのは、この4柱(実際には3柱)はそれぞれ男神2人、女神1人なのに全部の社の千木は内削ぎ、鰹木は偶数本なのだ。
 これは女神を祀る社に使われる。
 なんで?
 もっとも古代ではそこまで厳密に決められてはいなかったらしいが。

 そう思い後日調べたら、神宮の場合は千木の形態と鰹木の本数には別の規則があるという。

『千木が内削ぎで鰹木が偶数本の社殿 → 内宮の別宮、摂社、末社、所管社』
『千木が外削ぎで鰹木が奇数本の社殿 → 外宮の別宮、摂社、末社、所管社』

 月読宮は内宮の別宮、つまり、神宮に限って言えば千木の形態と鰹木の本数(偶数か奇数)の組み合わせは決められているという事のようだ。
 なるほど。

 月読宮を出ると4時半。まだまだ別宮に寄りたいが帰りの渋滞が心配なので帰途に着く。
 伊勢からすぐに高速に上がる。
 ふと、「・・・お昼は?」
 また食いっぱぐれている。


     天王川・鳥羽ー54


 最初の大きなSA に入る。SA への道がこんなに混んでいるのは初めて。


     天王川・鳥羽ー55

     5時半に昼食 


 あとはもう帰るだけ。
 途中ちょっとした渋滞はあったが思ったほどではなくほっとしていたら・・・最後にトンネル内事故の影響で渋滞に巻き込まれた。
 事故処理のためかなかなか進まない。
 思えば昨日の朝、テレビを点けたら高速道路の事故のニュースをやっていたっけ。
 事故に始まって事故に終わるか? 直接でなくて良かったが。

『長時間の運転お疲れ様です。そろそろ休憩しましょう』
 と、ナビは言うがトンネルから抜け出せないとそうもいかないのよ。
 と、そのナビに「合流マーク」が出た。この先一車線になるのだ。
 初めて見たわ。それは進まないワ。

 が、事故現場(もう処理済み)過ぎたらスイスイと進む。
 高速を降りた所で回らない(が、模型の列車や車で運んでくる)お寿司屋さんで夕食。

 10時前に帰宅。1泊なので家の中は荒れていなかった。


     天王川・鳥羽ー56

     伊勢もち 伊勢のなが餅2種類 あさりのやわ煮 ゆずのジュレ 
     ゆずとレモンの和紅茶(2日)

 名古屋と鳥羽、志摩が中心なのに伊勢のお土産が多いのは、目に付いた物から買ったから。
 今回は物産館などには寄らなかったからなあ。


     天王川・鳥羽ー57
スポンサーサイト

天王川公園と鳥羽・志摩2日目 1


 ぐっすり寝たらしく目覚ましより早く目が覚めた。


     天王川・鳥羽ー32


 少々曇り。
 相方は朝風呂に出掛け、これなら朝食の時間をもう少し早くすればよかったかなと思うほどのんびり。


     天王川・鳥羽ー33

     朝の和定食


     天王川・鳥羽ー34


 狭い鳥羽湾だが船の行き来はしっきりなし。
 フェリーに定期便、モーターボートなど見える範囲で5隻が走っていた時も。

 ゆっくりと9時半にチェックアウト。これからパールロードを通り志摩方面へ。
 この道は5年前も通ったっけ。
 しばらくは山の中をクネクネ。シーラインという名だがシービューではない。


     天王川・鳥羽ー35

     鳥羽展望台 前に来た時も曇っていて正面にあるはずの富士山が見えなかった


 伊勢や鳥羽には何度も来ているが英虞湾のクルーズを楽しんだ事はない。
 テーマパークの大きな観光船と漁業組合の小さな観光船があるが、ネット評判では小さい船の方が島々の間を通って面白いというのでそちらにした。
 
 賢島近くの駐車場に車を入れたらすぐに案内のおじさんが、「クルーズ?2種類あるよ」と教えてくれる。
 さらに、「ここの(港へと続く)道は珍しいよ」と言うがごく普通の狭い道でよくわからない。
 が、よく見ると路上がキラキラしている。どうやらアコヤ貝を砕いて道に埋め込んでいるらしい。


     天王川・鳥羽ー44


 70人乗りだというが本当に小さい。
 出航時間より早めに来て(というか、他に見る所がない)2階席ゲット。


     天王川・鳥羽ー36

     バックで出港


     天王川・鳥羽ー37

     真珠の養殖いかだ


     天王川・鳥羽ー38

     島と島の狭い間に入る


     天王川・鳥羽ー39


 船長さんが生案内をしてくれる。これが面白い。
 言う事は決まっているのだろうけどユーモアがあって聞いていて楽しい。

 止まっている時はそうでもないが走ると風が強い!寒い。
 進行方向前に座る相方を風よけにする。


     天王川・鳥羽ー40

 
 あちこちに釣り人のいかだが浮かんでいる。
 囲いはトイレで屋根がないので上から(衛星)は丸見えだそうだ。

 あのいかだはどうやってここまで(海を)来たんだろう。動力付いてないみたいだし・・・。
 もちろんいかだは定位置で、人を船で運んだのだが、
 いかだをいくつもくっつけて、海の上をけん引してきたら面白いなあと思った。


     天王川・鳥羽ー41

     ミキモト真珠養殖場 ここが発祥の地


     天王川・鳥羽ー42

     昨年のサミット会場の志摩観光ホテル


     天王川・鳥羽ー43

     50分のクルーズ後帰港 
     左はテーマパークの大きな観光船 のんびり行きたいのならこちらがいいかも


 船内で訊いた英虞湾を一望できる展望台に行ってみる。
 こういう時はナビはほんと便利。

 入口近くのビジターセンターの駐車場がいっぱいなのでどうしようかと思ったが、どうやら上まで車で行かれるようなので細い道を上がるとそこにも小さな駐車場が。
 入口に人が居て、バインダーに何やら書き込んでいたが・・・どこから来たのか(車のナンバーでわかる?)記録しているのかな。

 案内板を見るとかなりの高低差があり(展望台だからね)1番奥の英虞湾展望台までは歩いて15分程だというので頑張って行ってみた。
 山道(一部階段)なので結構きつい。所々相方に引っ張ってもらう。
 しかし老夫婦の旅行なのに、毎回登りのきつい行程があるなあ。
 こーいうのがあるのでやはり行かれるうちに行っておいた方がいいね。


     天王川・鳥羽ー45

     英虞湾展望台


     天王川・鳥羽ー46

     1番奥の英虞湾展望台より少し戻った所のパノラマ展望台 
     こっちの方が湾が綺麗に広がって見える


 たっぷり運動して車に戻り、来た道とは違う道を通り伊勢方面へ戻る。
 













天王川公園と鳥羽・志摩1日目 2


 白川IC から名古屋高速2号線に入る。

「お昼はー?」
「あー」

 あー、じゃないでしょっ。

 
     天王川・鳥羽ー21

     とんてき丼


 途中のSA で昼食。1時台に昼食を摂れたのでまあまあかな。 
 みえ食旅パスポートを持っていると各地で(ささやかな)サービスが受けられ、スタンプを押して送ると抽選で何か当るらしい。

 SA を出て伊勢自動車道で鳥羽までは行かず途中の松阪IC で降りる。
 あちこちに松阪牛の看板が。


 明和町の「斎宮歴史博物館」へ。


     天王川・鳥羽ー22


 斎宮とは伊勢神宮に仕える斎王(いつきのひめみこ)の宮殿や斎宮寮があった所。
 歴史館は斎王や発掘で出土した品々などを紹介している。
 少し前までBS で斎宮の歴史などを紹介していた(全10話)ので、いちどは行ってみたいと思っていた。
 今回はちょうど通り道。予定では帰り道(明日)に寄ろうかと思っていたが行かれるうちに行っておいた方がいい。


     天王川・鳥羽ー23

     斎王が乗った輿(葱華輦) これで京から伊勢の地へ


     天王川・鳥羽ー24

     内院 斎王の御殿の模型


     天王川・鳥羽ー25

     斎宮跡の出土品


 歴代の斎王の名前と在任期間、伊勢斎宮への群行の有無や古文書などじっくり見るとかなりの興味深い内容が。

 斎王というと京都の葵祭を思い出すかな。
 あちらは賀茂の斎王(現代人が斎王を演じるので斎王代と呼ばれる)で、出自や成り立ちは違うが神に仕えるお仕事は伊勢の斎王と同じ。


 展示品、出土品、映像などゆっくり見ていたら、この近くにある「さいくう平安の杜(発掘調査で発見された斎宮を復元した建物3棟─ 正殿・西脇殿・東脇殿─ が建つ)」の見学時間には間に合わなくて入れなかった。 (T_T)


 ここからは一般道で鳥羽市へ。

 伊勢神宮の外宮や内宮の表示が増えてきた。赤福の看板が見え出すともう伊勢市。
 ここまで来て伊勢神宮に行かないのもナンだが、時期が時期だけに混んでいるだろうから直前までどうするか迷った。
 おはらい町にも寄りたかったが、この時間ではゆっくり見て回れないので今回は諦める。
 相方は伊勢神宮に参った事もないので、また時間を取って行こう。

 夕方の5時50分。二見辺りでやっと海が見えた!
 今まで高速や内陸を来たので海は見えなかった。日本はほんと山国。

 さらに南下し鳥羽市へは海沿いの道を進む。

 今宵の宿は部屋数9室という小さなホテル。
 前身はおそらく銀行の保養所らしくこじんまりとして質素だが、リニューアルしたばかりで部屋はごく普通のツインだがとても綺麗で居心地は良い。
 何といっても窓から海が見えるのがいいね。


     天王川・鳥羽ー26


 フロントもレストランのスタッフも陽気で親切。感じのよい接客で満足。
 ただお風呂は小さめ。ま、9室しかないしね。 ← ほとんど貸し切り状態

 夕食は炉端焼き風の「かんてき料理」というそうな。


     天王川・鳥羽ー27

     前菜


     天王川・鳥羽ー28


     天王川・鳥羽ー29


     天王川・鳥羽ー30

     タケノコご飯とあさりのお吸い物


     天王川・鳥羽ー31

     抹茶ケーキ 豆乳のイチゴプリン アップルシャーベット ゆずのゼリー

 ぴょんはみかんチューハイを。相方はビール2杯とワインを飲んでバタンキュー。外食だとこれができないからね。
 量は多くないがぴょん達にはちょうどいいかな。
 今後は普通の和食を期待したい。



     天王川・鳥羽ー60








天王川公園と鳥羽・志摩1日目 1


 今日から1泊2日で愛知経由鳥羽方面へ。

 出発はちょっと遅めの7時過ぎ。
 GW に挟まれた・・それでも平日のせいか高速道路の渋滞もなく、1時間後には三重県に入る。
 亀山JTC を愛知県方面に。
 順調だなー。途中「喫茶コンドル」なんて見つけて余裕の道のり。
 が、

「弥富って、もっと海側だった気がする」

 と相方。
 弥富ICで降りるようナビをセットしてあるのにそんな事言いだしてコース変更。
 ええー? 大丈夫か?
 地名、道、覚えない。方向音痴な相方。それがナビに逆らって・・・。
 しかしハンドルを握っているのは相方なのでぴょんにはどうしようもない。
 あ、ナビの到着予想時間が20分増えた。遠ざかっているって事? ま、方向は合ってると思うけど。
 それでも大きな遊園地が見えてきて・・・あれー、これって海のそばだよね。弥富ってもう少し内陸だと思ったけど。

 ちょっと不安顔になってきた、相方。高速で迷うか?
 しきりに引き返すよう指示するナビ。でも高速でUターンできないのよ。
 案の定、相方が覚えていたのは「湾岸弥富」
 そりゃ海の方だワ。

 ええい、ここで降りようと! 降りたのはいいけど・・・と、ナビはすでにその道から目的地までのコースを表示。役に立つ!

 その目的地は津島市の天王川公園。藤まつりは4月22日から5月5日まで開催される。
 今回の旅行はここに行きたいというぴょんの希望で目的地が決まった。
 桜や藤の名所で今は藤。
 休日になると公園の駐車場だけではなく、近くの2つの小学校の校庭や市の施設の駐車場も使われるほどの人出になるらしいが、平日の今日はラッキーな事に直前に空いた公園の駐車場に入れる事ができた。
 でも1000円は高いなあ。(場内で使える300円券付き)  

 275メートルに渡る藤棚は入り口の近くは短いが、奥に行くに従ってだんだん下に長く伸びている。
 良い香りが辺りに充満している。


     天王川・鳥羽ー1


 それでも期待していたほどではないなあ。

 相方は写真のセンスが無く、いつも変な構図や瞬間を捉える。
 こういう時は人物より背景(藤や池など)をうまく入れて撮ってというのに、ぴょんの全身を入れて背景はちょっと・・とか・・そんなのばっかり。

     天王川・鳥羽ー2-1

 こんな感じがいいんだけど・・・と相方に言って、


     天王川・鳥羽ー3-1

 3回目にぴょんを撮った写真がこれ。どう? 


     天王川・鳥羽ー4

     紫藤 濃い紫でとても綺麗


     天王川・鳥羽ー5

     花筏 水が茶色っぽいのであまり綺麗に映らない


     天王川・鳥羽ー6


     天王川・鳥羽ー7

     カメが気になる50代男


     天王川・鳥羽ー8


     天王川・鳥羽ー9

 公園の案内の人に教えてもらい藤棚の上から観賞。上からの光景ってあまり見ないね。


     天王川・鳥羽ー10

     八重黒龍藤 日本には数少ない八重咲き



 これで8分咲きだというが、やはりHP の写真とは違う。
 いつも思うがHP などは最高に綺麗な時を載せているので時としてかなりのギャップがある。
 それはわかって見に来ているが、よく見せようと良い写真やなかには加工して載せているHP もあるらしいのでその差があまりひどいとがっかりして今回だけでもういいやという気になる。
 綺麗だけど、ここもちょっとその気があるなあ。

 ・・・それでも顔を上げれば紫に覆われ、良い香りに包まれるのでここにいてもいいなあと思うが。

 ゆっくり回っても1時間ぐらいか。


 次は名古屋城へ。これは相方の希望。
 城に興味があるとは知らなかったが、最近の旅行先では必ずといっていいほど城が入っている。
 以前に来た時はテレビ塔には上がったがお城は初めて。
 ここも名城公園内の駐車場に停める事ができた。車は便利だけど街中や観光地では駐車場に苦労する。一応事前に調べては行くが。


     天王川・鳥羽ー11

     今日のステージ予定 え、忍者隊が来てるの?


     天王川・鳥羽ー12

     鵜! ・・・忍者隊か? (^_^;)


     天王川・鳥羽ー13

     堂々とした城だ


 まずは復元された本丸御殿の内部を見学。

     天王川・鳥羽ー14


     天王川・鳥羽ー15


     天王川・鳥羽ー16


     天王川・鳥羽ー17

     天井と欄間の細工がすごい


 さあ、名古屋城へ。


     天王川・鳥羽ー18

     刀剣展。10振りの刀が並ぶ。そのうちのひと振り、「備州長船」


     天王川・鳥羽ー19-1

     ぴょん姫さま


 名古屋城で有名な金の鯱鉾のレプリカにも座れる。相方に勧めたら、「おれは本物にしか座らない」とわけわかんない事を。
 座ってごらん、屋根の上だぞ。(相方は高所が苦手)


     天王川・鳥羽ー20

     天守より名古屋タワー方面


 立派な城だが当時のものではなく後に再建された建物がほとんどで内部は博物館のよう。
 城に付きものの武者隠しや石落としも見当たらなかった。
 階段も現在の物なので、姫路城や松江城のように急で狭く登りづらいものではないのでラクだが・・ちょっと詰らない。
 石垣は迫力があった。
 
 内部の見学は1時間ほど。
 ここからノリタケの森はすぐで行きたかったが、すでに1時を回っているので鳥羽に向かう事にした。



背割堤の桜のトンネル


 桜が満開になってから天気に恵まれない日々。
 今日も下り坂だが明日は雨だというので午後から花見にでかける。
 ちょうど息子G が京都に行くので途中まで乗せて行ってもらう。

 場所は八幡市の背割堤。
 三川合流域(桂川、宇治川、木津川)の手前で、宇治川と木津川の間の堤防に桜が植えられていてそれが1.4キロも続く桜のトンネルになっている。
 少し前までは知る人ぞ知るの場所だったがいつの間にか有名になり、特にこの桜まつりの期間には遠方から多数の花見客が訪れる。

 と、わかっていたのだが・・・。

 ぴょん家からは電車でもバスでも30分ぐらいだ。車なら10分。が、道が混んでいた!
 川沿いの道は一車線で、横道は無いので渋滞にはまると逃げられない。おまけに橋を渡る車も多いので、その前の信号でも混む。
 臨時駐車場もいっぱいなくらいの人出だ。普段なら5分のところが20分掛かった。


     背割堤2017-1

     車内から背割堤の桜とさくらであい館の展望塔 やはり天気がイマイチ


 ぴょんを降ろした後、G はこの道をまっすぐ行くのだがその先も渋滞が続いているので橋を渡り迂回。
 ぴょんは橋手前で降りる予定だったが、渡る方が背割堤に近くなるので良かったが。


     背割堤2017-2

     まさしく桜のトンネル。


     背割堤2017-3


     背割堤2017-13

     平日の昼間だが、かなりの人出。


     背割堤2017-4


 シートを広げた花見客は思ったより多くないが、なかにはパン食い競争をやっていたグループもいた。 (^.^)


     背割堤2017-5

     川岸に降りて見上げると


     背割堤2017-14


 うぐいすが鳴いている。ぴょん家の方ではまだ。先月に行った奈良では鳴いていたっけ。
 風が吹くと花びらが舞う。まだ少ないが綺麗だ。

     背割堤2017-6

     水たまりにも


     背割堤2017-7

     わかりずらいが水面に桜が映っている


 人出は多いが広いので混雑は感じない。
 ただトイレは超混み! で、長い人だと10分ぐらい待ったとか。


 先月にオープンした「さくらであい館」の展望塔に上がる。
 桜まつりの今だけ有料。明日からは無料。


     背割堤2017-8

     向かって左が木津川 右が宇治川 向こうの山は天下分け目の天王山


     背割堤2017-9

     宇治川を行く花見のクルーズ船     


 背割堤が一望できるがなんだか中途半端な高さだ。もう2階程あってもいいな。
 毎年新聞に載る背割堤の桜並木の写真はヘリコプタから撮られているので余計にそう思うのかもしれない。
 塔は風で体にわかるくらい揺れているのでこれが限界なのだろう。


     背割堤2017-10

     御幸橋から駅へと向かう(行きは車で渡った)


     背割堤2017-11

 駅をちょっと過ぎると趣のある店が。やわた走井餅老舗(はしりいもちろうほ)


 走井餅は、「東海道五十三次」の大津宿にも描かれた大津名物で、明治に名水で名高い石清水のふもとの店へ引き継がれた。

 昨年国宝指定となった石清水八幡宮に行こうかと思ったが天気がイマイチなので帰る事にした。
 電車でもいいが、バスの方が家の近くまで行くので待っていると、ぴょんの母ぐらいのおば様に声を掛けられ一緒にバスに乗る。
 やはり背割堤に行って、これからさくら公園に行くという。

 さくら公園はぴょんも一昨年に行っている、家から1キロくらいの桜の名所だ。
 おば様は本当は背割堤から歩いて行きたかったそうだがさすがに距離があってバスにしたとか。
 でも今日はもう7キロぐらい歩いているそうだ。
 奈良から1人でお花見に来た。1人だと自由気ままでいいと。
 おば様はぴょんより先に降りたが、帰りはここから駅まで歩く(30分ぐらい)という。
 いいなあ、理想だな、元気であちこち巡るのって。


     背割堤2017-12